Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

ブログ記事リライトでアクセスアップ!SEO効果抜群なやり方とコツまとめ

ブログ記事リライトでアクセスアップ!SEO効果抜群で具体的なやり方とコツ

ブログ運営をしていると、「もっと多くの人に読まれる記事を書きたい」「SEOで上位表示させたいけれど、どうすればいいの?」という悩みはありませんか?

もしそうなら、この記事が解決策を提供します。なぜなら、ブログ記事のリライトを通じてSEO効果を高め、具体的な改善方法とコツを紹介しているからです。

リライトは単に記事を書き直すこと以上の意味を持ちます。なぜなら、検索エンジンでの表示順位を上げるだけでなく、読者にとっての価値も向上させることができるからです。

この記事では、キーワード選定から競合分析、ユーザー体験の改善まで、ブログ記事を効果的にリライトするためのステップを詳しく解説しています。

読むことで、ブログのアクセス数をアップさせるための具体的な手法を身につけることができるので、ぜひお読みください。

なお、ブログ集客の全体像については以下の記事でどこよりも詳しく解説していますので、ぜひ併せてお読みください!

ブログの集客方法を歴10年のプロが徹底解説!成功へのステップとコツはこれだ!

\お知らせです!/

本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

ブログリライトの基礎

ブログリライトの基礎

ブログを書き始めたばかりの時、自分の記事がなかなか読まれない、検索結果で見つけてもらえないと感じることは少なくありません。

このセクションでは、ブログ記事のリライトがどうしてそんなあなたの助けになるのか、基本から学んでいきましょう。

リライト(記事の改稿)とは、既存のコンテンツを見直し、読者の関心を引きつけるために、また検索エンジン(Googleなど)での表示順位を上げるために、記事の質を向上させるプロセスです。

ここでは、リライトの目的、リライトに最適なタイミング、そしてリライトの基礎知識について解説します。

読むことで、あなたのブログがなぜ読まれないのか、どうすればもっと多くの人に届けられるのかの理解が深まります。

さらに、SEOの効果を最大限に引き出すリライトのコツを掴むことができるでしょう。

リライトの定義と目的

リライトとは、既存のブログ記事の内容を見直し、更新することです。リライトは記事を更新するだけでなく、記事の情報を最新のものにする、SEO(検索エンジン最適化)の向上、読者のエンゲージメントを高めるためのテキストやビジュアルの改善などが含まれます。

記事をリライトする主な目的は、より多くの訪問者に読まれるようにすることと、検索エンジンでの表示順位を上げることです。

リライトのプロセスでは、キーワードの選定や検索意図の理解が重要になります。検索意図とは、人々が特定のキーワードで検索するときに、何を知りたいのか、どんな問題を解決しようとしているのかという背景です。

キーワードや検索意図に基づいて内容を更新することで、記事が検索結果でより高い位置に表示される可能性が高まり、結果的にアクセス数が増加します。

さらに、リライトは記事の品質を向上させ、読者にとってより魅力的なものにする機会を提供します。

読者が求める情報を提供し、彼らの関心を引きつけることで、ウェブサイトの滞在時間の延長や社会的共有の増加につながります。

これにより、サイト全体のSEO効果が向上し、長期的にはウェブサイトの信頼性と収益性が高まります。

リライトを成功させるためには、目的を明確にし、読者と検索エンジンの両方に価値を提供することが不可欠です。

適切に実施されたリライトは、ブログの生命線であるコンテンツの質を高め、その結果、ウェブサイトの目標達成に大きく貢献します。

リライトの適切なタイミング

では、リライトはどのようなタイミングで行うと良いのでしょうか?

一つの目安としては、記事の情報が古くなったと感じた時、これには技術の進歩、業界内の新しいトレンド、または法律の変更などが含まれます。

また、検索エンジンからのトラフィックが減少した記事もリライトのタイミングの目安です。これは、検索アルゴリズムの更新により、過去に有効だったSEO戦略が現在では効果を発揮しなくなったことを示す場合があります。

※ただし、Googleコアアップデート中の場合、完全に終わるまで順位が大幅に変動する為、アップデート完了後に変動を見て判断するようにしましょう。

さらに、ユーザーからのフィードバックや質問が多い記事も再検討の対象です。読者の疑問や要望に応える形で内容を更新することで、より価値ある記事へと成長させることができます。

そして、競合他社が同じトピックでより優れたコンテンツを提供している場合、それに対抗して自分の記事を改善する必要があります。

リライトのタイミングを見極めるもう一つの方法は、定期的なコンテンツ監査(オーディット)を行うことです。

年に一度、あるいは半年に一度、サイトの全記事を見直して、更新が必要かどうかを評価します。これにより、サイト全体の品質を維持し、検索エンジンや読者にとっての価値を高めることが可能になります。

