デジタルツインとは?シュミュレーションやメタバースとの違いを実例を交え分かりやすく解説します

デジタルツインは、現代の技術革新の中で急速に注目を集めているキーワードの一つです。しかし、具体的に「デジタルツインとは何か?」や「どのようにビジネスにインパクトをもたらすのか?」「既存のシュミュレーションと一体何が違うのか?」「メタバースとは何が違うのか?」という疑問を持つ方も多いでしょう。

この技術は、物理的な現実世界をデジタル空間に再現することで、さまざまなシミュレーションや分析を可能にします。特にIoTの普及により、デジタルツインは製造業から都市計画まで、幅広い分野での活用が進められています。

本記事では、デジタルツインの基本的な概念から、そのビジネスへの具体的なインパクト、さらには実際の活用事例までを詳しく解説します。最後まで読むことで、デジタルツインを理解し、その可能性を最大限に活用するヒントとしていただければと思います。

目次

そもそもデジタルツインとは?

そもそもデジタルツインとは?

デジタルツインは、近年の技術トレンドとして多くの人々の関心を集めています。でも、一体どのようなものなのでしょうか?

デジタルツインとは、現実世界にあるモノやシステムをコンピューター上に再現した仮想モデルです。デジタルツインは、現実世界の情報とデータとをリアルタイムに同期させることで、現実世界と仮想世界を連動させ、現実世界をより効率的に管理・運用することができます。

例えば、工場の機械や建物、さらには都市全体をコンピュータ上で模倣することができます。この技術を利用することで、さまざまなシミュレーションや予測を行うことが可能になります。

このセクションでは、そんなデジタルツインの基本的な概念を、わかりやすく解説します。デジタルツインがどのように機能するのか、そして私たちの日常やビジネスにどのような影響をもたらすのかを、具体的な例を交えてご紹介します。

デジタルツインの定義と特徴

先述した通り、デジタルツインは、現実の物理的な対象やプロセスをデジタル上で再現する技術のことを指します。具体的には、センサーやIoT(インターネット・オブ・シングス)を通じて収集されたデータを基に、コンピュータ上でその対象の動きや振る舞いをシミュレートします。この技術の最大の特徴は、現実とデジタルの間のギャップを埋めることができる点にあります。

つまり、よりリアルに近い状況を作り出し、「もしこうだったらどうなるか?」といった予測をより現実的にシュミュレーションできる。ということになります。

デジタルツインの利用により、製品の設計段階でのシミュレーションや、設備の運用時の予知保全、さらには都市計画のシミュレーションなど、多岐にわたる分野での応用が期待されています。また、デジタルツインはリアルタイムでのデータ反映が可能であり、これにより迅速な意思決定や効率的な運用が実現されます。

日本国内では、国土交通省が主導のもと、日本全国の3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化プロジェクトPLATEAU(プラトー)が代表的な例として挙げられます。

PLATEAU公式サイト

参考記事:デジタルツインの実現に向けて連携を拡充

デジタルツインとシミュレーションの違い

デジタルツインと従来のシミュレーションは、ともに現実の現象やプロセスをデジタル上で再現することを目的としていますが、そのアプローチや活用方法には大きな違いがあります。従来のシミュレーションは、特定の条件下での現象やプロセスの予測を目的としています。一方、デジタルツインは、現実のデータをリアルタイムで取り込み、そのデータを基にシミュレーションを行うことで、現実の動きをデジタル上で再現します。

この違いにより、デジタルツインは現実の変化に迅速に対応することが可能となり、より高度な意思決定や効率的な運用が期待されます。従来のシミュレーションが「予測」を重視するのに対し、デジタルツインは「再現」と「最適化」を重視すると言えるでしょう。

例えば、大きな建設を行う際、従来であれば模型などを作成し、様々なデータをもとに「こんな感じ」といった予測を行っていたのに対し、デジタルツインの場合、これまでのデータを元に再現された中で「もしこうなったら」とその後のシュミレートまでも行うことができます。

