Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

最新版メタバース対応VRゴーグル一覧!特徴やおすすめ製品・選び方・使い方まで

メタバースの世界への入り口とも言えるVRゴーグル。最近注目を集めるメタバースとVRゴーグルを活用する方法を知りたいと思いませんか?この記事では、メタバースVRゴーグル入門と第しておすすめ製品と特徴、選び方わかりやすく解説しています。

まずは、メタバースに適したおすすめのVRゴーグルの選び方を紹介。次に、手に入れたVRゴーグルを使ってメタバースで楽しむ方法を詳しく説明します。

また、メタバースをVRゴーグルでどのように楽しむか、そしてビジネスやエンターテイメントでの活用方法を具体的に知ることができます。

メタバース用にVRゴーグルの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!

なお、メタバースについて詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ併せてご活用ください。

メタバースとは何か?概念・歴史・用途・プラットフォームなど分かりやすく解説します!

\この記事を書いている人/

佐藤 旭:起業家Vtuber / メタバースプロジェクト「Worweld」リーダー
2022年に初めてメタバースの世界に触れたことをキッカケに魅了され、「次世代のビジネスモデルをクリエイターと創り、他事業のマーケティングに貢献する」をコンセプトにメタバースプロジェクトを発足。
地方創生のメタバースプロジェクト参画や、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」内のイベント登壇などの経験があります。

メタバースとVRゴーグルの関連性と体験方法とは

メタバースとVRゴーグル:驚くべき関連性と体験方法

メタバースとVRゴーグルは、一見別々の世界に見えますが、実は深く関連しており、驚くべき体験が可能になります。

このセクションでは、メタバースとVRゴーグルがどのように連携しているのか、その関連性について詳しく解説します。

また、VRゴーグルを使用したメタバースの体験方法や、その魅力も掘り下げていきます。

このパートを読むことで、メタバースとVRゴーグルの相互作用を理解し、より深いメタバース体験の可能性を知ることができます。

これにより、次世代のデジタル空間であるメタバースを、最大限に楽しむための知識を得ることができるでしょう。

メタバースとVRゴーグルの相互作用:どのように連携しているか

メタバースは、PCやスマホでも体験できますが、VRゴーグルを装着することで更に没入感と表現力が増し、「あたかもその空間にいるかのような」体験をすることが出来ます。

VRゴーグルのことをヘッドマウントディスプレイ(HMD)とも呼びますが、装着するかどうかで感じる価値は恐らく数倍以上ことなります。というのも、僕自身がまさにそうだったからです。

メタバースの枠組みは、人工知能、ブロックチェーン、モノのインターネット、仮想現実、拡張現実、量子コンピューティングなど、さまざまな技術に基づいています。これらの技術が連携して、ユーザーにインタラクティブな3D世界を提供します。HMDの助けを借りて、ユーザーはコンピューターベースの能力を活用し、メタバースの3D世界に没入することができます。

メタバースとVRゴーグルの組み合わせは、比類なき体験をもたらします。ユーザーがVRヘッドセットに接続すると、3次元のオブジェクトや環境をナビゲートし、相互作用することができます。HMDを使えば、ユーザーは自分のアバターを操作して、仮想世界を探索することができます。これらのアバターは、ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズすることができ、パーソナライズされたデジタル体験を提供することができます。

VRゴーグルでのメタバース体験のメリット

メタバースは進化し続けるデジタル環境であり、VRゴーグルでそれを体験することで、ユニークなメリットが得られます。それはなんといっても「没入感のある体験」です。

VRゴーグルを装着することで、より肉眼で視認した状況に近くなり、更に立体音源なため、空間にいる感じが圧倒的に変わってきます。

更には、リモコンを使うことでの動きをトラッキングしてくれるため、例えば「手をふる」「物を掴む」「物を投げる」「ポーズを決める」「絵を描く」といった肉体とほぼ変わらない動きや体の表現がメタバース内でも可能になります。

そうすることで、ユーザーはメタバースを非常に詳細でリアルなビジュアルでリアルタイムに体験することができます。これにより、ユーザーは仮想世界を探索し、リアルに対話することができます。