これらの状況や方法を踏まえることで、ブログ記事を適切なタイミングでリライトし、その結果としてウェブサイトのアクセス数増加やSEOランキングの向上を実現することができます。

ブログを常に最新の状態に保つことこそ、結果として多くのアクセスを集め、読者から支持を得られるようになるのです。

予算が割ける場合は、『Ahrefs(エイチレフス)』や『GRC』といったツールでキーワードと順位の管理をしておくと常時変動を確認できる為、お勧めです。

リライトのための事前準備

リライトのための事前準備

ブログ記事は、単に記事を改変するだけではいみがなく、事前にいくつかの準備が必要です。

このセクションでは、記事のリライトを始める前に行うべき準備作業について解説します。

まず、あなたの記事が現在どのような位置にあるのかを理解するために、検索順位やユーザーの行動を分析します。これには、Googleのサーチコンソールやアナリティクスのようなツールが役立ちます。

次に、あなたの記事と競合するコンテンツがどのようなものかを把握し、彼らが上位にいる理由を理解するための競合分析を行います。

これらの準備をすることで、リライトすべきポイントやキーワード戦略の見直しなど、あなたの記事をどのように改善すればよいかの具体的な計画を立てることができます。

このセクションを読み進めることで、あなたのブログリライトがより戦略的に、効果的に行えるようになるので、順を追ってゆきましょう。

リライトをする記事を選び、優先順位をつける

まず、リライトをする記事を選定する基準ですが

  1. コンバージョンに繋がっている記事
  2. アクセスを集めてくれている看板記事
  3. どうしても検索1位を獲りたい、狙っている記事

この3つ、どれかに当てはまるものにすることをお勧めします。

何故なら、

  • ブログはどんどん記事が増えてきますから、順番にやっていたら、らちが明かない事。
  • そして、集客とまったく関係のない記事に労力を割くことは、時間の無駄になってしまう事。

この2つが理由に挙げられるからです。

ブログには明確な目的があるはずですから、最優先は現在集客もしくは売り上げにつながっている記事を探すところから始めましょう。

3つ目の狙った記事ですが、しっかりとリサーチを行い、競合も明らかにコンバージョンに繋がっていると確認ができるものにしましょう。

また、Google広告キーワードプランナーで月間平均検索ボリュームだけで判断はしない事。
検索ボリュームは大きくても、コンバージョンに繋がらないケース、最悪クリックされないキーワードも存在します!

検索順位とユーザー行動の分析を行う

ブログ記事のリライトを成功させるためには、現在の記事のパフォーマンスを正確に把握することが大事です。

このプロセスには、検索順位とユーザー行動の分析が含まれます。GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールを使用することで、どの記事が良い成績を収めているのか、またどの記事が改善が必要なのかを明確にすることができます。

Googleアナリティクスでは、訪問者の数、ページ滞在時間、直帰率、ページビュー数など、ユーザー行動に関する貴重なデータを収集することが可能です。これらのデータを分析することで、読者が記事にどれだけ興味を持っているか、または記事内容が読者の期待に応えているかを評価できます。

一方、Googleサーチコンソールを利用すれば、特定のキーワードでの検索順位や、検索クエリごとのクリック数を確認することができます。これにより、SEOの観点からどの記事が強化が必要か、またはどのキーワードがパフォーマンス向上のために重点を置くべきかを判断できます。

これらの分析を行うことで、リライトすべき記事を選び出し、リライトの方向性を定めるための具体的な根拠を得ることができます。

ブログ記事の改善点を明確にし、より魅力的なコンテンツへと変貌させるための重要な一歩となります。正確なデータに基づくアプローチは、SEOの効果を最大化し、読者により良い体験を提供するために不可欠です。

\併せて読みたい/

「キーワードとクエリについてもっと知りたい!」という方は、以下の記事で詳しくまとめてありますので併せてお読みください!

キーワードとクエリの違いとSEOで効果のある活用法を解説します

競合記事の分析を行う

リライトする記事の目処を立てたら、次に競合記事の分析を行います。
なぜなら、市場には既に多くの競合が存在し、その中で自分の記事を際立たせるには、競合の上位記事を徹底的に分析することが不可欠だからです。

そこで、競合分析を行うことで、彼らがどのようなキーワードをターゲットにしているか、どんな内容が読者に響いているか、また、どのようなフォーマットや構成が効果的であるかを理解する必要があります。

具体的な分析方法としては、まず検索エンジンで自分が狙っているキーワードを検索し、上位に表示される記事をピックアップします。最低でも上位10記事はリサーチしましょう。

次に、それらの記事の構成、使用されているキーワード、ビジュアルエレメント、ユーザーとのエンゲージメントの仕方(コメントやソーシャルシェアの数)を詳細に分析します。また、これらの記事が提供している価値や独自の視点があるかどうかも重要なポイントです。

