Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

【ブログ文章の書き方】質の高い記事を書くために押さえておくべきポイントとコツ

ブログの文章を書くことは、一見簡単そうに見えて実は奥深いものです。初めてブログを書く方はもちろん、すでにブログを書いている方でも、もっと上手に書けるようになりたいと思っていることでしょう。

そこで、この記事では「これだけは押さえておくべきポイントとコツ」をお伝えします。これらを理解し、実践することで、あなたのブログは一段とパワーアップします。読者が思わず「もっと読みたい!」と思うような魅力的な文章を書くための秘訣を、具体的な例とともに解説します。

また、SEO対策も忘れてはいけません。検索エンジンからのアクセスを増やすためには、キーワードの選び方や、そのキーワードをどのように文章に組み込むかが重要です。この記事では、初心者でも分かるように、SEO対策の基本についても説明します。

ブログの文章を書くことは、自分の思いや知識を形にする楽しい作業です。しかし、それを他人に伝えるためには、一定のルールやコツを知ることが必要です。この記事を読んで、あなたのブログがより多くの人に読まれるようにしましょう!。

なお、ブログで集客をしたい方に向けて以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご活用ください!

ブログの集客方法を歴10年のプロが徹底解説!成功へのステップとコツはこれだ!

\お知らせです!/

本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

この記事の目次

ブログを書く前に知っておくべき基本的な3大ポイント

ブログを書く前に知っておくべき基本的な3大ポイント

ブログを書く前に知っておくべき基本的なポイントは、ブログの成功にとって非常に重要です。このセクションでは、ブログの文章を書く前に押さえておくべき基本的なポイントを詳しく解説します。

これらのポイントを理解し、実践することで、あなたのブログは一段とパワーアップします。読者が思わず「もっと読みたい!」と思うような魅力的な文章を書くための秘訣を、具体的な例とともに解説します。

また、これらのポイントを押さえることで、ブログの文章を書く際の迷いや不安を減らし、よりスムーズに、そして楽しくブログを書くことができます。これからブログを始める方、すでにブログを書いているけれどもっと上手に書きたいと思っている方にとって、このセクションは必見です。

ブログの目的とターゲットを明確にする

ブログを書く前まず、その目的とターゲットを明確にすることが必要です。なぜなら、ブログが誰に向けて書かれているのか、何を解決しようとしているのかを明確にしないと記事がまとまらないからです。

例えば、あなたがブログ初心者向けの記事を書く場合、その目的は「ブログ初心者がブログの書き方を理解し、自分のブログを始めること」であるかもしれません。そして、そのターゲットは「ブログを始めたいと思っているが、どのように始めれば良いかわからない人々」でしょう。

このように、ブログの目的とターゲットを明確にすることで、読者に対して価値ある情報を提供し、彼らの問題を解決することが可能になります。

逆にやってはいけないのは、「毎日書くといいと言われたから」「自分が書きたいと思ったから」といったブログの目的とターゲットが曖昧な状態でとりあえず書いてしまうことです。

SEOとキーワード選定を必ず行う

SEO(検索エンジン最適化)とキーワード選定は、ブログが検索エンジンで上位に表示されるための重要な要素です。SEOは、ブログが検索エンジンによって適切に評価され、検索結果の上位に表示されるようにするための一連の手法を指します。

一方、キーワード選定は、読者が検索エンジンで使用する可能性のあるフレーズや単語を選び、それらをブログ記事の中に適切に組み込むことを指します。例えば、「ブログの書き方」をキーワードとして選んだ場合、そのフレーズを記事のタイトル、見出し、本文などに含めることで、そのキーワードで検索した読者があなたのブログを見つけやすくなります。

インフルエンサーや有名な方でない限り、ブログへのアクセスの殆どはGoogleなど検索エンジン経由になるケースが大半です。

インターネット上には記事が無数に存在するため、ただ公開しただけではまず見つけてもらうことはできません。あなたのブログ記事と読者を結びつける最初のきっかけとなるのはキーワードとなるので、必ず「このキーワードで検索をする人向けだ」とキーワードを明確にしましょう。

ブログのテーマと一貫性をもたせる

ブログを書く際には、そのテーマと一貫性を保つことが重要です。ブログのテーマは、あなたが書く記事の中心となるトピックやアイデアを指します。一貫性を保つとは、そのテーマに沿った記事を定期的に書き続けることを意味します。