デジタルツインとメタバースの違い

メタバースとデジタルツイン

先にも解説した通り、デジタルツインとは、現実世界にあるモノやシステムをコンピューター上に再現した仮想モデルです。デジタルツインは、現実世界の情報とデータとをリアルタイムに同期させることで、現実世界と仮想世界を連動させ、現実世界をより効率的に管理・運用することができます。

対してメタバースとは、インターネット上の仮想空間です。メタバースでは、ユーザーは自分の分身であるアバターを使って、他のユーザーと交流したり、ゲームをしたり、ショッピングをしたりすることができます。

デジタルツインとメタバースは、どちらも仮想空間を活用した技術ですが、目的や用途が異なります。デジタルツインは、現実世界をより効率的に管理・運用するために使用される一方、メタバースは、ユーザーが仮想空間で自由に過ごすために使用されます。

つまり、デジタルツインは技術であり、メタバースは空間を指します。

デジタルツインとメタバースは、今後ますます相互に関連していくと考えられています。たとえば、デジタルツインを活用して仮想空間を構築したり、メタバースを活用してデジタルツインを操作したりすることで、現実世界と仮想世界をよりシームレスに連動させることができます。

実際に人気のメタバースFortuneでは、現実世界に模したワールドがあり、リアル×バーチャルを体験できたりもします。また、観光産業などでも遠方にある土地をデジタルツインで再現し、メタバースで訪問、旅行を擬似体験する。そのドチについて理解を深める機会を創る。などといった試みが始まっています。

デジタルツイン普及の背景にあるIoTとDX化

デジタルツインが現代の技術トピックとして注目されるようになった背景には、何があるのでしょうか?

デジタルツインの概念自体は新しいものではありませんが、近年、特に注目されるようになった理由は、さまざまな技術の進化と普及にあります。例えば、IoT(モノのインターネット)の普及により、物や場所からリアルタイムで大量のデータを収集することが容易になりました。このデータを基に、デジタル上での再現やシミュレーションが可能となり、デジタルツインの価値が高まってきました。

このセクションでは、デジタルツインがどのようにして現代のビジネスや社会に浸透してきたのか、その背景とともに進化の過程を解説してゆきます。

IoTの普及とデジタルツイン

IoT

近年、IoT(Internet of Things)の普及が進む中、デジタルツインの重要性も急速に高まっています。なぜなら、IoTは、さまざまなデバイスや機器をインターネットに接続し、データを収集・共有する技術のため、現実の物理的な環境からのデータ収集が容易になってきているからです。

デジタルツインは、これらのリアルタイムデータを活用して、現実の状況をデジタル上で再現・予測することが可能なため、より素早くて現実的なシュミレーションをもとに現実にフィードバックし、そのデータをまたIoTを通して収集する…。というサイクルを生み出すことができます。

IoTの普及は、デジタルツインが現実の世界とシームレスに連携するための基盤を提供しており、その結果、ビジネスや産業の最適化、効率化が進められています。

デジタルトランスフォーメーション(DX)との関連性

DX

デジタルトランスフォーメーション、略してDXは、企業や組織がデジタル技術を取り入れ、ビジネスプロセスや文化、顧客体験を根本的に変革する動きを指します。このDXの中心に位置するのが「デジタルツイン」です。デジタルツインは、物理的な製品やプロセスをデジタル上で再現することで、リアルタイムのデータ分析やシミュレーションを可能にします。

電通デジタルによると、2022年の時点でDX着手企業は84%と発表があり、コロナ禍前の2019年よりも14%増加と加速している傾向にあります。

参考記事:DX着手企業は84%に達し「全社変革期」へ

DX化が進むと釣れる形で膨大なデータが生まれます。これらをIoTで収集したり、AIで分析をしたりしながらデジタルツインでより効率的なシュミレーションを行う。そしてそれを元にフィードバックを行う。というのが今の流れです。

