Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

注目されるメタバースのファッションやNFTとの関係、作り方と魅力を解説します

メタバースという新しいデジタル空間が私たちの生活に革命をもたらしています。その中でも、デジタルファッションは注目のトピックとなっており、物理的な制約から解放された新しいデザインや表現が可能となっています。しかし、この新しい世界でのファッションの作り方やその魅力について、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、メタバース内でのファッションの役割や価値、そして具体的な作成方法について徹底的に解説します。さらに、NFT技術を活用したデジタルファッションの取引や、メタバース内でのブランド展開やマーケティングの重要性についても触れていきます。

読み進めることで、メタバースのデジタルファッションの魅力を深く理解し、自分自身でファッションを作成する際のヒントやアイディアを得ることができるでしょう。最新のトレンドをキャッチアップし、メタバースの世界でのファッション活動を有意義に進めるための第一歩として、ぜひこの記事をお役立てください。

なお、メタバースについて詳しく知りたい方に向けて、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ併せてご活用ください。

メタバースとは何か?概念・歴史・用途・プラットフォームなど分かりやすく解説します!

\この記事を書いている人/

佐藤 旭:起業家Vtuber / メタバースプロジェクト「Worweld」リーダー
2022年に初めてメタバースの世界に触れたことをキッカケに魅了され、「次世代のビジネスモデルをクリエイターと創り、他事業のマーケティングに貢献する」をコンセプトにメタバースプロジェクトを発足。
地方創生のメタバースプロジェクト参画や、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」内のイベント登壇などの経験があります。

この記事の目次

メタバースとデジタルファッションの新しい波

メタバースとデジタルファッションの新しい波

メタバース(仮想空間)が注目される中、ファッション業界もその影響を受けています。物理的な世界の制約から解放されたメタバースでは、新しいファッションの可能性が広がっています。これまで考えられなかったデザインやスタイルが現れ、ファッションの楽しみ方が一変しています。

しかし、この新しい波に乗るためには、メタバース内でのファッションの役割やその作り方を理解することが必要です。このセクションでは、メタバースがもたらすデジタルファッションの新しい風潮と、その中でのファッションの位置づけについて詳しく解説します。これを通じて、メタバースでのファッションの楽しみ方や、新しいデザインの可能性を発見する手助けとなることを目指しています。

※メタバースそのものについて理解を深めたい方は、以下の記事を併せてお読みください。
メタバースとは何か?概念・歴史・用途・プラットフォームなど分かりやすく解説します!

メタバースの進化とファッションの役割

近年、テクノロジーの進化とともに、メタバースという新しい世界が注目を浴びています。この仮想空間は、現実の物理的制約から解放された新しい社会を形成しており、そこでは様々な活動が行われています。特に、ファッションの領域では、メタバースがもたらす新しい可能性が無限に広がっています。

メタバース内でのファッションは、単なるアバターの服装を選ぶだけでなく、個人のアイデンティティや価値観を表現する手段としての役割を果たしています。従来のファッションとは異なり、メタバースのファッションは物理的な制約や材料の限界が存在しないため、これまでにない斬新なデザインや動きが可能となっています。

また、この新しいファッションの形成には、3DモデリングツールやVR技術など、さまざまな技術が駆使されています。これにより、デザイナーやクリエイターは、従来の方法では考えられなかったような独自のファッションアイテムを生み出すことができるようになりました。

物理的制約を超えたデザインの自由度

メタバースという仮想空間は、私たちに新しい表現の自由をもたらしています。特に、ファッションの世界では、この自由度の高さが顕著に現れています。現実の世界では考えられないようなデザインや動き、そして素材感を、メタバース内でのファッションは可能にしています。

物理的な重力や材料の制約、製造技術の限界といった、現実世界のファッションデザインにおける障壁が、メタバースでは存在しません。これにより、デザイナーは自らの想像力の限界までデザインを追求することができるのです。例えば、透明で光を放つドレスや、常に動き続けるアクセサリーなど、夢のようなアイテムが現実のものとして表現されています。

また、ファッションを身にまとうアバターも性別はもちろん、様々な種族や形で表現できるので、アバターの数だけファッションが存在すると言っても過言ではありません。デジタル上の”表現したい自分や在り方の幅”が圧倒的に広がっているのです。

注目されるサステナビリティなメタバースファッション

メタバースファッションのサステナビリティ
この様に1つのアバターデータを異なるメタバースに持って行ける

近年、環境問題や持続可能性(サステナビリティ)に関する意識が高まる中、ファッション業界もその動きに影響を受けています。物理的な服を作る際の環境負荷は大きいと言われていますが、メタバースの世界では、そのような制約がありません。デジタルな服は、生産や廃棄の際の環境への影響がほとんどなく、新しいサステナブルな選択として注目されています。

