Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

【ブログ初心者向け】まとめがサクっとできる書き方とコツ・テンプレート

【ブログ初心者向け】まとめがサクっとできる書き方とコツ・テンプレート

ブログを始めたばかりで、読者を引きつける「まとめ」の書き方に頭を悩ませていませんか?

この記事を読むことで、その悩みから解放されます。なぜなら、この記事ではブログ記事の「まとめ」を簡単に、しかも効果的に書くための方法を、基本から応用まで幅広く解説しているからです。

具体的には、初心者でもすぐに実践できる書き方のコツや、テンプレートまで!

さらに、読者の関心を引きつけ、彼らが記事全体を通して得られる価値を最大化するためのポイントについても詳しく説明しています。

ブログのアクセス数向上や収益化に直結する「まとめ」の書き方をマスターすることで、あなたのブログがこれまで以上に読まれるようになり、お問い合わせ獲得など、欲しい成果が得やすくなります。

ぜひお読みください。

\お知らせです!/

本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

ブログまとめ文の目的と重要性

ブログまとめ文の目的と重要性

ブログの最終部分にあたる「まとめ」は、ただの記事の終わりではありません。また、まとめのないまま記事が終わっているケースが散見されますが、これは非常に勿体無いです。

なぜなら、読者にとって、あなたの記事の要点を総括し、提供した情報を整理する手助けをする重要なセクションだからです。

また、SEO(検索エンジン最適化)においても、キーワードを織り交ぜることで、検索結果での表示を向上させる機会となります。

このセクションでは、そんなブログのまとめ文の目的とその記事全体における3つの役割について解説します。

あなたのブログがより多くの読者に価値を提供し、結果としてアクセス数の増加や収益化に繋がる可能性を高めるためにも、まずはまとめの役割と重要性を理解しましょう。

読者の理解を助け、信頼など評価に繋がるから

まず1つ目に、まとめは読者が記事から得た情報を整理し、重要なポイントを再確認する場としての役割があります。これは、長い記事や複雑なトピックを扱う場合に特に有効で、読者が記事の全体像を把握しやすくなります。

特にブログの場合、読者は分からなかったり、解決をしたくて悩んだ状態で、その解決策として記事を読みます。しかし、初めて知ることも多く、なかなか理解ができないことが多々あります。

このような読者に対し、「結論、これですよ。」と、情報を咀嚼してまとめることでその理解を手助けし、結果として「この記事は役に立つ!分かりやすい!」と思われ、後述する特定の行動や検索順位の上昇に繋がるのです。

具体的な行動を促せるから

2つ目に、まとめは、記事の主要なメッセージや学びを強調する役割を果たします。読者が一連の情報を通して何を理解すべきか、どのような行動を取るべきかについての明確な指針を提供するのです。

例えば、

  • 関連記事を読む
  • メルマガに登録する
  • お問合せや相談をする
  • 商品・サービスの詳細ページを見る

などが挙げられます。

ブログを運営する上で、必ず何かしらの目的があるはずですが、あなたが思った以上に読者はその存在に気づかずにページを閉じてしまいます。

そうならぬよう、記事内で読者に対して行動を促すようにしましょう。そうすることで、記事の価値を最大化し、読者にとってのみならず、筆者のあなたにとっても利益を高めるための重要な手段となります。

SEOの観点からも評価に繋がるから

3つ目に、ブログのまとめ文は、SEO(検索エンジン最適化)にも大きな影響を与え、読者のウェブサイトでの滞在時間を延ばす重要な役割を果たします。

まとめに適切なキーワードを含めることで、検索エンジンは記事の内容を正確に把握し、関連する検索クエリに対してあなたの記事を適切に表示することができます。

これにより、記事が検索結果でより高い位置にランクされる可能性が高まり、結果的により多くの訪問者があなたのブログにたどり着くことになります。

さらに、まとめ文を読むことで、読者は記事全体の要点を理解しやすくなります。この明確な理解は、読者が関連する他の記事への興味を持つきっかけとなり、結果としてサイト内での行動が活性化します。

読者がサイト内で過ごす時間が増えるほど、Googleなどの検索エンジンはウェブサイトを価値のある情報源とみなし、検索ランキングを向上させる可能性があります。

まとめだけでSEOの評価が上がるわけではありませんが、まとめも含めた記事全体でみられている為、手を抜くことは評価を下げてしまうことになりかねない。ということです。

結論として、ブログのまとめは、読者が得た情報を整理し理解を深めるための重要なセクションであり、記事のメッセージを明確に伝えて行動を促し、SEOに貢献するために不可欠な部分です。

読者とのコミュニケーションを強化し、記事全体の効果を高めるために、効果的なまとめの書き方を学び、実践することが重要です。

\併せて読みたい/

「ブログ集客のSEOについてもっと知りたい!」という方は、以下の記事で詳しくまとめてありますので併せてお読みください!