DXの推進において、デジタルツインは新しいビジネスモデルの創出や、効率的な運用、さらには顧客体験の向上に貢献しています。これにより、企業は市場の変動に迅速に対応し、競争力を高めることができるとされています。

デジタルツインの主要な5つのメリット

デジタルツインの主要な5つのメリット

次にデジタルツインのメリットについて触れてゆきます。デジタルツインは、実際の物や環境をデジタル上で再現することで、さまざまな利点をもたらします。例えば、事前にシミュレーションを行ったり、問題点を早期に発見したりすることを可能にするといったこと。

また、リアルタイムでのデータ分析や最適化も行えるため、ビジネスの効率や品質の向上に大きく寄与します。

このセクションでは、デジタルツインがもたらす主要なメリットを、具体的な例や実際の効果を交えてわかりやすくご紹介します。

設備の効率的な保全と管理を可能にする

デジタルツインの技術は、設備の運用と保守を革命的に変えいるとされます。なぜなら、従来は設備の故障や問題が発生した後に対応する「反応的」なアプローチが一般的だったのに対し、デジタルツインを活用することで、リアルタイムのデータ分析を基に「予防的」なメンテナンスが可能となるからです。

具体的には、デジタルツインを使用することで、設備の異常を事前に検知し、必要な保守作業を計画的に行うことができます。これにより、ダウンタイムの削減や設備の寿命の延長、さらにはコスト削減にも繋がります。

品質の向上とリスクの低減を可能にする

デジタルツインは、製品やサービスの品質を向上させるための強力なツールとして注目されています。例えば、現実の環境での製品の動作や性能をシミュレートし、事前に問題点や改善点を特定し、製品の欠陥やリスクを大幅に低減することを可能にするなどが挙げられます。

また、デジタルツインを活用することで、市場投入前のテストや検証をより効率的に行うことができ、製品の品質を一貫して高めることができます。これは、顧客満足度の向上やブランドの信頼性を高めるための鍵となります。

ビジネスプロセスの最適化とコスト削減を可能にする

デジタルツインは、ビジネスプロセスの最適化とコスト削減のための革命的な技術として、多くの企業に採用されています。例えば、リアルタイムでのデータ分析とフィードバックが可能となり、企業は製品のライフサイクル全体での効率的な意思決定を行うことなどが挙げられます。

具体的には、製造業での生産ラインの効率化、物流業界での配送ルートの最適化、サービス業での顧客体験の向上など、さまざまな業界での利益向上とコスト削減が期待されています。デジタルツインを導入することで、企業は競争力を高め、持続可能な成長を実現することができるのです。

遠隔での作業支援・技能伝承

従来であれば実際に対面したり、その場にいないと行えない事が多くありましたがこの課題解決にもデジタルツインは貢献することができます。例えば、遠隔であっても双方に同じ環境が再現されていれば具体的にどこをどうすればよいのか。などといったことを指示したり教えることが可能となります。

国内にとどまらず、海外とも同じ環境で行えるため、タイムラグの発生なくプロジェクトを進行させたり、開発に関わることなどもできるため、様々な分野で導入が進められています。

災害や社会問題へのアプローチ

デジタルツインは、製品の開発のみならず、火災や台風などといった災害に対しても避難訓練の計画立案や起こ得る課題や問題の洗い出しなどにも活用が期待されています。この他にも土地活用や農作業の効率化など、様々な社会問題に対しても有効なアプローチな手段として注目を浴びています。

デジタルツインを支える4つの先進技術

デジタルツインを支える4つの先進技術

デジタルツインが実現する驚異的な再現性や分析能力は、単独の技術だけでなく、複数の先進技術の組み合わせによって支えられています。では、具体的にどのような技術が関わっているのでしょうか?