このセクションでは、メタバースファッションが持つサステナビリティの側面に焦点を当てて解説します。デジタルファッションが環境にやさしい理由や、その他のサステナブルな取り組みについても触れていきます。これにより、メタバースファッションが持つ新しい価値や可能性を深く理解していただけることを期待しています。

デジタルなので、環境へ影響が圧倒的に低い

メタバースのファッションは、現実のファッション産業とは異なり、物理的な製品を生産する過程が存在しないため、環境への影響が非常に低いと言えます。従来のファッション産業では、生産や輸送、廃棄といったプロセスで大量のCO2排出や水の消費が発生していました。しかし、メタバース内でのデジタルファッションは、これらの環境問題を大きく軽減する可能性を秘めています。

一部のアパレルブランドでは、AR技術を駆使した擬似的な試着ができるサービスがありますが、メタバースの場合、デジタルツインの技術を応用できるので、完全オーダーメードのファッションを選考してアバター用にデジタルで作成し、後にリアル用に発注をする。なんてことも可能なのです。

デジタルファッションの採用が進むことで、地球の資源を大量に消費することなく、多様なファッションを楽しむことができるようになります。これは、持続可能なファッションの未来を形成する上での大きなステップと言えるでしょう。

新しいサステナブルな取り組みの例

メタバースのファッション界では、サステナビリティへの取り組みが注目されています。物理的な製品を生産しないデジタルファッションは、環境への負荷が低いという大きな利点があります。しかし、それだけではなく、メタバース内での新しいサステナブルな取り組みが次々と生まれています。

例えば、デジタルファッションアイテムの「再利用」。一度購入したデジタルアイテムを異なるメタバースやゲーム内で再利用することができるため、消費を抑えることが可能です。また、「デジタルアップサイクル」も注目されています。古いデジタルアイテムを新しいデザインに生まれ変わらせることで、新たな購入を減らし、サステナビリティを追求しています。

さらに、メタバース内での「環境保護活動」も増えてきました。仮想の森林を守るための活動や、デジタルオーシャンのクリーンアップなど、現実の環境問題を模倣し、ユーザーの環境意識を高めるイベントが開催されています。

以前は「このアバターやアイテムはこのサービスでしか使えない」ということが一般でした。しかしまでは例えばVRM形式であれば多くのメタバースで同一のアバターやファッションを利用することが可能になりました。そうすると、ファッションそのものへの価値が高まりますし、欲しくなる理由が以前よりも増すわけです。

NFTを活用したデジタルファッションの革命

デジタルファッションの世界が拡大する中、NFT(非代替性トークン、デジタルアイテムの所有権を証明する技術)の活用が注目されています。従来のファッションとは異なり、デジタルファッションは物理的な存在を持たないため、その価値や所有権の証明が難しいとされていました。しかし、NFT技術の登場により、デジタルファッションアイテムの独自性や希少性が保証されるようになりました。

このセクションでは、NFTがデジタルファッションにもたらす革命的な変化について詳しく解説します。NFTを活用することで、デザイナーやブランドがどのような新しい価値を提供できるのか、また消費者にとってのメリットや魅力についても触れていきます。デジタルファッションの未来を形作るNFTの力を、この記事を通じて深く理解していただけることを期待しています。

NFTの基本とファッションへ応用されたブランド例

NFT(Non-Fungible Token)は、デジタルアセットの独自性と所有権を保証する技術として、近年大きな注目を浴びています。例えば、アーティストのBeepleが制作したデジタルアート作品がNFTとして6900万ドルで売却されたニュースは、多くの人々にNFTの存在を知らしめました。しかし、このNFTの波はアートだけでなく、ファッション業界にも影響を及ぼしています。

デジタルファッションブランド「The Fabricant」は、NFTとしてデジタルドレスを販売し、約9500ドルで落札されるという事例があります。このように、NFTを活用することで、デジタルファッションアイテムの独自性や希少性が保証され、購入者は真の所有権を持つことができるのです。

いくつかご紹介します。

RTFKT

RTFKT

RTFKTは、2020年に設立されたアメリカのファッションブランドです。NikeやAdidasなどの大手ブランドとコラボレーションするなど、注目を集めています。RTFKTのNFTファッションは、高額で取引されることもあり、2021年には、1足3万ドルのNFTスニーカーが販売されました。