ブログ集客で成功するSEO対策と実践的なテクニックをご紹介します

効果的なブログまとめの作り方

効果的なブログまとめの作り方

ブログにおける「まとめ」の役割や重要性が分かったところで、次は「では、どうやってつくるの?」となるのではないでしょうか。

そこでこのセクションでは、効果的なまとめ文の作り方を3つに分けて解説します。

具体的には、情報を簡潔に要約する方法、重要なキーワードを適切に使用する方法、そして読者の興味を引き続けるための書き方に焦点を当てます。

いきなり完璧なまとめ文を作ろうとすると無理が生じてしまいますので、まずは紹介する書き方の中から1つを選び、それを実践して行くことをお勧めします。

慣れてきたら、組み合わせることで更に質の高いまとめ文が書けるようになるので、ぜひ取り入れてみてください。

それでは、一つずつ解説していきます!

SEO効果が見込めるキーワードを活用したまとめの書き方

まずは、SEOで重要なキーワードを活用したまとめ文の書き方です。

ブログのまとめ文にキーワードを適切に組み込むことは、SEOの観点から非常に重要です。なぜなら、キーワードを適切に活用することで、検索エンジンは記事の内容を正確に理解し、関連する検索クエリで記事を適切に表示できるようになるからです。

では、どのようにして効果的にキーワードをまとめ文に組み込むのでしょうか。

まず、記事のメインキーワードを、自然かつ読者に違和感を与えない形でまとめ文に含めることが重要です。キーワードの強引な挿入は避け、内容の流れに沿って自然にキーワードを織り交ぜることで、読者にとっても価値のあるまとめを作成できます。

分かりやすい使い方だと、主語としてキーワードを使うことです。多用するとしつこくなりますが、「何についての解説か」ということが分かりやすくなる点からもお勧めします。

また、関連キーワードやLSIキーワード(記事のトピックに関連する言葉)を使用することで、SEOの幅を広げることができます。

キーワードを適切に組み込む際には、まとめ文が記事の主題を正確に反映していることを確認し、読者が最後に読む部分としての役割を果たすよう心がけましょう。

また、キーワードを用いたまとめ文は、読者が記事の要点をすばやく把握し、記憶に残りやすくする効果もあります。

ただし、キーワードを盛り込むことは重要ですが、盛り込むから評価されるわけではありません。
このことは、Googleが22年12月に『ヘルプフルコンテンツアップデート』にて「SEO対策だけを目的としたコンテンツは評価されない。」と発表しています。

Google 検索のヘルプフル コンテンツ システムとウェブサイト

以上のことを考慮した上でキーワードを巧みに活用し、読者と検索エンジンの両方にとって価値のあるコンテンツを提供しましょう。

読者の関心を引きつける簡潔なまとめの書き方

次に、読者の関心を惹きつけるまとめ文の書き方です。

読者の関心を引きつけ、記事の要点を簡潔に伝えるまとめ文の作成は、ブログ記事の影響力を高める上で非常に重要です。なぜなら、分かりやすい情報は読者の理解度を高め、満足度の向上につながり、リピート訪問やサイト内の回遊、関連サービスへ興味を持つきっかけとなるからです。

簡潔なまとめ文を書くためのコツには、以下のポイントがあります。

まず、記事の核心となるメッセージを明確にします。読者が記事を読み終えた後に持ち帰るべき中心的な考えや学びを一文で表現できるように心がけましょう。

次に、そのメッセージを支える主要なポイントを、短く具体的に列挙します。このとき、余計な詳細は省略し、読者にとって最も重要な情報に絞り込むことが重要です。

さらに、読者の行動を促すような言葉を加えることで、まとめ文から次のステップへと自然に導くことができます。

例えば、関連する記事へのリンクを提示したり、テーマに関するさらなる質問を投げかけることで、読者の興味を持続させることができます。

このようにして作成された簡潔で要点を押さえたまとめ文は、読者の理解を深めるだけでなく、記事全体の印象を強化し、読者が求める情報を効率的に提供することができます。

あなたのブログがより魅力的で読みやすいものになり、読者の関心を引きつける技術を磨くために、これらのポイントを意識して実践してみましょう。

行動喚起を促すまとめ文の書き方

最後に、読者に行動を促すまとめ文の書き方です。

記事の最後に位置する「まとめ」は、読者に次のステップへと進むための行動を促す絶好の機会です。なぜなら、読者は特定の目的のために記事を読むので、精読後に提案することは理にかなっているからです。