デジタルツインを実現する背後には、物や場所からのデータ収集を可能にするIoT(モノのインターネット)、そのデータを高速に伝送する5G、そしてデータを解析し最適な結果を導き出すAI(人工知能)など、多くの技術が連携しています。これらの技術が組み合わさることで、デジタルツインはその真価を発揮します。

このセクションでは、デジタルツインを支えるこれらの4つの先進技術について、その役割や特徴を解説します。

IoTによるデータ収集

デジタルツインの実現には、IoT(Internet of Things)の技術が不可欠です。IoTは、さまざまなデバイスや機器をインターネットに接続することで、リアルタイムでのデータ収集と共有を可能にします。このデータは、デジタルツインの「双子」の部分として、現実の物理的なオブジェクトの状態や動きを正確に反映するための情報源となります。

例えば、工場の機械や建物、車などのセンサーから収集されるデータは、デジタルツインを通じてリアルタイムで分析され、最適な運用やメンテナンスの判断材料として活用されます。このように、IoTの技術はデジタルツインの基盤として、その価値を最大限に引き出す役割を果たしています。

AIによるデータ解析と予測

デジタルツインの真価は、単に現実をデジタル上で再現するだけでなく、将来の動向や予測を行うことにあります。ここでAI(人工知能)の役割が極めて重要となります。IoTデバイスから収集される膨大なデータを、AIが高速に解析。これにより、機器の故障予測や、生産効率の最適化など、ビジネス上の意思決定をサポートする貴重な洞察を提供します。

例えば、工場の機械が発する微細な振動や音をAIが解析することで、故障の兆候を早期にキャッチし、予防メンテナンスを行うことが可能となります。これにより、突然の機器の停止や生産ロスを防ぐことができるのです。

5Gの高速通信とリアルタイム反映

デジタルツインの効果を最大限に引き出すためには、リアルタイムでのデータのやり取りが欠かせません。ここで、5Gの高速通信技術が大きな役割を果たします。5Gは、従来の通信技術と比べて圧倒的な速度でデータを転送することができ、現実の変化をデジタルツイン上で即座に反映させることが可能となります。

例えば、都市の交通状況や工場の生産ラインの動きなど、瞬時に変わる情報をリアルタイムでキャッチし、デジタルツイン上でのシミュレーションや予測に活用することができます。これにより、より正確で迅速な意思決定をサポートし、ビジネスの効率化や問題の早期発見ができるようになる。というわけです。

AR・VRの視覚化技術

デジタルツインは、物理的な現実とデジタルの世界をシームレスにつなぐ技術として注目されています。その中で、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)の視覚化技術は、デジタルツインの情報を直感的に理解しやすくするための重要な要素となっています。

AR技術を利用することで、現実の物理空間にデジタル情報を重ね合わせることができ、例えば工場の機械の上にリアルタイムの運用データを表示するなど、現場の作業効率を向上させることが可能です。一方、VR技術を活用することで、デジタルツインを完全な仮想空間として体験することができ、より深い理解やシミュレーションを行うことができます。

身近な例でいうと、ショッピングやイベントなどのエンタメ事業、将来的にはビデオ通話ではなく、ARとVRの融合した通話や会議が一般化するかもしれません。

これらの技術は、デジタルツインの情報を視覚的に表現し、ユーザーが直感的に情報を捉える手助けをしています。今後ますますデジタルツインの利用シーンがさらに拡大し、多岐にわたる業界での導入が進められるとされています。

デジタルツインの実際の活用事例

デジタルツインの実際の活用事例

では、デジタルツインは実際にどのように活用されているのでしょうか?

デジタルツインは、製造業から都市計画、さらにはエンターテインメントまで、多岐にわたる分野での活用が進められています。これらの事例を知ることで、デジタルツインの実際の効果やその適用範囲の広さを実感することができます。

このセクションでは、具体的なデジタルツインの活用事例を取り上げ、その背景や成果、そして今後の展望についてわかりやすく紹介します。

製造業における効率化と品質向上

デジタルツインは、製造業においてもその効果を発揮しています。製造プロセスの各段階でのデータをリアルタイムで収集・分析することで、生産効率の向上や品質の確保が可能となっています。

