2021年版GoogleサーチコンソールでWordPressのページURLを検索から削除する方法

この記事では、Googleサーチコンソールを使い検索結果に掲載(インデックスと言います)されているWordPressのページや記事を削除する方法とその流れについて解説します。

なお、この作業は「ページを削除してしまう・既に削除している・インデックスさせたくない」という時に使います。

 

こんにちは!来客メディアコンサルタントの佐藤旭です。

インターネットは便利ですが、厄介なのが一度掲載されてしまった情報は削除が困難だという事ですよね。
時には「そのページは削除しているから、検索結果に表示されなくして欲しい。」ということがあると思います。

しかし、一度Googleにインデックス(検索結果に表示されるように登録)されたコンテンツは、ただ削除するとクリックしても「ページがありません」と表示されるリンクエラーが発生してしまいます。

このエラーはSEO的に、あなたのブログの評価を下げてしまいますし、訪問するユーザーにも不利益な為、何一つ良い事がありません。
ですので、Googleの検索結果から削除したい場合は、ここで解説する手順を踏むと良いでしょう。

どんな時にページの削除をするべきなのか

本題に入る前に、まず「どんな時にこれをやるべきなのか」お話しておきますね。
適用されるのは大きく分けて2ケース。

  1. 記事にしていた商品などがなくなり、ページそのものが不要になった場合。
    もしくはすでに削除してしまっている。
  2. 検索結果には掲載する必要がないページだがインデックスされてしまった場合。

例えば、このブログでも更新がストップしてしまい、もう使えないサービスやプラグインの情報がありました。
そのページは検索ニーズもありませんし、仮にアクセスされても今は使えない為削除する事にしました。

運営者 佐藤

ただし、同じ商品やテーマに対し、情報が古くなったから新しい記事で書き直す事はやめましょう!
何故なら「重複しているコンテンツがある」とGoogleが判断するからです。

 

こういう時は、その記事を最新のものにリライト(加筆修正する事を言います)するのがベストです!

Googleの検索結果から指定する記事やページのURLを削除する手順

Googleサーチコンソールの登録方法は、『Google Search Consoleに登録、サイトマップ送信をする方法』で詳しく解説しています。
未登録の場合は、まず登録をしてください。

①GoogleサーチコンソールのURL削除ツールを使う

まず、Googleサーチコンソールを使いURLを削除します。

GoogleSeaechConsolでインデックスされているWordPressのURLを削除する方法

Googleサーチコンソールにログインし、左側メニューにある『インデックス』の中にある『削除』をクリックして下さい。
この様にURLの削除画面が表示されます。
図のように『新しいリクエスト』をクリックして下さい。

 最終的にコンテンツそのものがGoogleにインデックスされなくする必要がある為、一時的と言う表現がされているようです。

GoogleSeaechConsolでインデックスされているWordPressのURLを削除する方法

そすると、この様にポップアップ画面が表示されます。
「削除するURL」を入力し、その下の選択は『このURLのみを削除』にした上で最後に『次へ』をクリックして下さい。

GoogleSeaechConsolでインデックスされているWordPressのURLを削除する方法

確認画面がこの様に表示されます。
間違っていないかを確認し、問題なければ『リクエストを送信』をクリックして下さい。

GoogleSeaechConsolでインデックスされているWordPressのURLを削除する方法

暫く読み込み、この様な画面になれば後はGoogleの方で処理してくれます。

これで90日間はGoogleからのアクセスがなくなります。

仕組みについては以下Google公式ページでありますので、気になる方はお読み下さい。

Google公式サイト内「URLの削除」について

 

これでGoogleサーチコンソール側での作業は終わりました。
続けてURLを削除したホームページやブログの方でも作業が必要ですので、この次の流れに進みましょう!

②指定のURLにnonindex / nofollow設定を行うもしくは削除してしまう

①の操作は、90日間Googleからのアクセスをなくす一時的なものとなります。
その為、もし削除を申請したページがまだ残っていた場合、再度インデックスされてしまう恐れがあります。
ですので今後、検索結果で表示させたくない場合は、ここから解説する作業を行う必要があります。

 

指定のURLを削除してしまう場合:

指定のURLを削除してしまうのであれば、削除をして③に進んでください。

 

もうすでにURLが存在しない(削除済み)の場合:

③のステップに進んで下さい。

 

検索結果では表示させないが、ブログからは引き続きアクセスできるようにする場合:

コンテンツをnoindex、nofollowに設定しましょう。

設定方法は『noindex・nofollowの使い方は?SEO対策に適切な使い方と役割』で詳しく解説しています。

③リンクしているページからURLを削除する

②で指定のURLを削除する場合、ブログ内でリンクがあるとその記事からのリンク切れが発生してしまいます。

その為、リンクをしている記事やページからもURLを削除してリンク切れを起こさないようにする必要があります。

 