この分析を通じて、自分の記事が持つべき改善点や、競合に対して差別化を図るためのユニークな角度を見つけ出すことが可能になります。

さらに、SEO対策だけでなく、読者にとってより魅力的で価値あるコンテンツを作成するためのヒントを得ることもできるでしょう。

競合記事の分析を行うことで、あなたのブログ記事リライトがより戦略的で効果的なものとなり、結果として検索順位の向上や読者の獲得につながります。

効果的なブログリライトの手順

効果的なブログリライトの手順

リライトする記事の候補と競合調査を行ったら、いよいよリライトを行いますが、SEO効果を最大化し、読者に新鮮な視点を提供するためには、戦略的に実施することが必要です。

このセクションでは、ブログ記事をリライトする際にたどるべき具体的なステップを紹介します。内容の選定から、キーワード戦略の見直し、コンテンツの充実と更新、そしてユーザー体験の向上に至るまで、各ステップで何をすべきかを詳しく解説します。

また、リライトを行う上でのチェックポイントも提供し、あなたのブログがより多くの読者に届き、Googleなどの検索エンジンからの評価を高める方法についても触れます。

このセクションを読むことで、リライトのプロセスが明確になり、ブログの品質を次のレベルへと引き上げることができるでしょう。

内容の選定と目的設定

リライトを始める前に、改めて記事の目的とターゲットとなる読者を明確にすることが非常に重要です。なぜなら、目的が曖昧な記事はどのようにリライトするべきなのか方向性が決められないからです。

これには、記事が提供する価値を正確に理解し、それが読者のニーズや関心に合致しているかを再評価する作業が含まれます。特に、記事が意図した読者に対して適切な価値を提供しているかどうかを見極めることは、リライトの成果を大きく左右します。

具体的には、まず記事の現在の目的を再確認し、それが今のターゲットとなる読者のニーズに合致しているかを検討します。

例えば、最初に記事を書いた時点での読者の問題や疑問が、時間の経過とともに変化していないか、新しいトレンドや情報が出現していないかをチェックします。

また、記事が解決しようとしている具体的な問題や提供しようとしている価値が、現在も読者にとって魅力的であるかどうかを確認することも必要です。

次に、ターゲットとなる読者を改めて定義します。読者が抱える問題やニーズ、関心事を深く理解し、それに基づいて記事をリライトすることで、より関連性の高いコンテンツを作成できます。

この時、読者がどのような情報を求めているか、どのような形式やスタイルが好まれるかを考慮に入れることが大切です。

その為にも、競合調査はしっかりと行いましょう。場合によっては動画解説を含めたり、図解が好まれる傾向が強いものもあります。

これらを通じて、リライトする記事の目的を改めて明確化し、ターゲットとなる読者に最大限の価値を提供するための方向性を見出すことができます。

狙うキーワードの見直しを行う

次に、キーワードの見直しを行いましょう。
このステップでは、元々の記事で使用されていたキーワードが現在の検索トレンドと一致しているかどうか、そしてそれが検索者の意図を正確に捉えているかを再度検証します。

検索トレンドは時間とともに変化するため、一度効果的だったキーワードも時が経つとその効力を失うことがあります。このため、ターゲットキーワードの選定を見直し、必要に応じて最新の検索トレンドやユーザーの関心事に合わせて更新することが必要不可欠です。

また、SEO効果を高めるためには、ターゲットとするキーワードに加えて、関連する共起語や関連キーワードの組み込みも検討する必要があります。これらのキーワードは、検索エンジンがコンテンツのトピックをより正確に理解し、関連する検索クエリに対して記事を表示させるのに役立ちます。

具体的には、Googleの「関連する検索クエリ」機能や、キーワードプランナーなどのツールを使用して、記事に組み込むべきキーワードを見つけ出します。

このプロセスを通じて、あなたの記事が検索エンジンでより高い順位を獲得し、検索意図に合致するコンテンツを提供することで、より多くの訪問者を引きつけることが可能になります。

キーワード戦略の正確な見直しと更新を行うことで、SEOのパフォーマンスを大幅に向上させることができるのです。

\併せて読みたい/

「キーワードや共起語についてもっと知りたい」という方は、以下の記事で詳しくまとめてありますので併せてお読みください!