PCやスマホの「画面越し」と大きく異るこの体験は、最初はなれるまで3D酔いしてしまう方もいますが、代替が利かないため、没入する方が増えている傾向にあります。

実際に筆者である僕も、Meta Quest2を体験を機にメタバースそのものの捉え方が代わり、一気にその世界へと飛び込む決意をするほどでした。

メタバース向けVRゴーグルの選び方:特徴とおすすめ製品解説

メタバース向けVRゴーグルの選び方:特徴とおすすめ製品解説

メタバース向けのVRゴーグル選びは、最初めちゃくちゃ悩むと思います。というのも、具体的に差が何なのかがわからないですし、価格もそこそこ高いからです。

そこでこのセクションでは、メタバース体験に適したVRゴーグルの特徴や選び方について詳しく解説し、さらにおすすめの製品もご紹介します。

このパートを読むことで、メタバースに最適なVRゴーグルを選ぶ際のポイントや、市場で人気の製品を知ることができます。

これにより、自分に合ったVRゴーグルを選べ、メタバース体験をより充実したものにするための助となったらとても嬉しいです。

では、どんな製品があるのか、どのように選べばいいのか、ぜひこのパートを読んで確認してみてください。

メタバースに適したVRゴーグルの機能と特性

メタバース用のバーチャルリアリティヘッドセットを選ぶ際には、いくつかの機能や特性を考慮する必要があります。まず、プロセッサやRAMなどの内部ハードウェアは、デバイスの全体的な性能に影響するため、考慮することが重要です。次に、OLEDやLCDといったディスプレイの種類を考えることが重要です。これらに加えて、内蔵トラッキング、コントローラー、ビューの可視性など、メタバース体験をより良いものにするためのさまざまな機能があります。それぞれをより詳しく探ってみましょう。

プロセッサーとRAM

VRヘッドセットを選択する際には、内部のハードウェアを考慮することが不可欠です。プロセッサとRAMは、VRヘッドセットが「メタバース」に対応できるかどうかを確認する上で重要な要素です。特に、Qualcomm Snapdragon XR2 Platformは、高度なAI機能と6GBのRAMを搭載し、最高の処理能力を発揮します。これにより、メタバース体験がスムーズでシームレスになることを保証します。

ディスプレイ

ディスプレイもまた、メタバース体験の重要な要素です。ディスプレイを選ぶ際には、解像度と視野角を考慮することが重要です。例えばMeta社のQuest 2は、1832×1920の解像度と最大72°の視野角を提供します。これにより、あなたのメタバース体験は、シャープでクリア、そして豊かな色彩で映し出されることでしょう。

トラッキング

仮想環境と正確に対話するためには、トラッキングが不可欠です。特に、インサイド・アウト・トラッキングは、ヘッドセット本体のカメラを使って環境をトラッキングするため、最も高い精度を実現します。トラッキングにより、頭を動かしても、仮想空間の世界は滑らかなままです。

コントローラー

仮想環境とのインタラクションには、コントローラーが必要です。選択したヘッドセットに、必要なインタラクションのタイプに対応したコントローラーが搭載されていることを確認してください。例えば、Oculus Quest 2には2つのOculus Touchコントローラーが付属しており、メタバースの世界と自然にインタラクションすることが可能です。

ビューの視認性と快適性

最後に、ヘッドセットの視界の見え方と快適さを考慮することが重要です。ヘッドセットが軽量で、頭に心地よくフィットし、没入感のある体験を提供するものであることを確認してください。Lenovo ThinkReality A3は広い視野を提供し、メタバース体験の没入感と快適性を保証します。

スタンドアロンか否か

スタンドアロン型VRゴーグルとは、パソコンやスマートフォンといった外部機器を一切必要とせず、VRゴーグル単体で動作するVR機器のことを指します。

スタンドアロン型VRゴーグルには、プロセッサーやセンサー、ディスプレイ、レンズ、バッテリーなどが内蔵されており、これ一つでVR動画やVRゲームなどを楽しむことができます。

スタンドアロン型VRゴーグルのメリットは、外部機器や配線などの手間がなく、手軽に高品質なVRを楽しめることです。対してデメリットは、バッテリーの持ち時間や拡張性に乏しいところです。

PC接続型はより高度な表現ができ、拡張性に優れる分、接続をするPCの必要最低スペックが高いため総額がスタンドアロン型に比べて高くなります。

メタバースやVR手軽に楽しみたい方は、スタンドアロン型。開発やVtuberとして配信者になりたいといた方の場合はPC接続型でハイスペックなPCとセットで活用するのが一般的です。

おすすめのメタバース対応VRゴーグル紹介

優れたメタバースヘッドセットの主な特徴を理解したところで、市場で最も推奨される製品をいくつか見てみましょう。これらのヘッドセットはいずれも、ハイパワープロセッサー、インサイドアウトトラッキング、コントローラーなど、上で述べたような機能を備えています。

Meta Quest 2

Meta Quest 2

スタンドアロン型のMeta社のVRゴーグルで、気軽にVRやメタバース体験ができるのが特徴です。Facebookとの連動もでき、メッセンジャー機能やスクリーンショットやキャプチャー動画をそのまま投稿することも出来ます。