まず、『WordPressプラグインSearch Regex』を使い今回削除を申請したURLを検索します。

 

サイト内リンク(内部リンクと言います)がある場合は、このように表示されます。

googlecrawlerror06

このまま削除してしまうと、記事内で「詳しくはこちら!」等の誘導リンクだった場合にアクセスが出来ない不親切な記事になってしまいます。

ですので、記事を削除する前に、差し替えたり文章を変更するなどして、読者がリンク切れで困らないようにしましょう。

 

この様に、リンクがあるページの『edit』から編集画面を開くことが出来ます。

googlecrawlerror010

『view』で一度チェックすることもできます。

 

リンクのある記事やページを修正すればOKです。

リンク切れが気になる場合はプラグイン『Broken Link Checker』を使おう

指定のURL削除後のリンク切れが気になるときは、Broken Link Checkerと言うプラグインを使えば、チェックすることが出来ます。

詳しくは『WordPressのリンク切れチェック・防止プラグインBroken Link Checkerの使い方』で解説していますので、併せて活用してください。

④最後に、サイトマップを再送信しよう

最後に必ず、サイトマップ(sitemap.xml)の再送信を行ってください。

サイトマップは、Googleにあなたのブログサイトの構造や記事同士のつながりなどを知らせる、いわば案内図です。
これが古いままですと、「送信されたサイトマップと構造が違うよ。エラーだよ。」と通知されてしまいます。

今回はプラグイン『Google XML Sitemap』を使用していますので、その手順で解説します。

WordPressの管理画面にアクセスし、『設定』⇒『XML-Sitemap』の順にメニュを開きます。

GoogleSeaechConsolでインデックスされているWordPressのURLを削除する方法

図の様に「Notify Search Engines about your sitemap or your main sitemap and all sub-sitemaps now.」と表示された部分があります。

このドメインのサイトのみ登録している場合は、『your sitemap』リンクをクリック。

サブディレクトリのサイトも登録している場合は、『main sitemap and all sub-sitemaps』をクリック。

そうするとポップアップ画面が表示され、以下のような常時になります。
これでGoogleサーチコンソールに新しいサイトマップを通知できました!

GoogleSeaechConsolでインデックスされているWordPressのURLを削除する方法

これで一連の作業は終わりとなります!

お疲れさまでした!

Googleに通知をすることで最適なSEO対策を取ろう

以上が、GoogleサーチコンソールでインデックスされているWordPressのページURLを削除する方法です。

Google等検索エンジンからのアクセス数を増やす為には、「このブログは読者の悩みに応えてくれる良質なコンテンツ」と認識してもらう必要があり、その為にはSEO対策が必要となります。

 

また検索結果画面で表示された、あなたのページが表示されないのは、間違いなく検索ユーザーにとって有益ではない為、あなたのブログの評価を下げてしまう原因となります。

細かい事ですが、こういった事の積み重ねが「良質なコンテンツ」の評価基準となり、検索結果の上位表示にもつながります。

 

ここでちょっとSEOアドバイス!

もし、あなたの狙ったキーワードの検索上位サイトがリンク切れを起こしているなら、チャンスです。

私自身、「ライバルサイトは情報が古いから、最新の情報でまとめよう」と書いた結果、検索上位表示させることに成功した記事が多数あります。

 

後発サイトでも、こうしたことで十分に検索上位表示させることが出来ます。
あなたのブログ内のリンク切れ、Googleからのリンク切れありませんか?チェックしましょう!

ブログ集客したい方、必見です!


 

ブログ集客の教科書、できました!

集客ブログの教科書

 

3年以上ブログのみでWeb集客を仕組み化している方法を特別公開しています!

UP Blogでは、集客・販売が仕組み化されたブログを作りたい方に向け、
3年以上「ブログだけで」自動で累計5,000名以上のメルマガ読者獲得、4,000万円以上売り上げ続けるブログの秘密をまとめたE-book等スペシャルな特典を、メルマガ登録者限定で無料プレゼントしています!

E-bookでは、
・売り込みなし
・営業活動なし
・過剰な演出をしたSNS投稿なし
・高額広告運用なし

でも3年以上もの期間

・ブログにアクセスを集める方法
・自動的に見込み客を集め続ける方法
・ブログで継続して収益をあげる方法

また

・読まれる記事にするコツ
・集客型ブログの作り方

等について、2冊、総200ページ以上に渡り解説しています。

メルマガのご購読、特典の受け取りは全て無料です!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。