ブログの検索キーワードの選び方・使い方を覚え、アクセスを増やす方法

共起語とは何か?意味や使い方・調べ方、サジェストとの違いなどを徹底解説

コンテンツの充実と更新

次に、記事のコンテンツを拡充・更新させてゆきます。

なぜなら、記事に含まれる情報が最新の状態であることを保証することは、読者にとっての価値を大きく高め、評価に繋がるからです。

そこで、古くなったデータや情報を最新のものに置き換え、必要に応じて詳細な解説や新しい研究結果を追加します。

例えば、技術進化によって更新された情報、業界の新しいトレンド、最近の研究結果など、読者が関心を持つであろう最新の情報を提供することを目的とした情報の追加が良いでしょう。

加えて、コンテンツを充実させることは、読者が記事に長く滞在し、サイト全体に対するエンゲージメントを高める効果も期待できます。

読者が求める情報が手に入り、その情報がわかりやすく、かつ詳細に提供されることで、読者は記事を有益だと感じ、共有したり、コメントを残すなどして関与しやすくなります。

コンテンツの更新と充実化を行うことで、記事は検索エンジンによって高く評価され、検索結果の上位に表示される可能性が高まります。

これは、検索エンジンが最新かつ詳細な情報を提供するコンテンツを好むためです。

\併せて読みたい/

ブログの記事構成については、以下の記事でテンプレート付きで解説しています!

恐ろしく読まれるブログ記事の構成テンプレート書き方

ユーザー体験(デザインや読みやすさ)の向上と見直すポイント

次に、よりユーザーが記事内の情報をストレスなく読み、問題解決や目的達成ができるように記事内のレイアウトやリンクの見直しなどを行います。

ブログ記事のリライトでは、単にコンテンツを更新するだけでなく、ユーザー体験の向上にも注力することが大切です。

良いユーザー体験は、読者がサイトを訪れたときにスムーズで理解しやすい情報の流れを提供することから始まります。これには、記事のフォーマットやデザインの見直しが含まれます。

例えば、長いテキストブロックは読みづらいため、適切な見出し、箇条書き、または番号付きリストを用いて内容を区切ることで、より読みやすくすることができます。

また、視覚的要素もユーザー体験に大きく寄与します。関連性の高い画像や動画を追加することで、テキストの理解を助け、読者の関心を引きつけることができます。

さらに、ウェブサイトがレスポンシブデザインに対応しているかどうかも重要です。これにより、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスからアクセスした際にも、サイトが適切に表示され、ユーザビリティが保たれます。

他にも不必要なリンクの削除や、ナビゲーションの簡素化も、ユーザーが求める情報にすばやくアクセスできるようにするために役立ちます。

このような改善を行うことで、読者は情報を簡単に見つけ出し、サイト内での移動がスムーズになり、結果的にサイト全体のエンゲージメントや滞在時間の延長が期待できます。

以下、ポイントをリストアップしたので、チェックして進めると良いでしょう。

見直すとよい14のポイント

  1. 検索されたいキーワードがタイトルに盛り込まれているか
  2. 冒頭のリード文では端的に結論を述べているのか
  3. メタディスクリプションは正しく設定してあるのか
  4. 見出しタグは適切に使い、キーワード使っているのか
  5. 見出しの流し読みで記事の概要が把握できるか
  6. 検索者が知りたい、理解できる順番に記事が書かれているか
  7. 記事の情報は古くないか、最新か
  8. 参照サイトはリンク切れ等古くないか
  9. ライバル記事にあり、あなたのブログに不足している情報はないか
  10. 余計な情報はないか
  11. 分かりやすい言葉で丁寧に解説されているのか
  12. 文字ばかりではなく、画像や動画等も適切に使えているのか
  13. オリジナリティーは出せているのか
  14. あなたの体験や意見は書いてあるのか

内部リンクとCTAの最適化

最後に、内部リンクとCTAの最適化を行います。
内部リンク戦略とCTA(Call To Action)の最適化は、ブログ記事リライトの際に特に注力すべき要素です。

なぜなら、読者がウェブサイト内でスムーズに移動し、最終的に望むアクションを取るよう促すために不可欠だからです。

内部リンクの適切な追加や見直しによって、読者は関連するコンテンツへと自然に誘導され、サイト内での滞在時間が延長されます。これは、検索エンジンに対するサイトの価値を高め、SEOの向上にも寄与します。

さらに、記事内でのCTAの役割は非常に大きいです。CTAは、読者に何らかのアクション(例えば、ニュースレターへの登録、商品の購入、その他のコンテンツへの誘導など)を取らせるためのものです。

効果的なCTAは、明確で、誘導するアクションがはっきりしており、読者にとって価値のあるものでなければなりません。そのため、CTAの文言や配置を見直すことで、サイトのコンバージョン率を大きく改善することが可能です。

内部リンクとCTAの最適化を行うことで、読者はより豊かな体験をウェブサイト上で得ることができ、ウェブサイトの目標達成に直接貢献する行動を取りやすくなります。

これらを実践することで、あなたのブログがより多くの読者に価値を提供し、その結果として読者のエンゲージメントやサイトのコンバージョン率の向上につながるでしょう。

\併せて読みたい/

「最適な内部リンクの使い方を知りたい!」という方は、以下の記事で詳しくまとめてありますので併せてお読みください!