具体的には、デジタルツインを使用することで、製品の設計段階から生産、保守に至るまでの一連の流れをシミュレーションすることができます。これにより、設計の最適化や生産ラインの効率化、さらには製品の故障予測など、多岐にわたる課題への対応が可能となります。

また、実際の製造現場での機械の動作や部品の状態をリアルタイムでモニタリングし、異常を早期に検知することで、製品の品質を一貫して高めることができます。

ダイキンが工場の「デジタルツイン」、製造ラインの停滞予測しロス3割強減へ

旭化成の水素製造プラントで「デジタルツイン」、ベテランが異常対応をどこでも支援

参考資料:旭化成における「デジタル×共創」 によるビジネス変革

都市計画とスマートシティの実現

デジタルツインは、都市計画やスマートシティの実現においても非常に有効なツールとして注目されています。都市のさまざまな要素をデジタル上で再現し、シミュレーションを行うことで、より効率的で持続可能な都市開発が可能になるとされています。

具体的には、交通流や人の移動、エネルギー消費などのデータをリアルタイムで収集・分析することで、都市の問題点や改善点を明確にし、最適な都市計画を策定することができます。また、スマートシティの実現に向けて、エネルギーの効率的な利用や交通渋滞の解消、公共施設の最適な配置など、多岐にわたる課題への対応が期待されています。

総務省:デジタルツイン実装モデル「PLATEAU」の取組みについて

国土交通省:都市空間の統合デジタルツインの構築

災害対策とリスク管理の最適化

デジタルツイン技術は、災害対策やリスク管理の分野においてもその有効性が認識されています。この技術を活用することで、様々なシミュレーションをリアルタイムで行い、予測や対策の精度を高めることが可能となります。

具体的には、地震や洪水などの自然災害の発生時の影響範囲や被害状況をシミュレートし、事前にリスクを評価することができます。また、これらのデータを基に、避難経路の最適化や緊急時の対応策を策定することも可能です。さらに、都市や建物の構造をデジタル上で再現することで、様々なシナリオ下での影響を詳細に分析し、より効果的なリスク管理を実現することができます。

日本国内では、静岡県が実際にデジタルツインを災害対策として導入した事例などがあります。

NHK:デジタルが変える!防災の未来 - 記事 - 明日をまもるナビ

文部科学省:防災のデジタル化に関する取り組み

デジタルツインは今後どうなる?

デジタルツインは今後どうなる?

ここまででデジタルツインそのものや実例などに触れてきました。ここからはデジタルツインの今後について触れてみたいと思います。

現在、デジタルツインは多くの分野での活用が進められていますが、その技術や応用範囲は日々進化しています。今後、より高度な技術や新しいアイディアが組み込まれることで、私たちの生活やビジネスにもたらす影響は計り知れません。

このセクションでは、デジタルツインの今後の展望や期待される進化について、具体的なトレンドや予測をもとに詳しく解説します。

新しい技術の統合と進化

デジタルツイン技術は、その本質から常に進化し続ける技術と言えます。近年では、AIやIoT、5Gなどの先進技術との統合により、さらなる可能性が広がっています。これらの技術の統合により、デジタルツインは単なるデジタルの複製から、リアルタイムでの分析や予測、さらには自動化された意思決定へと進化しています。

具体的には、AI技術を活用することで、収集された大量のデータから有用な情報を抽出し、ビジネスや製造の最適化に役立てることができます。また、5Gの高速通信技術を活用することで、リアルタイムでのデータの収集や分析が可能となり、より迅速な意思決定をサポートします。

デジタルツインの今後の展望としては、これらの技術のさらなる統合や進化により、より高度なシミュレーションや自動化が期待されます。また、新しい技術の登場により、デジタルツインの活用範囲も拡大していくことが予想されます。

期待されるビジネスと社会へのさらなる貢献

デジタルツイン技術は、これまでのビジネスや社会に革命的な変化をもたらしてきました。しかし、その可能性はまだまだ広がりを見せています。近い未来において、デジタルツインはどのような影響をもたらすのでしょうか。