例えば、あなたが「ブログの書き方」についてのブログを運営している場合、そのテーマに沿った記事(例えば、「ブログの始め方」、「ブログのSEO対策」、「ブログのキーワード選定」など)を書き続けることが求められます。これにより、読者はあなたのブログが一貫した情報源であると認識し、信頼感を持つことができます。

また、一貫性を保つことは、SEOにも寄与します。なぜなら、検索エンジンは一貫したコンテンツを提供するサイトを高く評価する傾向があるからです。

このように、ブログのテーマと一貫性を保つことは、読者の信頼を得るとともに、ブログの検索エンジンでのランキングを向上させるための重要な要素となります。

こうしたことから、何でも記事にするいわゆる「雑記型」とよばれるブログは個人的におすすめしていません。あなた自身にもブログで達成したい目標があるはずのですので、それに特化させるためにもテーマを絞り、一貫性をもたせるようにしましょう。

ブログの文章力を磨く3つのポイント

ブログの文章力を磨く3つのポイント

ブログの文章力を磨くためには、やみくもに文章を書き続けるのではなく、適切にポイントを押さえて身につける必要があります。このセクションでは、ブログの文章力を磨くためのポイントを3つに絞り、それぞれ詳しく解説します。

これらのポイントを理解し、実践することで、あなたのブログの文章力は大きく向上します。読者が思わず「この人のブログはいつも読みやすい!」と感じるような文章を書くための秘訣を、具体的な例とともに解説します。

また、これらのポイントを押さえることで、ブログの文章を書く際の迷いや不安を減らし、より自信を持ってブログを書くことができるようになることでしょう。これからブログの文章力を磨きたいと思っている方にとって、このセクションは必見です。

リード文では結論を述べ、読者の読む理由を明確にする

リード文は、ブログ記事の最初の部分で、読者が記事の内容を予測するための重要な手がかりです。読者はいきなり読み進めるのではなく、まず「この記事を読む価値があるのか・時間を割くべきか」の判断をします。

その判断材料となる部分ですので、例えば「この記事はブログの記事の書き方についてまとめました。」だけで終わるような書き方はしてはダメです。

では、読者が読み進めたくなる良いリード文はどの様な構成になっているのでしょうか?リード文の作成には、次の要素が必要です。

  1. 読者が記事から何を得られるかを明確にする
  2. 読者の問題やニーズに対する解決策を提供する
  3. 読者に対する共感を示す。

大切なことは、「この記事は、〇〇と調べていたあなたにぴったりなものなので、読む価値がありますよ。精読するとあなたの目的達成が効率よくできますよ。」と理解してもらうことです。

ブログでよく「読者の立場になれ」「読者に寄り添え」といった事を見聞きすると思いますが、リード文一つとってもこうしたことを盛り込むことでそれらが満たせるのです。

PREP法を用いて順番に理解できる本文にする

PREP法とは、文章やプレゼンテーションを構成する際に用いられる方法です。PREPは、Point(結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(結論)の頭文字を取ったものです。

PREP法を使用すると、文章やプレゼンテーションをわかりやすく、説得力を持って伝えることができます。なぜなら、PREP法では、まず最初に結論を述べ、その後に理由や具体例を挙げて、結論を裏付けていくからです。この構成は、聞き手にとって、文章やプレゼンテーションの内容を理解しやすく、また、納得感を与えることができます。

PREP法の例を挙げると、次のようになります。

  • Point:この商品は、あなたのお悩みを解決します。
  • Reason:この商品は、新技術を採用しており、従来の商品よりも効果的です。
  • Example:この商品を使用した人は、皆、お悩みを解決できました。
  • Point:この商品は、あなたのお悩みを解決する最適な商品です。

いささか極端な例ではありますが、このような構成にすることでシンプルかつ記事のテーマに沿った文章を作ることができます。

ただし、単に踏襲すれば良いわけではありません。PREP法を使用する際には、次の点に注意しましょう。

  • 結論は、明確かつ簡潔に述べましょう。
  • 理由や具体例は、結論を裏付けるものを挙げましょう。
  • 結論と理由や具体例は、関連性を持たせましょう。

「ブログを書くまで文章を本格的に書いてこなかった」ケースが当てはまる方が多いので、最初は戸惑うことがあるかもしれません。でも大丈夫です。記事を書いてゆくうちに自然と型が身についてゆきます。