RTFKT公式サイト

The Fabricant

The Fabricant

The Fabricantは、2019年に設立されたオランダのファッションブランドです。デジタルファッションの可能性を追求しており、NFTファッションの先駆けとして知られています。The FabricantのNFTファッションは、アート作品としても評価されており、世界中の美術館で展示されています。

The Fabricant公式サイト

Auroboros

Auroboros

Auroborosは、2019年に設立されたアメリカのファッションブランドです。自然や宇宙をテーマにしたNFTファッションを制作しています。AuroborosのNFTファッションは、環境に配慮した素材を使用していることも特徴です。

Auroboros公式サイト

DressX

DressX

DressXは、2018年に設立された台湾のファッションブランドです。レンタルや販売でNFTファッションを提供するサービスです。DressXのNFTファッションは、幅広い価格帯で提供されており、手軽にデジタルファッションを楽しむことができます。

DressX公式サイト

The Dematerialised

The Dematerialised

The Dematerialisedは、2021年に設立されたイギリスのファッションブランドです。オークションでNFTファッションを販売するサービスです。The DematerialisedのNFTファッションは、希少価値が高いものが多く、高額で取引されています。

The Dematerialised公式サイト

これらのブランドは、いずれもメタバース上でのファッションの可能性を追求しており、NFTファッションの普及に貢献しています。今後も、メタバース上でのファッションの需要が高まると予想されるため、NFTファッションを販売するブランドはさらに増えていくと考えられます。

ラグジュアリーブランドのNFTファッションへの取り組み

SUPERGUCCI
GucchiがSuperplasticと共同でNFTシリーズ「SUPERGUCCI」をリリース

近年、NFT(Non-Fungible Token)の技術がファッション業界にも波及してきましたが、特に注目されているのは、ラグジュアリーブランドによるNFTファッションへの取り組みです。これらのブランドは、伝統的なファッションの世界での高い評価と信頼性を背景に、デジタル空間での新しいファッションの形を模索しています。

例えば、有名なラグジュアリーブランド「Gucci」は、特定のデジタルアイテムをNFTとしてリリースし、それをメタバース内での限定商品として販売する取り組みを行っています。これにより、ブランド愛好者はリアルとデジタルの両方で「Gucci」のアイテムを楽しむことができるのです。

→参考記事:SUPERPLASTICとグッチがNFTの限定コレクションを初リリース、メタバースの世界へとさらなる一歩を踏み出します。

このような動きは、ラグジュアリーブランドがデジタルトランスフォーメーションを進め、新しい顧客層を獲得しようとする試みの一環と言えるでしょう。今後も多くのブランドがNFTファッションの世界に足を踏み入れることが予想されます。

メタバースでのブランド展開とマーケティング

メタバースという新しいデジタルの舞台で、多くのブランドが新しい展開の方法を模索しています。物理的な店舗や実際の商品を持たないこの空間で、ブランドはどのように自身をアピールし、消費者との関係を築いていくのでしょうか。また、従来のマーケティング手法がそのまま通用するわけではないメタバースでは、どのような戦略が求められるのでしょうか。

このセクションでは、メタバース内でのブランドの展開方法や、効果的なマーケティング戦略について詳しく解説します。デジタル空間でのブランドの魅力的な表現方法や、消費者との新しい形のコミュニケーションについても触れていきます。メタバースがもたらす新しいブランドの可能性を、この記事を通じて深く理解していただけることを期待しています。

ブランドの立ち位置と戦略

メタバース内でのブランド展開は、現実の世界とは異なる独自の戦略が求められます。このデジタル空間での成功は、ブランドの立ち位置の明確化と、それに基づいた戦略の策定が不可欠です。

例えば、若者を中心に人気のあるストリートファッションブランドは、メタバース内でのコラボイベントや限定商品のリリースを通じて、新しい顧客層の獲得を目指すことができます。一方、ラグジュアリーブランドは、独自のデジタル空間を作成し、高級感を演出することで、ブランドの価値を高めるアプローチが考えられます。

メタバースは、ブランドが新しい形でのコミュニケーションやマーケティングを行う絶好の機会を提供しています。しかし、その成功の鍵は、ブランドのアイデンティティを理解し、それを基にした適切な戦略を策定することにあります。

メタバース内でのマーケティングのヒント

メタバースは、新しいマーケティングのフロンティアとして急速に注目を集めています。この未知の領域で成功を収めるためのヒントをいくつか紹介します。

まず、メタバース内のユーザーは現実の消費者とは異なる動機や行動を持つことが多いです。彼らの興味や関心を引きつけるためには、独自のストーリーテリングやインタラクティブなエクスペリエンスが求められます。例えば、ファッションアイテムのバーチャル試着イベントや、ブランドオリジナルのメタバース空間でのパーティーなどが考えられます。