SEO効果を引き出す内部リンク設置のコツと方法

Googleに更新通知をする

リライトが全て終わったら、必ずGoogleサーチコンソールを通して「インデックス登録をリクエスト」で更新の通知を行いましょう。

絶対ではありませんが、この通知を行うことで更新情報をGoogleがいち早く取りに来てくれるので、情報を最新にしてもらえます。

\併せて読みたい/

Googleサーチコンソールでインデックス登録をリクエストする方法は以下の記事で解説しています。

Googleにインデックス登録をリクエストする方法

リライト時に見直すポイントのチェックリスト

ここまでを踏まえ、リライト時に見直すと良いポイントをリスト化してまとめました。リライトを行う際に抜けがないかどうかチェックをしましょう!

  1. キーワードの適切な使用: 記事内でターゲットとなるキーワードを自然に、適切な頻度で使用しているか。
  2. 情報の現状適合性: 提供される情報が最新かつ正確であり、読者にとって有益なものになっているか。
  3. 読みやすさの向上: 段落の構造、見出しの使用、リストや強調表示を活用して内容を理解しやすくしているか。
  4. 内部リンクの最適化: 関連する他の記事へのリンクが適切に配置され、サイト内ナビゲーションを促進しているか。
  5. CTAの明確さと誘導効果: 読者が次に取るべき行動が明確で、関連するCTAが適切な位置に配置されているか。
  6. 画像や動画の適切な使用: 視覚的要素が内容の理解を助け、記事全体の魅力を高めているか。
  7. モバイルフレンドリーなデザイン: さまざまなデバイスで記事が適切に表示され、ユーザー体験が損なわれていないか。
  8. ページの読み込み速度: 記事ページの読み込み速度が適切で、ユーザーの離脱を招いていないか。
  9. 社会的証明の活用: 記事の信頼性を高めるためのレビュー、証言、社会的証明が含まれているか。

このチェックポイントを満たすことで、記事が目標とする読者に対して最大限の価値を提供し、同時に検索エンジンの評価基準を満たすことができるかを評価することができます。

これらのポイントを一つひとつ確認し、必要に応じて改善を行いましょう!

\併せて読みたい/

最適な見出しタグの使い方は、以下の記事で詳しくまとめてありますので併せてお読みください!

ブログの見出しの作り方と書き方・使い方のコツ・注意点と例文集を初心者向けに解説!

リライト時に注意するべき5つのこと

リライト時に注意するべき5つのこと

記事のリライトは、記事の質を向上させる大きなチャンスがありますが、一方で注意しなければならない落とし穴も存在します。

このセクションでは、記事を効果的にリライトする際にぶつかりがちな問題点や、一般的な間違いを避けるための注意点に焦点を当て解説します。

例えば、オリジナルの内容や意図を尊重しつつ情報を更新する方法、キーワードの過剰な使用を避ける重要性、そしてリライトが読者や検索エンジンに与える影響を正確に理解することなどです。

また、複製コンテンツのリスクや、ユーザー体験を損ねないようデザイン変更に注意する点も解説します。

このセクションを読むことで、リライトを成功に導くための落とし穴を避け、より価値あるコンテンツを作成するための洞察を得ることができます。

リライトがきちんと成果につながるようにする為にも、これらのポイントを理解し、適用してみてください。

オリジナリティー・独自性を損なわせない

1つ目は、オリジナリティー・独自性を損なわせないことです。

記事のリライトを行う際、新しい情報やキーワードを取り入れることで内容を最新かつSEOに強いものにする過程で、記事本来のオリジナリティーや独自的な要素が薄まってしまうことがあります。

そうすると、結果として競合記事と似たり寄ったりなただの情報になり、「他でもよくなる」原因になりかねません。

元の記事が持つ核心的な価値やメッセージは、その記事が最初に読者に提供しようとした独自の視点や解決策、感情などを形作る要素です。

そのために記事をリライトする際には、まず元のコンテンツが何を伝えようとしていたのか、その目的や読者に対するメッセージをじっくりと読み直して確認しましょう。

例えば、リライト前の記事にあなたの失敗談や読者に寄り添うようなメッセージがあった場合、それは継承した方が良いです。

その上で、新しいデータや情報、キーワードを加える際には、それが元のメッセージを補強するものであるか、またはそれに沿った形で展開されているかを慎重に検討します。

例えば、技術に関する記事を更新する場合、最新の技術トレンドを取り入れることは有益ですが、その技術が解決しようとしている根本的な問題や、記事が初めに提起したテーマから逸脱しないようにすることが重要です。

このようにして、リライトされた記事は、時代の変化に対応しつつも、オリジナルの記事が持っていた魂を失わずに、読者に新たな価値を提供することができます。

このアプローチを取ることで、読者は更新された情報を得ると同時に、元の記事の持つ深い洞察やメッセージも引き続き楽しむことができるのです。

リライトの際に何を保持し、何を更新するべきかのバランスを考えて実行することも大事なのです。

キーワードの過剰な挿入を避ける

2つ目は、キーワードを過剰に詰め込まないことです。

SEOの戦略においてキーワードの使用は非常に重要ですが、その過剰な挿入は逆効果になりかねません。

キーワードスタッフィング、つまり記事内に無理やり多くのキーワードを詰め込む行為は、検索エンジンによって不自然なコンテンツと見なされ、検索結果でのペナルティの対象となる恐れがあります。