初めて知った方はこれを機にPREP法を使用し、文章やプレゼンテーションをわかりやすく、説得力を持って伝える工夫をしてみてください。

記事のまとめは簡潔にし、次のアクションへの誘導をする

記事の終わりには、まとめと次のアクションへの誘導を提供することが重要です。まとめでは、記事の主要なポイントを再度強調し、読者が記事から得られる主要な情報を確認できるようにします。

次のアクションへの誘導では、読者に何をすべきかを明確に指示します。これは、記事を読んだ後に読者が行動を起こすことを助け、記事の目的を達成するのに役立ちます。

あなたがブログを運営するのには何かしら目的があるはずです。その目的を達成させるためには、訪問をした読者に対してきちんと働きかけることです。「ここにバナーがあるから分かるのでは?」なんて思ってはいけません。

これまでのコンサルティングでよくあったのが、ブログで読者に働きかける文言やリンクなど設置しただけで「お申し込み率が3倍」になったり、「2年何もなかったブログから、初めてお問い合わせが来た」といった事例です。

また、読者自身も「分からなくて」記事の情報を探してきています。ですので、まとめでは改めて分かりやすくポイントを絞って分かりやすくまとめましょう。そうすることで、あなたのブログに対しての信頼度があがり、関連記事への興味を持ってもらいやすくなります。

まとめの書き方については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご活用ください。

ブログのまとめ書き方 4つのコツと2つの注意点について専門家が徹底解説

読者がストレスなく読める文章の作り方

読者がストレスなく読める文章の作り方

読者がストレスなく読める文章を書くことは、ブログの成功にとって非常に重要です。このセクションでは、読者がストレスなく読める文章の作り方を詳しく解説します。

これらの方法を理解し、実践することで、あなたのブログは一段と読みやすくなります。読者が思わず「このブログはいつも読みやすい!」と感じるような文章を書くための秘訣を、具体的な例とともに解説します。

また、これらの方法を取り入れることで、ブログの文章を書く際の迷いや不安を減らし、より自信を持ってブログを書くことができます。これからブログの文章をより読みやすくしたいと思っている方にとって、このセクションは必見です。

文章の構造と段落の使い方

文章を読みやすくするためには、その構造と段落の使い方が重要です。文章の構造は、情報を整理し、読者が理解しやすい形にする役割を果たします。

具体的には、PREP法(Point:結論、Reason:理由、Example:具体例、Point:結論)を用いると、読者に刺さる文章を執筆できます。

次に、ブログの文章を書く際、改行や段落を入れるのは、次のタイミングがおすすめです。

  • 1つの文が長すぎる場合
  • 主題が異なる場合
  • 視覚的に区切りたい場合

改行や段落を入れることで、文章を読みやすく、理解しやすくなります。また、視覚的に区切ることで、ブログの見た目も良くなります。

具体的には、次の点を意識して改行や段落を入れましょう。

  • 1つの文は、50文字以内を目安にしましょう。
  • 主題が異なる場合は、改行を入れましょう。
  • 視覚的に区切りたい場合は、段落を入れましょう。

改行や段落を適切に使用することで、ブログの質を向上させることができます。

逆にやってはいけないのが、

こんな風にメルマガの
文章のように一定の文
字数で改行することで
す。

上記の書き方をおすすめしない理由は、画面サイズ次第で折り返されてしまったり、余白とのバランスが悪くなり読みにくくなるからです。もともとこの書き方は、文章を自動で折り返す機能がまだ無い頃のものです。今はかえって読みにくくするので、先に述べたポイントで改行や段落を入れればOKです。

このように段落を適切に使うことで、読者は一つのテーマを完全に理解した上で次のテーマに移ることができ、ストレスなく文章を読むことができます。

シンプルで明瞭な言葉遣い

ブログにおけるシンプルで明瞭な言葉遣いとは、誰でも理解しやすい言葉で、文章を簡潔に書くことです。具体的には、次の点に注意するとよいでしょう。

  • 難しい専門用語や略語は避ける。
  • 長い文は、短い文に分ける。
  • 主語と述語を明確にする。
  • 文法やスペルミスをチェックする。

たとえば、次の文章は、難しい専門用語や略語が使われており、文も長いため、理解しにくい文章です。

「このブログでは、ブログにおけるシンプルで明瞭な言葉遣いについて、例文を交えて解説しています。具体的には、難しい専門用語や略語を避ける、長い文は短い文に分ける、主語と述語を明確にする、文法やスペルミスをチェックするなどの点に注意するとよいでしょう。」