次に、メタバース内での宣伝やプロモーションは、ユーザーの体験を中心に考えることが重要です。直接的な商品の宣伝よりも、ブランドの価値やストーリーを伝えるコンテンツが効果的です。

メタバースファッションの作成ツールとテクニック

メタバースファッションの作成ツールとテクニック
代表的な3Dモデリングツール「blender」

メタバースの中でのファッションは、従来のファッションデザインとは異なるアプローチやツールが求められます。デジタル空間での服やアクセサリーをデザインするためには、特定のソフトウェアや技術が必要となります。しかし、これらのツールや技術について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

このセクションでは、メタバースファッションを作成するための主要なツールや、その使い方、テクニックについて詳しく解説します。初心者でも始めやすいツールの紹介や、プロフェッショナルなデザインを目指す方向けのアドバイスも提供します。デジタルファッションの作成に興味がある方は、この情報を基に新しいスキルを習得していただけることを期待しています。

人気の3Dモデリングツール

Blender
Blender上でアバターをカスタムするシーン

メタバースファッションの制作には、高度な3Dモデリングツールが欠かせません。ここでは、デジタルファッションの制作に適した、人気の3Dモデリングツールをいくつか紹介します。

Blenderは、無料で利用できるオープンソースの3Dモデリングソフトウェアで、初心者からプロまで幅広く利用されています。独自のインターフェースと多機能性が魅力です。

ZBrushは、高度な彫刻ツールを持つ3Dモデリングソフトウェアで、リアルなテクスチャやディテールを追求するクリエイターにおすすめです。

Marvelous Designerは、リアルな衣服のドレーピングや動きをシミュレートすることができるツールで、ファッションデザイナーに特に人気です。

筆者が実際に使うおすすめ3Dアバター制作サービス

上記は、ある程度技術力がないと操作ができず、思うようなデザインができません。そんなときはまず、手軽に始められるサービスからの利用がおすすめです。

Vroid Studio

Vroid Studio

VRoid Studioは、基本無料で利用できる3Dキャラクター制作ソフトウェアです。SNSアバターのようにテンプレートからのカスタムから、Unityを用いて本格的にカスタム・制作することができます。

VRoid Studio公式サイト

Vket Avatar Maker

Vket Avatar Maker

Vket Avatar Makerは、ブラウザ上で無料で利用できる3Dアバター制作サービスです。SNSアバターと同じ様に好きなパーツを選ぶだけで好みのアバターを作成することができます。作成したデータはダウンロードできるのでVroid Studio同様にUnityなどでカスタムすることも可能です。

Vket Avatar Maker公式サイト

デザインのポイントとヒント

メタバースファッションをデザインする際、単に現実のファッションを模倣するだけではなく、デジタル空間ならではの特性を活かしたデザインが求められます。まず、色彩の選択は非常に重要です。デジタル空間では、鮮やかな色やネオンカラーが映えるため、これを活用することで目を引くデザインを作ることができます。

次に、動きやアニメーションを取り入れることで、従来のファッションにはない動的な要素を加えることができます。例えば、衣服が使用者の動きに合わせて変化するデザインや、特定のシチュエーションで光るアクセサリーなど、インタラクティブな要素を取り入れると良いでしょう。

また、メタバース内でのファッションは、現実の物理的制約から解放されるため、浮遊するアクセサリーや透明な素材の使用など、斬新なアイディアを取り入れることが可能です。

メタバースとデジタルファッションの未来展望

メタバースとデジタルファッションの組み合わせは、これからのエンターテインメントやビジネスの新しい形を生み出しています。今、私たちが体験しているデジタルファッションの楽しさや便益は、未来においてさらに大きな変革をもたらす可能性があります。しかし、その未来はどのようなものなのでしょうか。

このセクションでは、メタバースとデジタルファッションが進化する中での未来の展望について考察します。技術の進歩や社会の変化が、どのようにデジタルファッションの世界を変えていくのか、そして私たちの生活にどのような影響を与えるのかについても触れていきます。この情報を通じて、新しい時代のファッションの可能性を一緒に探求していきましょう。

今後の技術的進化とトレンド

メタバースとデジタルファッションの世界は、日々進化し続けています。近年では、よりリアルなテクスチャーや動きを再現する技術が開発され、デジタルファッションの品質が飛躍的に向上しています。また、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術も進化し、これによりユーザーはより没入感のある体験を得ることができるようになっています。