こうした理由から、読者が情報を実生活に応用するための具体的なアクションを提案する方法を例を交えて紹介する書き方があります。

例えば、記事が健康的な食生活についてのものであれば、読者に対して「今日からでも始められる簡単な食事の変更方法を試してみてください」や、「健康的なレシピをもっと見たい方はこちらをクリック」などといった行動を促す文言をまとめに含めることができます。

これにより、読者は得た情報を実際の行動に移しやすくなります。

また、ブログが技術的な内容を扱っている場合には、「このツールの詳細な使い方を学ぶには、こちらのチュートリアルをご覧ください」や「さらに学びを深めたい方は、この関連記事をチェックしてみてください」のように、読者にさらなる学びへと進む道を示すことも重要です。

行動喚起(CTA)をまとめ文に含めることは、読者が記事の内容をどのように活用できるかの示唆を与え、記事の有用性を高めるだけでなく、読者とのエンゲージメントを強化し、サイト内での滞在時間を延ばす効果も期待できます。

このように、読者に具体的な次のステップを提案する方法を実践することで、あなたのブログの影響力をより一層高めるだけでなく、あなた自身が望む行動を読者が起こしやすくなります。

まとめ文を強化する独自の要素

まとめ文を強化する独自の要素

ここまでで「まとめ」の基本的な作り方について解説をしてきましたが、テクニックを駆使するだけでは、似たり寄ったりな文章になり、共感や信頼へと繋げにくくなってしまうことがあります。

そうならぬよう、このセクションでは、まとめ文に独自の要素を加える2つの方法に焦点を当てて解説します。

具体的には、あなた自身の体験や感情を共有すること、そして記事の内容を補強する追加情報や資料を提供することにより、まとめを強化する方法を解説します。

これらの要素は、記事に深みを加え、読者に強い印象を残すために重要です。また、読者が記事の内容をより深く理解し、関連する行動を起こすきっかけとなるでしょう。

このセクションを読むことで、あなたのブログがただ情報を提供するだけでなく、読者との強い結びつきを築く手段となることがわかります。

これらができれば、ブログのまとめが単なる結論ではなく、読者とのコミュニケーションの橋渡しになるので、ぜひお読みください。

個性を示す感情の伝え方

まずは、「らしさ」や「個性」を出す感情の伝え方についてです。

あなたのブログの「まとめ」に個性や感情を盛り込むことは、読者との深いつながりを築く上で非常に効果的です。なぜなら文章に感情を込めることで、ただの情報伝達ではなく、読者に対するあなたの思いや姿勢を伝えることができるからです。

また、よく「読者に寄り添いましょう」と言いますが、その一つに感情的に共感を覚えてもらうことが挙げられ、先述した行動促進にも影響を与えます。

では、どのようにしてまとめ文に感情を込め、個性を示すことができるのでしょうか。

まず、記事のトピックに対する自分の意見や感想を率直に述べましょう。これにより、記事にパーソナリティが加わり、読者は単なる情報提供者ではなく、人間としての著者に共感しやすくなります。

例えば、自分が試してみた結果や、その経験から感じた喜びや驚きなど、具体的なエピソードを交えるとより効果的です。

次に、読者に対する感謝の言葉を加えることも重要です。記事を読んでくれたことへの感謝を示すことで、読者との間にポジティブな関係を築くことができます。

また、読者が同じような経験をしたことがあるかもしれないという想定のもと、共感を呼びかける言葉を使うのも一つの方法です。

このようにしてまとめ文に感情を込めることで、記事はより記憶に残りやすくなります。読者は、情報だけでなく、著者の人となりや思いも一緒に受け取ることができるのです。

読者の好奇心を刺激する補足情報の追加

次に、読者の好奇心を刺激する方法です。

読者の好奇心を刺激し、さらに深くテーマに興味を持ってもらうために、記事の「まとめ」部分に補足情報を追加する方法は非常に有効です。

この場合、読者が記事の内容に基づいてさらに探求したいと感じるような、追加の資料やデータ、関連する研究や専門家の見解などを提供するのが良いでしょう。

これにより、読者は記事のトピックに対する現在の理解や、分野の動向についての洞察を深めることができます。また、関連する書籍やオンラインリソースへのリンクを提供することも、読者が自らの知識を拡張するための一歩となります。