このような状況を避けるためには、記事の自然な流れの中でキーワードを適切に組み込むことが重要です。

キーワードを記事に取り入れる際には、まずそのキーワードが記事の内容と自然にマッチしているかを考えましょう。

読者が自然な文脈で情報を得られるように、キーワードを適切に配置することが重要です。また、関連キーワードや同義語の使用も検討すると良いでしょう。

これにより、検索エンジンにコンテンツの幅広い関連性を示すとともに、キーワードスタッフィングと見なされるリスクを減らすことができます。

さらに、キーワードの密度にも注意を払いましょう。一般的には、キーワードの密度は全体のテキストに対して1〜2%程度が適切とされています。

しかし、最も大切なのはキーワードの自然な使用です。読者が読んだときに違和感を感じないレベルでキーワードを組み込むよう心がけてください。

キーワードの過剰な挿入を避け、自然なキーワード使用に努めることで、記事は読者にとっても検索エンジンにとっても価値のあるものとなります。

このバランスを取ることが、効果的なSEO戦略と質の高いコンテンツ作成の鍵です。

ユーザー体験を損ねない

3つ目が、読みやすさや操作のしやすさなど、ユーザー体験を損ねないことです。

リライトの過程で最も注意すべき点の一つが、行う変更がユーザー体験(UX)を損ねてしまい、ストレスを与えてしまうことです。

特に、デザインの変更やコンテンツの追加が、読者が記事を読む際の快適性に悪影響を与えないよう気をつけることが重要です。これは、記事の可読性やナビゲーションのしやすさ、ページの読み込み速度に直接関係しています。

また、モバイルフレンドリーなデザインの維持は、特に重要なポイントです。多くのユーザーがスマートフォンやタブレットからウェブコンテンツにアクセスしている今日、全てのデバイスで記事が適切に表示されることは不可欠です。

このため、リライトを行う際は、レスポンシブデザインの原則に従って、記事が異なる画面サイズで読みやすいことを保証する必要があります。

また、記事に新しいセクションやビジュアル要素を追加する際には、それらがユーザーのページでの体験を邪魔しないようにすることも大切です。

例えば、大きな画像や動画はユーザーの注意を引くことができますが、ページの読み込み速度を遅くする原因となることがあるため、適切なサイズやフォーマットの選択が重要です。

更に、リンクを誤クリックするような場所に設置しないことや、関連情報がどこにあるかがわかりやすくする為に太字やハイライトを使った”視覚的なわかりやすさ”も大事です。

これらのポイントに注意を払うことで、リライトした記事は読者にとってより価値のあるものになります。ユーザー体験を最優先に考え、記事の更新を行うことが、訪問者の満足度向上とウェブサイトへの再訪につながるでしょう。

コンテンツの重複や複製(コピー)がないようにする

4つ目が、コンテンツの重複です。

リライトの過程でしばしば見落とされがちなのが、複製コンテンツのリスクです。複製コンテンツとは、他のサイトから直接コピーした情報や、自身のサイト内で内容が重複する記事を指します。

検索エンジンはオリジナルのコンテンツを高く評価するため、これらの複製コンテンツはサイトの信頼性や検索順位に悪影響を及ぼす可能性があります。

リライト時には、まず自サイト内で似たようなトピックの記事がないかを確認し、内容が重複しないように留意することが重要です。また、新たな情報やデータを加える際には、その情報源を正確に表示し、可能な限り自分の言葉で説明を加えるようにしましょう。

これにより、内容のオリジナリティを保ちつつ、読者に価値ある情報を提供することができます。

さらに、他サイトからの情報を引用する場合には、引用元を明記し、引用する情報量を適切に保つことも重要です。

これは、著作権の観点からも、SEOの観点からも必要な措置です。オリジナルのコンテンツを提供することで、検索エンジンによる評価を高め、読者からの信頼を獲得することができます。

記事の品質を向上させることは、検索エンジンの評価を得るだけでなく、読者にとっても有益な情報源となるため、非常に重要なポイントです。

\併せて読みたい/

最適なブログの引用の使い方は、以下の記事で詳しくまとめてありますので併せてお読みください!

ブログでの引用マナー: 書き方、リンク、著作権遵守の方法をわかりやすく徹底解説します!