ビジネスの面では、製品の開発から生産、販売、アフターサービスに至るまでの一連の流れが、デジタルツインを活用することでより効率的かつ最適化されることが期待されます。特に、製品のライフサイクル全体を通じてのデータ収集と分析により、消費者のニーズに即応したサービス提供や、迅速な市場対応が可能となります。

社会的な側面では、デジタルツインは都市計画やインフラ整備、さらには災害対策など、多岐にわたる分野での活用が進んでいます。これにより、より安全で快適な生活空間の実現や、持続可能な社会の構築へと繋がることが期待されています。

デジタルツインに関してよくある質問と回答

Q1: デジタルツインとメタバースの関係や違いは何ですか?

メタバースは、仮想的なデジタル空間や世界を指し、ユーザーがアバターとして参加し、他のユーザーや環境と対話することができる空間を意味します。デジタルツインは、実際の物理的なオブジェクトやプロセスのデジタルコピーを作成する技術です。メタバース内で、デジタルツイン技術を使用することで、実際の物理的な環境やオブジェクトの動作や性能をリアルタイムで再現することが可能となります。つまり、デジタルツインはメタバースの一部として機能することができ、よりリアルな仮想体験を提供するためのツールとして活用されます。

Q2: デジタルツインのメリットとデメリットは何ですか?

デジタルツインのメリットは以下の通りです:

  • リアルタイムでのモニタリングと分析が可能。
  • 製品やプロセスの問題点を早期に発見し、対策を講じることができる。
  • 実際のテストや試験を行うことなく、仮想的な環境での試験や分析が可能。

デジタルツインのデメリットは以下の通りです:

  • 導入コストや維持コストが高い場合がある。
  • 実際の物理的な環境と完全に一致するデジタルツインを作成するのは難しい。
  • データのセキュリティやプライバシーの問題が考慮される必要がある。

Q3: デジタルツインはどのような企業や業界で活用されていますか?

デジタルツインは多岐にわたる業界での活用が進んでいます。特に、以下のような業界や分野での導入が進められています。

  • 製造業:製品の設計、生産、保守の各フェーズでの効率化や品質向上のため。
  • 建設業:建物やインフラの設計、建設、運用の最適化。
  • 医療:患者の体のデジタルツインを作成し、治療や診断のサポート。
  • 都市計画:スマートシティの実現や都市のリスク管理。
  • エネルギー:電力供給の最適化や再生可能エネルギーの効率的な利用。

Q4: デジタルツインとは「わかりやすく」説明するとどうなりますか?

デジタルツインは、実際の物や場所、プロセスの「デジタル版」を作る技術です。例えば、工場の機械や建物、さらには都市全体をコンピュータ上で再現し、その動きや状態をリアルタイムで見ることができます。これにより、問題を早く見つけたり、新しいアイディアを試したりすることができます。実際に物を動かす前に、コンピュータ上でシミュレーションすることで、より良い決定を下す手助けとなります。

まとめ

デジタルツインとは、現実の物や場所、プロセスをデジタル上で再現する技術のことを指します。この技術を利用することで、さまざまなシミュレーションや分析が可能となり、ビジネスの効率化や新しい価値の創出が期待されています。

本記事では、デジタルツインの基本的な概念から、その背後にある先進技術、さらには具体的な活用事例や今後の展望について詳しく解説しました。特に、IoTやAI、5G、AR・VRなどの技術がデジタルツインを支え、製造業や都市計画、災害対策などの分野での活用が進められていることを紹介しました。

デジタルツインは、現実世界とデジタルの境界を曖昧にし、新しいビジネスチャンスや社会的な価値を生み出す可能性を秘めています。これからの時代、デジタルツインはさらに進化し、私たちの生活やビジネスをより良くするための重要な役割を果たすようになることが期待されています。

今後の進化にますます目が離せませんね。

メタバース制作に関するご相談・ご依頼はこちら

メタバース制作依頼・ご相談はこちらから承っています