Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

GA4のイベント・コンバージョン設定・削除手順とデータの見方

この記事では、GA4でイベントやコンバージョンといったサイトのゴールが達成されているかの確認をするための設定手順とデータの見方みついて順を追って解説します。

GA4では、イベントの設定が簡単にできるようになっており、複数のイベントを設定することが可能です。
また、イベントのトリガーには、Javascriptなどが使用できるため、細かな設定が可能です。

イベントやコンバージョンの追跡: Google Analyticsは、訪問者があなたのサイト上で実行するアクション(例えば、商品の購入、フォームのサブミットなど)を追跡することができます。

これにより、アクションの詳細なデータを収集し、アクションの効果やサイトの有効性を測定することができます。

なお、ブログで集客をしたい方に向けて以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご活用ください!

ブログの集客方法を歴10年のプロが徹底解説!成功へのステップとコツはこれだ!

\お知らせです!/

本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

GA4のイベント設定手順

Google Analytics 4(GA4)でイベントを設定するには、次のような手順を踏むことができます。

  1. GA4にログインし、目的のアカウント・プロパティ・ビューを選択します。
  2. 左側のメニューから「設定」を選択します。
  3. 「プロパティ」列内の「イベント」を選択します。
  4. イベントを新規作成します。
  5. カスタムイベント名や「一致する条件」の設定を行います。
  6. 「保存」をクリックして、設定を保存します。
  7. 設定が機能しているか、テストをします。
  8. コンバージョン設定する場合は、イベント発生後に「設定」内の「イベント」一覧からコンバージョンとしてマークを付けます。

それでは、順を追って解説してゆきます。

GA4の設定画面からイベントを選択する

まずは、GA4にログインし、目的のアカウント・プロパティ・ビューを選択します。

Google Analyticsへのアクセス・ログインリンクはこちら

次に、画面左下にある『設定』をクリックします。
設定画面内にある『プロパティ』列に『イベント』があるので、クリックします。

イベントを新規作成する

次に、表示される画面右上の方にある『作成』をクリックします。

GA4イベント設定画面

カスタムイベント名や一致する条件を設定する

次に、表示される詳細の設定画面で『カスタムイベント名』や『一致条件』を設定してゆきます。

GA4イベント設定画面

カスタムイベント名

カスタムイベント名は、任意の名前を入力します。
今回は、「メルマガページ到達」としました。

一致する条件

一致する条件では、イベントが発生する条件(例えば、特定のページが表示される)を設定してゆきます。

例えば、今回のケースはサイト内にあるページへの到達がイベントなりますので、1日行目は『値』を『page_view』とし、『パラメーター」と『演算子』はそのままにします。

次に『条件を追加』をクリックし、2行目を追加します。

『パラメーター』は『page_location』、『演算子』は『次を含む』、『値』には『ページパス』をそれぞれ設定・入力します。

【ページパスとは?】
ページパスとは、ドメインを抜いたページ固有のアドレスを指します。
例えば、今回のケースですと『https://up-blog.comsletter/』の測定なので、ドメイン『https://up-blog.com』を抜いた『/newsletter/』となります。

これでイベント発生条件が、『/newsletter/』を含むページが開かれた時。となりました。

最後に画面右上の『保存』をクリックしましょう。

イベントが無事に作成・保存できると、以下のような画面になります。

GA4イベント設定画面

イベントが機能するかテストをする

ここまでできたら、あとは機能するかのテストをするだけです。

まず、GA4の画面左にある『レポート』メニューにある『リアルタイム』を開きます。

次に、ブラウザをシークレットモードにしてイベント測定をするページを開きます。
しばらく(体感で1分以内)すると、『イベント数』のブロックに設定したイベントが表示されれば無事に設定完了となります。

GA4イベント発生確認画面

イベント発生の確認場所

GA4はリアルタイムデータを確認できますが、蓄積されたデータは翌日以降に反映されます。

確認場所は画面左メニューの『レポート』→『エンゲージメント』→『イベント』にて確認することができます。

GA4イベント確認画面

イベントをコンバージョンとして測定するための設定

サイトのゴールが達成されているのかをよりわかりやすくすため、イベントではなくコンバージョンとして設定するのは以下の手順となります。

イベントが発生した翌日以降にGA4の画面左下にある『設定』をクリックし、『プロバティ』列にある『イベント』をクリックします。

イベント一覧内には発生したイベントが表示されています。
設定をしたイベント列にある『コンバージョンとしてマークを付ける』をクリックしてONにすれば完了です。

GA4イベントをコンバージョンとしてマークを付ける画面

以降は『レポート』→『エンゲージメント』→『コンバージョン』から確認ができるようになります。

作成したイベントの削除・複製(コピー)の方法

GA4イベント設定画面

なお、作成したイベントは削除と複製することができます。

作成したイベント設定画面右上のマークをクリックするとメニューが表示されます。

コピーをクリックすると同じイベントが作成されるので、測定するページが異なるだけの場合などにとても便利です。

まとめ GA4のイベント設定は忘れずに行うのがおすすめです

以上がGA4でイベントとコンバージョンの設定手順と確認方法となります。

従来のUAと設定方法が異なり、最初は戸惑うかもしれませんがそこまで複雑ではありません。

運営するサイトがどれだけ集客・売上に貢献しているのかをテータとして可視化する上でとても大切な設定なので、ぜひトライしてみてください。

お知らせです!

最後に、本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

\効果実証済み!/
検証結果も公開しています。

AIを使ってWeb集客を楽にしませんか?!