変更履歴は残しておく

5つ目は、リライト前のデータも残しておくことです。

記事のリライト過程における変更履歴の記録は、その透明性を保つ上で極めて重要です。

なぜならリライトを行う際、特に内容の更新や追加、キーワード戦略の変更点など、具体的にどのような編集作業が行われたのかを明確にすることが、将来的な記事の改善や、SEO戦略の見直しに役立つからです。

変更履歴を記録することで、記事がどのように進化してきたのか、どのような戦略が効果的だったのか、または反対に効果が見られなかったのかという点について、詳細な分析が可能となります。

また、万が一リライト後に読者からのフィードバックが得られた場合や、検索エンジンからの評価に変化があった場合に、どの変更が影響を与えたのかを特定しやすくなります。

問題が発生した場合の迅速な対応や、成功した戦略の再現にも役立ちます。

リライトの際に変更履歴をきちんと記録し管理することは、コンテンツの品質管理において非常に重要です。

これにより、より戦略的にコンテンツを改善し続けることができ、読者にとっても検索エンジンにとっても魅力的なサイトを作り上げることが可能になります。

変更履歴の記録を習慣化することで、ブログの持続的な成長と進化を支えることができるのです。

リライト後の効果測定と分析

リライト後の効果測定と分析

リライトは実施したからといって成果が必ず出るわけではなく、実行したことでどのような結果になったのかを測定して分析する必要があります。

このセクションでは、リライトの効果を正確に測るための方法と、分析から得られたデータをどのように活用するかについて解説します。

具体的には、検索順位の変動、訪問者数の増減、滞在時間の変化、そしてコンバージョン率の向上など、リライトがもたらした影響を測定するための主要な指標に焦点を当てます。

また、Googleアナリティクスやサーチコンソールなどのツールを使用してこれらの指標を追跡する方法についても紹介します。

このセクションを読み進めることで、あなたのリライトが目的を達成しているか、さらに改善が必要かを客観的に評価することができるようになります。

効果測定の方法

記事のリライトが実際にどのような効果をもたらしたのかを測定する方法は、ブログ運営における改善点を特定し、将来的なコンテンツ戦略を策定する上で非常に重要です。

効果測定には様々なツールがありますが、最も一般的に使用されるのは『Googleアナリティクス(GA4)』と『Googleサーチコンソール』です。

Googleアナリティクスを使用すると、リライトした記事のページビュー数、ユーザーの滞在時間、直帰率など、ウェブサイトへの訪問者の挙動を詳細に分析することができます。

これらの指標は、記事が読者に受け入れられているか、読者が求める情報を提供できているかを理解するのに役立ちます。

一方、Googleサーチコンソールを利用すると、リライトした記事が検索結果でどのように表示されているか、どのキーワードで訪問者がサイトにたどり着いているかなど、検索エンジンからの視点で効果を測定することができます。

特に、検索順位の変化やクリックスルーレート(CTR)の改善は、SEOの観点からリライトの効果を測る上で重要な指標となります。

これらのツールを用いて効果測定を行うことで、リライトした記事が目標としていた効果を達成しているかを定量的に評価することが可能です。

さらに、どのような改善が効果をもたらしたのか、または今後どのような点に注意すべきかという貴重な洞察を得ることができます。

また、予算が割ける場合は、『Ahrefs(エイチレフス)』や『GRC』といったツールでキーワードと順位の管理をしておくと常時変動を確認できる為、お勧めです。

この情報を基に、より効果的なコンテンツ戦略を策定し、ブログの品質と読者の満足度を継続的に向上させることが可能となります。

\併せて読みたい/

GoogleサーチコンソールへとGA4の登録については、以下の記事で詳しく解説しています。
まだの方は、この機会に必ず登録しておきましょう!

GoogleサーチコンソールにWordPressを登録しサイトマップ送信する方法

WordPressにGA4タグを設定する方法と流れ【初心者向け】

改善点の特定と継続的な最適化を行う

効果測定から得られたデータを基に、記事のリライトがどのような成果をもたらしたかを評価した後、次のステップは、さらなる改善点を見つけ出し、継続的な最適化を行うことです。

これは、記事の品質を向上させるだけでなく、SEOのパフォーマンスを高め、読者にとってより価値のあるコンテンツを提供するために必要不可欠です。

まず、測定結果を詳細に分析し、期待していた成果が得られなかった領域を特定します。例えば、ページビュー数や滞在時間が予想よりも低い場合、コンテンツの魅力やユーザー体験に課題がある可能性があります。

また、特定のキーワードでの検索順位が向上しなかった場合、キーワード戦略やコンテンツの関連性に改善の余地があるかもしれません。

改善点を特定したら、具体的なアクションプランを立てます。これには、コンテンツの追加や更新、内部リンクの強化、キーワードの再配布、ユーザーインターフェイスの改善など、多岐にわたる対策が含まれることがあります。

また、読者のフィードバックや質問も貴重な情報源となるため、積極的に取り入れ、コンテンツの改善に役立てることが重要です。

さらに、改善を行った後は、再度効果測定を実施し、施策の成果を確認することが必要です。

このサイクルを繰り返すことで、コンテンツの質を継続的に向上させ、読者にとっても検索エンジンにとっても価値の高いウェブサイトを構築することができます。

最終的には、これらの取り組みがサイトのトラフィック増加やコンバージョン率の向上につながり、ウェブサイトの目標達成に寄与するでしょう。

ブログのリライトに関してよくある質問と回答

ブログのリライトに関してよくある質問と回答

Q1: ブログのリライトにデメリットはある?