これを、シンプルで明瞭な言葉遣いで書き直すと、次のようになります。

「このブログでは、ブログを書くときに、難しい言葉や略語を使わず、短い文で、主語と述語を明確にすることで、誰でも理解しやすい文章を書くための方法を解説しています。」

このように、シンプルで明瞭な言葉遣いで書くことで、ブログの読みやすさが向上し、読者からのアクセスが増える可能性があります。

ブログを書く上で大事なのは、「読者は情報をなるべくわかり易く知りたい」というニーズがあること。そして同時に「よく分からなくて困っている」ということを前提にすることです。以上のことから「自分の中でこれ以上分かりやすくできない」というくらい咀嚼をした文章を心かげましょう。

視覚的要素の活用:画像、リスト、見出し

視覚的要素は、文章の理解を助け、読者の注意を引く役割を果たします。具体的には、画像は文章で説明するのが難しい内容を視覚的に示すことができ、リストは情報を整理し、一目で理解できる形にすることができます。

画像は、あくまで記事の中身を補足したり、更にわかりやすくするために使い、「自分が好きだから」といった理由での掲載はやめましょう。

また、見出しは文章の構造を示し、読者が文章を読む順序を理解するのを助けます。これらの視覚的要素を適切に活用することで、読者はストレスなく、効率的に文章を読むことができます。

見出しは装飾のために使うものではありません。「この見た目が好きだから」という理由で使うと、SEOで適切な評価が得られなくなってしまいます。詳しくは以下の記事で解説していますので、併せてご活用ください。

ブログの見出しの作り方と書き方・使い方のコツ・注意点と例文集を初心者向けに解説!

ブログ記事の具体的な書き方とその手順

ブログ記事の具体的な書き方とその手順

ブログ記事の具体的な書き方とその手順を知ることは、ブログの成功にとって非常に重要です。このセクションでは、ブログ記事の具体的な書き方とその手順を詳しく解説します。

これらの方法を理解し、実践することで、あなたのブログは一段と魅力的になります。読者が思わず「このブログはいつも面白い!」と感じるような記事を書くための秘訣を、具体的な例とともに解説します。

また、これらの方法を取り入れることで、ブログの記事を書く際の迷いや不安を減らし、より自信を持ってブログを書くことができます。これからブログの記事をより魅力的にしたいと思っている方にとって、このセクションは必見です。

1)記事の構成と見出しの設定をする

ブログ記事の作成は、まず記事の構成と見出しの設定から始まります。料理に例えるなら、材料を用意したり、下ごしらえをする段階です。記事の構成を作る流れは、以下の5ステップです。

  1. 想定読者の設定
  2. 読者ニーズ分析
  3. 競合リサーチ
  4. タイトルの設定
  5. 見出しの設定

それぞれ解説してゆきます。

想定読者の設定

誰に向けて記事を書くかを決めます。例えば、初心者向けの記事を書くのか、上級者向けの記事を書くのか、によって解説方法や言葉遣いが変わってきます。

読者ニーズ分析

想定読者のニーズを分析します。例えば、どのような情報を探しているのか、どのような悩みを持っているのか、などを把握します。

競合リサーチ

同じキーワードを狙っている他の記事と差別化を図ります。例えば、よりわかりやすく、より具体的な情報を提供したり、より独自性の高い視点を提供したりします。

タイトルの設定

読者が最初に目にする部分なので、分かりやすく、興味を引くタイトルを設定します。

見出しの設定

記事の全体像を把握しやすくするために、見出しを設定します。見出しは、記事の要点を簡潔に伝えるように設定します。

記事の構成と見出しを設定することで、記事の全体像が見えてきます。これにより、記事の書き方や内容をより具体的に考えることができます。

2)記事の執筆:リード文、本文、まとめをつくる

記事の執筆は、リード文、本文、まとめの3つの要素から構成されます。リード文は記事の書き出し部分で、読者の疑念・不信感を払拭し、安心して本文へ読み進めてもらう役割があります。

本文を書くときは「PREP法」を意識すると、読みやすい記事を執筆できます。PREP法とは、Point(結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(結論)の順で話を進める方法です。