トレンドとしては、サステナビリティを重視したエコなデジタルファッションや、ユーザー自身がデザインをカスタマイズできるアイテムが注目されています。また、特定のイベントやコラボレーション限定のデジタルファッションアイテムも人気を集めており、これらのアイテムはコレクターズアイテムとしての価値も高まっています。

メタバースファッションの社会的影響

メタバースの台頭に伴い、デジタルファッションもその影響を大きく受けています。この新しいファッションの形態は、単なる仮想空間でのアイテムとしての存在だけでなく、現実の社会にも多大な影響を及ぼしています。例えば、デジタルファッションを通じて、環境問題への意識が高まり、物理的な生産や廃棄による環境負荷を減少させる動きが加速しています。また、デジタルアイテムの取引を通じての新しい経済圏の形成や、若者を中心とした新しい価値観の形成も見られます。

さらに、メタバース内でのファッションは、個人のアイデンティティを表現する手段としても注目されており、多様性やインクルーシビティを重視した動きも強まっています。これは、現実のファッション業界にも新しい風をもたらす可能性があります。

メタバースファッションに関してよくある質問と回答

Q1:デジタルファッションとは何ですか?

デジタルファッションとは、物理的な実体を持たない仮想空間上でのファッションアイテムを指します。これは3Dモデリングツールやソフトウェアを使用してデザインされ、メタバースやゲーム内でのアバターが着用することができます。近年、環境問題への対応や新しい表現方法として注目されています。

Q2: メタバースでのアバター作成はどのように行うのですか?特にスマホでの方法は?

メタバースでのアバター作成は、専用のアバター作成ツールや3Dモデリングソフトウェアを使用して行います。スマホでの作成方法としては、専用のアプリを使用することが一般的です。多くのアプリでは、顔写真をアップロードするだけで3Dのアバターを自動生成する機能や、手動でのカスタマイズ機能が提供されています。

Q3: NFTファッションとは何でしょうか?また、NFTファッションデザイナーとはどのような役割を持つのですか?

NFTファッションとは、デジタルファッションアイテムをNFT(非代替性トークン)としてブロックチェーン上に登録し、所有権を証明する形で取引されるファッションを指します。NFTファッションデザイナーは、このようなデジタルファッションアイテムをデザインし、NFTとして発行・販売する役割を持ちます。彼らは従来のファッションデザイナーとは異なり、3Dモデリングやブロックチェーン技術に精通している必要があります。

Q4: デジタルファッションのブランドや企業にはどのようなものがありますか?

デジタルファッションの分野は急速に成長しており、多くのブランドや企業が参入しています。代表的なものとしては「The Fabricant」が挙げられます。彼らはデジタルオンリーのファッションブランドとして、高品質な3Dデザインのファッションアイテムを提供しています。また、従来のファッションブランドも、デジタルファッションの領域に進出し始めており、新しいコラボレーションやプロジェクトが続々と登場しています。

Q5: 顔写真から3Dアバターを作成する方法やツールはありますか?

はい、顔写真から3Dアバターを自動生成するツールやサービスがいくつか存在します。これらのツールは、アップロードされた顔写真を解析し、それに基づいて3Dのアバターモデルを生成します。一部のツールでは、生成されたアバターの髪型や服装などのカスタマイズも可能です。代表的なツールとしては「Ready Player Me」や「Wolf3D」などがあり、これらを使用することで簡単に3Dアバターの作成が可能です。

まとめ

メタバースとは、仮想空間の中での新しい社会やコミュニティを指す言葉です。近年、このメタバース内でのファッションが注目を集めています。この記事では、メタバースでのファッションの魅力や、その作り方について詳しく解説しました。

まず、メタバースファッションは物理的な制約を受けず、デザインの自由度が非常に高いことが特徴です。また、環境への影響が少ないサステナブルな取り組みとしても注目されています。さらに、ラグジュアリーブランドをはじめとする多くのブランドがNFT技術を活用し、デジタルファッションの販売や展開を行っています。

次に、メタバース内でのブランドのマーケティングについても触れました。ブランドの立ち位置や戦略、そしてマーケティングのヒントなど、成功するためのポイントを紹介しました。

また、デジタルファッションを作成するためのツールやテクニックについても詳しく解説。特に、3Dモデリングツールの選び方やデザインのポイントなどについても触れました。

最後に、メタバースとデジタルファッションの未来について考察。技術的な進化や新しいトレンド、そしてメタバースファッションがもたらす社会的影響についても触れました。

この記事を通じて、メタバースとデジタルファッションの魅力や、その作り方についての基本的な知識を得ることができるでしょう。興味を持った方は、ぜひ実際にメタバースの世界に足を踏み入れて、新しいファッションの可能性を探求してみてください。