さらに、テーマに関連する未解決の疑問や新たな議論の余地を提示することで、読者の探求心を刺激することができます。読者が自分自身で答えを見つけ出そうとする過程で、より深い理解や関心を持つようになるためです。

例えば、ブログの記事の書き方について書いた記事であれば、読者は読まれるブログを書いた先でお問い合わせ獲得など、叶えたいことがあるはずです。こうしたことを見越して「もし〇〇であれば、ここにそのための情報がありますよ」と提示することは読者にとってとても助かることです。

このように補足情報を提供することで、読者はただ情報を受け取るだけでなく、能動的に学び、考え、さらには次の行動を起こすきっかけを得ることができます。

まとめ文でよくある失敗例と避け方

まとめ文でよくある失敗例と避け方

ここまででブログの「まとめ文」の作り方がなんとなく見えてきたのではないかと思いますが、ブログのまとめ文を書く際には、しばしば見落とされがちなポイントがあります。

これらの見落としは、読者に与える影響を弱めたり、最悪の場合、記事全体の印象を損ねたりすることがあります。

このセクションでは、ブログまとめ文の作成でよくある失敗と、それらを避けるための具体的なアドバイスを紹介します。

例えば、「いかがでしたか?」というフレーズの使用や、情報の過剰な繰り返し、あるいは読者の行動を促す明確な呼びかけの欠如など、様々な失敗を取り上げます。

また、まとめ文を効果的にするためのコツや、読者の興味を保ち続ける方法についても解説します。

読者に価値ある結論を提供し、あなたのブログが価値あるものだと評価されるためにも紹介する失敗例をやっていないかのチェックをしてみてください。

よくあるまとめ文の失敗例とその対策

まとめ文の作成でよくある失敗例として

  • 読者の興味を引けないあいまいな内容
  • 重要な情報の欠落
  • 過度に長い文章
  • 読者に次の行動を促さない結論

などが挙げられます。これらは、読者が記事から持ち帰るべき核心的なメッセージを曖昧にしてしまい、記事の有効性を低下させます。

これらの問題を避けるためには、まず、記事全体を通して強調したい主要なポイントやメッセージを明確にし、これをまとめ文で簡潔に再度提示することが重要です。要点を短く、力強い言葉で表現し、読者が記事の内容を簡単に思い出せるようにします。

また、まとめ文で新たな情報を提供するのではなく、記事で既に触れた情報の要約に留めることも大切です。新しい情報を導入すると、読者が混乱し、記事のポイントを見失ってしまう可能性があります。

最後に、読者が興味を持ちそうな関連記事へのリンクや、具体的な行動を促す呼びかけ(例:「もっと詳しく知りたい方はこちら」)を加えることで、読者のエンゲージメントを高めることができます。これにより、読者は単に情報を得るだけでなく、それを活用する方法も学ぶことができます。

以上の対策を講じることで、まとめ文は記事の効果を高め、読者にとってより価値のあるものとなります。

「いかがでしたか?」は使わない

「いかがでしたか?」というフレーズは、ブログのまとめ文でよく使われる表現の一つですが、あまり使わないことをお勧めします。

なぜなら、この問いかけが読者に受動的な役割を強いると感じられ、記事の内容に積極的に関与してもらうことを妨げる可能性があるためです。また、このフレーズは過度に使われがちであり、オリジナリティや創造性を欠くとみなされることもあります。

より効果的な代替表現としては、読者の行動を促す具体的な呼びかけを使用することが挙げられます。

例えば、「この情報を使って、今日からあなたの生活に変化をもたらしましょう」や「さらに深く掘り下げたい方は、こちらの記事もご覧ください」のような表現です。

これらの代替表現は、読者に対してよりダイレクトにアクションを促し、記事の内容を自分のものとして活用するきっかけを提供します。

また、読者が記事の内容に基づいて何を感じ、何を学んだのかを自問自答するよう促す表現も効果的です。これにより、読者は記事をより深く反芻する機会を得ることができ、内容の理解を深めることが可能になります。

このアプローチを取り入れることで、あなたのまとめ文は読者に対してより印象深いものとなり、彼らの記憶に残りやすくなるでしょう。読者が積極的に内容に関与し、さらなる行動を起こすきっかけとなるまとめ文を目指しましょう。