最後に、まとめで記事全体を簡潔にまとめ、読者に次の行動を促します。

ここまでできたら、タイトルのテーマを記事のリード文から順に読み進めることでその要件が満たせるかどうかをチェックしましょう。

3)記事の装飾と画像の挿入する

記事が完成したら、記事の装飾と画像の挿入を行います。記事の装飾は、見出しの大きさや文字の色、太さなどを調整し、記事を見やすくします。また、適切な場所に画像を挿入することで、記事を視覚的に理解しやすくします。

画像は、記事の内容を補完するものであるべきです。また、画像には適切なaltタグを設定し、SEO対策も忘れないようにしましょう。これらの手順を踏むことで、読者にとって魅力的で読みやすい記事を作成することができます。

以上が、ブログ記事の具体的な書き方とその手順についての説明です。これらの手順を踏むことで、SEOに強い、読者にとって価値のある記事を作成することができます。

SEO対策を取り入れたブログ文章の作り方

SEO対策を取り入れたブログ文章の作り方

ここからは、更に本格的にアクセスを集めたい方のためのパートとなります。SEO対策を取り入れたブログ文章の作り方を理解することは、ブログのアクセス数を増やすために非常に重要です。なぜなら、著名人でもない限り、ブログのアクセスの殆どは検索経由で集まるからです。

このセクションでは、そんなSEO対策を取り入れたブログ文章の作り方を詳しく解説します。

これらの方法を理解し、実践することで、あなたのブログは検索エンジンからのアクセスを大きく増やすことができます。読者が思わず「このブログはいつも役立つ情報が満載!」と感じるような記事を書くための秘訣を、具体的な例とともに解説します。

また、これらの方法を取り入れることで、ブログの記事を書く際の迷いや不安を減らし、より自信を持ってブログを書くことができます。これからブログのSEO対策を学びたいと思っている方にとって、このセクションは必見です。

キーワード選定をし、適切に活用するための3ステップ

キーワード選定は、SEO対策における最初のステップです。ユーザーが検索しているキーワードを選び、そのキーワードに対応した内容を提供することで、検索エンジンから高い評価を得ることが可能になります。適切なキーワードを選ぶためには、以下のステップを踏むことが推奨されます。

  1. 複合キーワードの抽出:2語以上の単語を組み合わせたキーワードを抽出します。例えば、「ブログ 書き方」や「メンズ 化粧水 おすすめ」などです。
  2. 検索ボリュームの調査:抽出した複合キーワードの検索数を調査します。これにより、そのキーワードがどれだけの人々にとって関心のあるものかを把握することができます。
  3. 執筆キーワードの決定:検索ボリュムが100以上で、ブログの方針に合うキーワードを選びます。

選定したキーワードは、記事のタイトルや見出し、本文中に適切に適用することで、検索エンジンからの評価を高めることができます。

SEO対策と記事の構造を設計するための4ステップ

SEO対策を行うためには、記事の構造を適切に設計することが重要です。記事の構造は、ブログ記事の「設計図」のようなもので、記事のクオリティを高めたり、ライティング作業を効率化するために必要です。

記事の構造を作るためには、以下のステップを踏むことが推奨されます。

  1. 想定読者の設定:記事の読者が誰であるかを明確にします。これにより、読者に合わせた解説方法や言葉遣いを選ぶことができます。
  2. 読者ニーズの分析:想定読者が何を求めているかを分析します。これにより、読者のニーズを満たす内容を提供することができます。
  3. 競合リサーチ:同じキーワードで記事を書いている他のブログやウェブサイトを調査します。これにより、自分の記事が他の記事とどう違うのか、どうすれば他の記事よりも優れた内容を提供できるのかを考えることができます。
  4. 記事の構造作成:上記の情報を元に、記事の構造を作成します。具体的には、記事の大見出し(H2)と小見出し(H3)を決定します。

このように、記事の構造を適切に設計することで、SEO対策を行うことが可能になります。

内部リンクと外部リンクの活用

内部リンクと外部リンクは、SEO対策において重要な役割を果たします。内部リンクは、自分のブログ内の他の記事へのリンクのことを指し、外部リンクは、他のウェブサイトへのリンクのことを指します。

内部リンクを活用することで、以下のような効果が期待できます。

  • ユーザーの滞在時間の延長:ユーザーが自分のブログ内で複数の記事を読むことで、ユーザーの滞在時間が延長されます。これにより、検索エンジンからの評価が高まる可能性があります。
  • ページランクの向上:内部リンクにより、検索エンジンが自分のブログ内の各記事を適切に評価することが可能になります。