ブログ記事のリライトが常に利益をもたらすわけではありません。デメリットとしては、時にSEOの順位が下がるリスクがあります。

これは、検索エンジンが新しいコンテンツを古いものと正しく関連付けられない場合や、キーワードの過剰な挿入によるペナルティの可能性があるためです。

また、オリジナルのメッセージや記事のトーンを損なう恐れもあります。さらに、リライトプロセスには時間と労力がかかり、結果がすぐには現れないこともあります。

このことも加味し、注意点で挙げたように必ずリライト前の記事データも残しておきましょう。

Q2: 記事リライト時の著作権についてはどう注意すべきですか?

記事をリライトする際に著作権に特に注意が必要です。オリジナルコンテンツを尊重しながら、自分の言葉で表現を変えて情報を提供することが重要です。

他のソースから情報を引用する場合は、必ず出典を明記し、引用の範囲を適切に保つ必要があります。

著作権で保護された作品を無断でコピーすることは法的な問題を引き起こす可能性があるため、オリジナルコンテンツの作成に努めることが肝心です。

Q3: ブログ記事のリライトでSEO順位が下がることはあるのですか?

はい、ブログ記事をリライトする際には、SEO順位が一時的に下がるリスクがあります。これは、検索エンジンが変更されたコンテンツを新しいものとして再評価し、その過程で順位が変動する可能性があるためです。

ただし、リライトが適切に行われ、コンテンツの質が向上していれば、最終的にはSEO順位の向上につながることが多いです。

重要なのは、この記事で解説してきたことを踏まえ、キーワードの過剰な挿入を避け、読者に価値ある情報を提供することです。

Q4: ブログ記事のリライトにおける日付の更新はどのように影響しますか?

日付の更新は、記事が現在も関連性があり、最新の情報を反映していることを検索エンジンに伝えるため、SEOにも肯定的な影響を与えることがあります。

しかし、内容の大幅な変更が伴わない単なる日付の更新は避けるべきで、実質的な内容のリライトや改善が伴う場合にのみ日付を更新することが推奨されます。

※この記事で解説をしたリライトを行った場合は、日付を最新のものにし、Googleに更新通知を行うことをお勧めします!

まとめ

ブログ記事リライトでアクセスアップ!SEO効果抜群で具体的なやり方とコツ

この記事では、ブログ記事をリライトすることでアクセス数を増やし、SEO効果を最大化するための具体的なやり方とコツについて詳しく解説しました。

リライトの目的は、コンテンツを最新の情報に更新し、読者にとってより価値あるものにすること、そして検索エンジンでの表示を改善することです。

ここで再度、主なポイントをまとめます。

  • リライトの目的とタイミングを理解する:コンテンツを常に最新の状態に保ち、読者の関心を引き続けるため。
  • 事前準備をしっかり行う:検索順位とユーザー行動の分析、競合記事の調査が重要です。
  • 効果的なリライトの手順通りに行う:内容の選定、キーワード戦略の見直し、コンテンツの充実と更新。
  • リライト時の注意点を守る:オリジナルのメッセージを保持し、キーワードの過剰な挿入を避ける。
  • リライト後に効果測定と分析を行う:改善点を特定し、継続的な最適化を行う。

記事のリライトは、ただ単に古い情報を更新するだけではありません。それは読者にとって有益なコンテンツを提供し続けるための、継続的な取り組みです。

適切なタイミングで、正しい方法でリライトを行うことが、ブログの成長と発展に不可欠であることを忘れないでください。

あなたのブログがより多くの読者に届き、SEOでより良い結果を出す手助けとなれば幸いです!

\併せてCheck/

Web集客をしたいけど、LPが思うように作れない・・・・。そんな方のため、ブログ・メルマガの専門家として8年活動している筆者が1年間かけて作り上げた「LP生成プロンプト」をメルマガ登録者限定で無料プレゼントします!

用意するのは、無料でも使えるChatGPTとプレゼントするプロンプトだけ!

穴埋め式プロンプトをステップに沿って入力するだけでAI(ChatGPT)が自動で魅力的なLP案を簡単に作成してくれます。

Webの知識に自信がなくても大丈夫です!無料なので、今すぐお試しください!

ブログを使った集客・販売をしたい方のためのオンラインスクールを運営中です!この道10年のプロの個別サポート付きなので、成果が出るとご好評いただいています!

一緒にWeb集客の仕組みを構築しませんか?!