実践!まとめ文のテンプレートと例文

実践!まとめ文のテンプレートと例文

ここまででブログの「まとめ」を作るポイントやコツ、注意点が分かったと思いますが、「例文を参考に作ってみたい。」と思う方は多いのではないでしょうか。

そこで最後にこのセクションでは、実際にブログの「まとめ」を書く際に役立つテンプレートと例文と使うコツをご紹介します。

まずは、ブログの主題や目的に応じた様々なまとめ文のテンプレートから始め、それらをどのように自分の記事に適応させるかの例を挙げていきます。

読者が最後に読む部分である「まとめ」を、記事全体の価値を高めるチャンスとしてどう活用するか、その具体例を通じて学ぶことができます。

テンプレートと例文を参考にすることで、あなたのブログ記事がより魅力的になり、読者が情報を整理しやすくなりますので、迷う方は合うものを真似て使ってみてくださいね。

初心者向け万能まとめ文のテンプレート

ブログ記事の「まとめ」を書く際には、特に初心者の方々が迷わずに済むような、シンプルで効果的なテンプレートが役立ちます。

ここでは、そのようなテンプレートの一例を紹介します。このテンプレートは、記事全体の要点を簡潔にまとめ、読者に明確なメッセージを伝えることを目的としています。

万能テンプレートの構造

  • 記事の要約: 最初に、記事の主な内容や提供した情報の要点を、数文で簡潔にまとめます。
  • 主要なポイントの強調: 記事で触れた中で最も重要なポイントを、箇条書きまたは短い段落で明確に示します。
  • 行動喚起(CTA): 読者に対して推奨する具体的な行動を提案します。これは、関連する記事へのリンクであったり、トピックに関するさらなる学習や実践を促す内容であったりします。

万能テンプレートを上手に使うコツ

  • シンプルさを保つ: 読者が情報をすぐに理解できるように、簡潔かつ明確な言葉を使用します。
  • 具体性を重視する: あいまいな表現を避け、具体的な事例やデータを用いてポイントを補強します。
  • 読者の行動を促す: ただ情報を提供するだけでなく、読者がその情報をどのように活用できるかを示します。

このテンプレートを活用することで、ブログ記事の「まとめ」作成がよりスムーズになり、読者に対して強い印象を残すことができます。初心者の方はもちろん、まとめかたに迷ったら、このテンプレートを使ってみてください。

ジャンル別まとめ文の例文テンプレート9選

異なるジャンルのブログ記事に対応した「まとめ文」の書き方を理解することは、読者にとって価値のある結論を提供し、記事の印象を強化する上で非常に重要です。

ここでは、幾つかのジャンル別のまとめ文例を紹介します。これらの例を参考に、あなたの記事のジャンルやトピックに合った効果的なまとめ文を作成してみましょう。

健康とフィットネス

「この記事では、健康的な生活を送るための5つの簡単なステップを紹介しました。毎日のルーチンにこれらを取り入れることで、より良い体調と幸福感を実現できます。健康は一日にしてならず、小さな一歩から始まります。」

テクノロジー

「最新のテクノロジートレンドを追いかけることは、時に圧倒されるかもしれませんが、これらの革新が私たちの生活や仕事にどのように役立つかを理解することは非常に重要です。この記事で紹介したツールやアプリを活用して、日々の生活をもっと便利にしましょう。」

料理・レシピ

「簡単で美味しい家庭料理を紹介しましたが、最も大切なのは、料理を楽しむことです。手作りの温かい料理で、家族や友人との時間をより特別なものにしましょう。レシピはあくまでガイドラインです。自分の好みに合わせてアレンジしてみてください。」

旅行

「旅は、新しい文化と出会い、日常から離れる絶好の機会です。この記事で紹介した目的地は、あなたが次に冒険する場所のほんの一部に過ぎません。常に好奇心を持ち、新しい体験に心を開いてください。」

個人開発・DIY

「今回は、初心者でも簡単に挑戦できるDIYプロジェクトをご紹介しました。手作業で何かを作る喜びは、完成品を目の前にしたときの達成感につながります。このプロジェクトが、あなたのクリエイティブな一歩となることを願っています。」

ファッション・ビューティー

「季節ごとのファッションのトレンドを取り入れつつ、自分自身のスタイルを大切にすることが重要です。この記事で紹介したアイテムやスタイリングのヒントが、あなたの毎日をもっと楽しく、もっと美しく彩るお手伝いができれば幸いです。」