一方、外部リンクを活用することで、以下のような効果が期待できます。

  • 信頼性の向上:信頼性の高いウェブサイトへのリンクを提供することで、自分のブログの信頼性を高めることができます。
  • ユーザー体験の向上:ユーザーが求めている情報を提供するためのリンクを提供することで、ユーザー体験を向上させることができます。

外部リンクのことを一般的に「被リンク」といい、被リンクの質が高いことはSEOで大きな評価ポイントとなります。なぜなら、被リンクはこちら側でコントロールすることができないからです。

以上のように、内部リンクと外部リンクを適切に活用することで、SEO対策を行うことが可能になります。

ブログ記事を公開した後に行うべきこと

ブログ記事を公開した後に行うべきこと

ブログ記事を公開した後に行うべきことを知ることは、ブログの成功にとって非常に重要です。このセクションでは、ブログ記事を公開した後に行うべきことを詳しく解説します。

これらの方法を理解し、実践することで、あなたのブログは一段と魅力的になり、読者のリピート訪問を促すことができます。読者が思わず「このブログはいつも新しい情報が満載!」と感じるようなブログ運営をするための秘訣を、具体的な例とともに解説します。

また、これらの方法を取り入れることで、ブログの記事を公開した後の迷いや不安を減らし、より自信を持ってブログ運営を行うことができます。これからブログの運営をより効果的にしたいと思っている方にとって、このセクションは必見です。

記事の公開とシェア

ブログ記事を公開したら、次に行うべきはその記事をシェアすることです。記事を書いて公開するだけでは、なかなか読者に届きません。そのため、SNSやメールマガジンなどを活用して、自分の記事を広めることが重要です。

また、記事をシェアする際には、その記事の要点や魅力を伝えるようなコメントを添えると、より多くの人が記事を読むきっかけになります。さらに、記事の内容に合わせたハッシュタグを付けることで、興味を持つ人に届きやすくなります。

SNSやメールマガジン経由のアクセスも立派なアクセスです。ブログの立ち上げ初期は特に検索上位に掲載されにくく、あなたのブログの存在を知るすべがありません。可能な限り周りに周知する工夫をしてみましょう。

逆に、楽だからと言って自動投稿させるのはおすすめしません。なぜなら、記事のリンクだけ投稿するのはスパムBotと同じ挙動なため「なぜこの記事をシェアしたのか」ということがユーザーに理解されないからです。

どんな狙いや思いがあってその記事を書いたのか。例えば「お問い合わせに答えるべく書いた。」「よく相談を受けることなのでテーマとして取り上げた。」など、「誰かのために書いたこと」が伝わると読まれやすくなる傾向にあります。

フィードバックとコメントの管理

記事を公開した後に重要なのは、読者からのフィードバックやコメントの管理です。ブログは一方通行の情報発信だけでなく、読者とのコミュニケーションの場でもあります。

コメント欄で読者からの質問や意見を受け取り、それに対して適切に返信することで、読者との信頼関係を築くことができます。また、読者の反応を見ることで、自分の記事がどのように受け取られているのかを知ることができ、次の記事作成の参考にすることも可能です。

先に解説をした「まとめ」の書き方にあるように、読者に働きかけることでよりこうした反応が得られやすくなります。また、SNSやメールマガジンでシェアした際も、コメントを働きかけたり、もらったコメントには返信をしてゆきましょう。

細かいですが、こうしたことがリピーター獲得やエンゲージメントの上昇に繋がります。

記事の更新とSEOを高めるための見直し

ブログ記事を公開した後も、記事の更新は重要な作業です。情報が古くなったり、新たな情報が出てきたりした場合、記事を更新することで読者に最新の情報を提供することができます。

また、記事を更新することはSEO(検索エンジン最適化)にも寄与します。Googleなどの検索エンジンは、新鮮で質の高いコンテンツを評価します。

そのため、定期的に記事を見直し、必要な更新を行うことで、検索結果の上位表示を目指すことができます。

更新頻度もとても大事な要素です。詳しくは以下の記事で解説していますので併せてご活用ください。

ブログの更新頻度と投稿時間はSEOに関係ない?歴10年の回答は週2回

ブログ文章の書き方に関してよくある質問と回答

Q1: ブログの書き出しを面白くするにはどうすればいいですか?

A: ブログの書き出しは、読者の興味を引くための重要な部分です。面白い書き出しを作るためには、読者が共感できるエピソードを挿入したり、予想外の事実を提示したりすることが有効です。また、質問形式の書き出しも読者の興味を引くのに役立ちます。

Q2: ブログのネタがない時、どうすればいいですか?

A: ブログのネタがない時は、日常生活で起こった出来事や自分の趣味、興味のあるトピックについて書くことが一つの方法です。また、読者からの質問やコメントをネタにすることも有効です。さらに、他のブログやニュース記事を読んで、自分の意見や感想を書くのも良いでしょう。

Q3: ブログの文章を書く上でのテンプレートはありますか?

A: ブログの文章を書く際のテンプレートは多数存在しますが、この記事で紹介をしたPREP法よりもシンプルな例としては以下のような構成があります。

  1. イントロダクション:記事の主題を紹介し、読者の興味を引く。
  2. ボディ:主題について詳しく説明する。複数のパラグラフに分けて書くことが一般的。
  3. コンクルージョン:記事の要点をまとめ、読者に対するメッセージを伝える。
    このテンプレートは一例であり、記事の内容や目的によって適宜調整することが重要です。

この他に当ブログでテンプレートを以下の記事で公開しています。併せてご活用ください。

これで解決!恐ろしく読まれるブログ記事の書き方と構成テンプレート

Q4: ブログを書くのに適したスマホアプリはありますか?

A: ブログを書くのに便利なスマホアプリはいくつかあります。例えば、WordPressやBloggerなどのブログプラットフォームは専用のアプリを提供しており、スマホからでもブログの投稿や編集が可能です。また、ノートアプリやクラウドストレージアプリを使って下書きを保存したり、アイデアをメモしたりするのもおすすめです。

Q5: ブログの文章を上手に書くための本はありますか?

A: ブログの文章を上手に書くための参考になる本は多数あります。例えば、「沈黙のWebライティング」や「10倍売れるWebコピーライティング」などがあります。これらの本は、文章の構成方法や読者を引きつける書き方、SEO対策など、ブログを書く上で役立つ情報が詰まっています。

また、僕も2018年にブログの本を出版させていただいています。ぜひ併せてお手にとってみてください。

著:松尾 茂起, イラスト:上野 高史
¥2,195 (2023/05/31 10:40時点 | Amazon調べ)
著:佐藤 旭, 監修:菅 智晃
¥2,585 (2023/05/31 10:42時点 | Amazon調べ)

まとめ

この記事では、「ブログ文章の書き方」について、これだけは押さえておくべきポイントとコツを詳しく解説しました。ブログを書く前に知っておくべき基本的なポイントから、具体的な書き方、SEO対策、公開後の対応まで、ブログ記事作成の全工程をカバーしています。

まず、ブログを書く前には、目的とターゲットオーディエンスの理解、SEOとキーワード選定の重要性、そしてブログのテーマと一貫性の保持が重要です。これらを押さえることで、効果的なブログ記事作成の土台を作ることができます。

次に、ブログの文章力を磨くための3つのステップとして、リード文の作成、PREP法を用いた本文の書き方、そして記事のまとめと次のアクションへの誘導を学びました。これらのステップを踏むことで、読者が理解しやすく、興味を持って最後まで読むことができる文章を作ることができます。

また、読者がストレスなく読める文章の作り方として、文章の構造と段落の使い方、シンプルで明瞭な言葉遣い、視覚的要素の活用を紹介しました。これらを意識することで、読みやすく、理解しやすい文章を作ることができます。

さらに、SEO対策を取り入れたブログ文章の作り方についても触れました。キーワード選定とその適用、SEO対策と記事の構造、内部リンクと外部リンクの活用により、検索エンジンからの評価を高め、多くの読者に記事を届けることができます。

最後に、ブログ記事を公開した後に行うべきこととして、記事の公開とシェア、フィードバックとコメントの管理、記事の更新とSEOの再評価を紹介しました。記事を公開した後も、これらの作業を行うことで、ブログの質を維持し、読者との関係を深めることができます。

以上が、ブログ文章の書き方についてのまとめです。これらのポイントとコツを押さえ、自分のブログを書く際に活用してみてください。

お知らせです!

最後に、本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

\効果実証済み!/
検証結果も公開しています。

AIを使ってWeb集客を楽にしませんか?!