ビジネス・キャリア

「キャリアアップのための戦略を立てることは、将来の成功への投資です。今回紹介したスキルやマインドセットが、あなたのビジネスライフに新たな視点をもたらし、成長のきっかけになることを期待しています。」

教育・学習

「学びは一生の旅です。この記事で紹介した学習法やツールが、あなたの知識を深め、学習の旅をより豊かなものにすることを願っています。常に好奇心を持ち続け、新しいことへの挑戦を恐れないでください。」

金融・投資

「賢明な投資は、将来の安定と豊かさをもたらす鍵です。この記事が、あなたの投資知識を深め、資産形成の戦略を考える一助となれば幸いです。リスク管理を忘れずに、賢く投資を行いましょう。」

あなたの記事のテーマやメッセージに合わせて、これらのテンプレートをカスタマイズして活用してみてください。

ブログまとめの書き方についてよくある質問と回答

ブログまとめの書き方についてよくある質問と回答

Q1: ブログ記事の構成は?

ブログ記事の構成は、大きく分けて導入部、本文、そしてまとめの3つのセクションに分けられます。

導入部では、読者の関心を引くために、問題提起や興味深い事実を提示します。

本文では、トピックについての詳細な情報や分析、実例を提供し、段落ごとに異なるサブトピックを扱います。

最後のまとめでは、記事の主要なポイントを簡潔に再度強調し、読者に次のステップへの行動を促します。

効果的な構成は、読者を引きつけ、記事を通じてスムーズに案内することができます。

\併せて読みたい/

「ブログ記事の書き方をもっと知りたい!」という方は、以下の記事で詳しくまとめてありますので併せてお読みください!

【ブログ文章の書き方】質の高い記事を書くために押さえておくべきポイントとコツ

Q2: ブログ記事の書き方の手順は?

ブログ記事を書く手順には、まず、トピック選定とターゲットオーディエンスの理解から始めます。次に、そのトピックに関する十分なリサーチを行い、記事の構成を計画します。

導入部では読者の興味を引きつけ、本文では詳細情報を提供し、最後にまとめで重要なポイントを再度強調します。読者に具体的なアクションを促すCTAを忘れずに加えると、記事の影響力がさらに高まります。

最後に、SEOを意識したキーワードの使用と、校正・編集作業で記事の品質を高めることが大切です。

まとめ

【ブログ初心者向け】まとめがサクっとできる書き方とコツ・テンプレートまとめ

この記事では、ブログ初心者が効果的な「まとめ」を書くための具体的な方法とコツを紹介しました。良い「まとめ」は、記事の価値を高め、読者の理解を深めるために不可欠です。

以下は、この記事を通じて伝えたかった主要なポイントです。

  • まとめの重要性: 読者の理解を深め、SEO効果を高めるために、まとめは必須です。
  • キーワードの活用: まとめにキーワードを適切に組み込むことで、検索エンジンの評価を高めます。
  • 簡潔性と明瞭性: まとめ文は、簡潔かつ明確に、記事の要点を伝えるべきです。
  • 行動喚起: まとめで読者に具体的な次のステップを促すことで、記事からの行動変容を促します。
  • 個性と感情の表現: 記事のまとめに個性や感情を盛り込むことで、読者との深い繋がりを築けます。
  • 補足情報の提供: 読者の好奇心を刺激し、さらなる学習を促す補足情報を加えると効果的です。

これらのポイントを押さえることで、ブログ初心者でも自信を持って読者に響く「まとめ」を書けるようになるはずです。文章を書く際には、これらのポイントを意識して、より良いブログ記事の作成を目指しましょう。あなたのブログが読者にとって価値ある情報源となることを願っています。

\併せてCheck/

Web集客をしたいけど、LPが思うように作れない・・・・。そんな方のため、ブログ・メルマガの専門家として8年活動している筆者が1年間かけて作り上げた「LP生成プロンプト」をメルマガ登録者限定で無料プレゼントします!

用意するのは、無料でも使えるChatGPTとプレゼントするプロンプトだけ!

穴埋め式プロンプトをステップに沿って入力するだけでAI(ChatGPT)が自動で魅力的なLP案を簡単に作成してくれます。

Webの知識に自信がなくても大丈夫です!無料なので、今すぐお試しください!

ブログを使った集客・販売をしたい方のためのオンラインスクールを運営中です!この道10年のプロの個別サポート付きなので、成果が出るとご好評いただいています!

一緒にWeb集客の仕組みを構築しませんか?!