  • メーカー:Meta(アメリカ)
  • 価格:59,400円〜
  • ストレージ容量:128GB(256GBモデルもあり)
  • 製品重量:503g
  • バッテリー寿命:約2〜3時間(使用するアプリや用途による)
  • フル充電にかかる時間:約2時間
  • グラフィック:片目当たり1832 x 1920ピクセル リフレッシュノート 60Hz / 72Hz / 90Hz
  • IPD瞳孔間距離:手動調整 56−70mm
  • 主な対応メタバースやゲーム: VRChat, NeosVR, Somnium Space

メーカー公式サイト

Pico 4

Pico 4

スタンドアロン型のVRヘッドセットでは最安値クラスでありながら、Quest2よりも高解像度なのが特徴です。

  • メーカー:Pico Interactive(中国)
  • 価格:49,000円〜
  • ストレージ容量:128GB / 256GB
  • 製品重量:550g
  • バッテリー寿命:約2〜3時間(使用するアプリや用途による)
  • フル充電にかかる時間:約2時間
  • グラフィック:片目あたり 4320✕ 2160ピクセル リフレッシュノート 72Hz / 90Hz
  • IPD瞳孔間距離:手動調整 58−72mm
  • 主な対応メタバースやゲーム: VRChat, NeosVR, Somnium Space

メーカー公式サイト

PICO
¥49,000 (2023/04/20 10:06時点 | Amazon調べ)

HTC Vive Cosmos

HTC Vive Cosmos

PC接続型でモジュール式のデザインやフリップアップ式のディスプレイを採用したVRゴーグルです。モジュール式のデザインにより、さまざまなシーンに合わせてカスタマイズできます。また、フリップアップ式のディスプレイにより、VR空間と現実空間を簡単に切り替えられます。(いちいち頭からゴーグルを外さなくて良い)

  • メーカー:HTC(台湾)
  • 価格:9万円前後〜
  • ストレージ容量:N/A(PC接続)
  • 製品重量:645g
  • バッテリー寿命:N/A(有線接続)
  • グラフィック:片目あたり1440 x 1700ピクセル リフレッシュノート 72Hz / 90Hz
  • IPD瞳孔間距離:手動調整 58−72mm
  • 主な対応メタバースやゲーム: VRChat, NeosVR, Somnium Space

メーカー公式サイト

HTC
¥98,000 (2023/04/20 11:16時点 | Amazon調べ)

Valve Index

Valve Index

PC接続型で、トラッキング機能に長けている「全身」でVR体験をしたいユーザーに人気のヘッドセットです。コントローラーには87のセンサーが搭載されているため、握力や指1本ほどの動きまでトラッキングします。

  • メーカー:Valve Corporation(アメリカ)
  • 価格:約16万円〜(フルセットの場合)
  • ストレージ容量:N/A(PC接続)
  • 製品重量: 809g
  • バッテリー寿命:N/A(有線接続)
  • グラフィック:片目あたり1440×1600ピクセル リフレッシュノート 120Hz
  • オーディオ:デュアルステレオスピーカー/デュアルマイク
  • IPD瞳孔間距離:手動調整 58−70mm
  • 主な対応メタバースやゲーム: VRChat, SteamVR, Half-Life: Alyx

メーカー公式サイト

HP Reverb G2

HP Reverb G2

PC接続型Microsoft Flight Simulatorに最適なヘッドマウントディスプレイとして認定されているVRゴーグルです。

  • メーカー:HPだがHP/Valve/Microsoftの3社共同開発(アメリカ)
  • 価格:約13万円〜
  • 容量:N/A(有線接続)
  • 製品重量: 550g
  • バッテリー寿命:N/A(有線接続)
  • グラフィック:片目あたり2160×2160ピクセル リフレッシュノート 90Hz
  • IPD瞳孔間距離:手動調整 58−72mm
  • 主な対応メタバースやゲーム: VRChat, Sansar, Rec Room

メーカー公式サイト

ヒューレット・パッカード(HP)
¥86,509 (2023/04/20 16:38時点 | Amazon調べ)

Varjo Aero

Varjo Aero

PC接続型の ハイエンド向け、超高解像度ディスプレイ、プロフェッショナルユースなVRゴーグルです。

  • メーカー:Varjo(フィンランド)
  • 価格:約34万円〜
  • 容量:N/A(有線接続)
  • 製品重量:717g
  • バッテリー寿命:N/A(有線接続)
  • グラフィック:片目あたり 2880×2720ピクセル リフレッシュノート 90Hz
  • IPD瞳孔間距離:手動調整 58−71mm
  • 主な対応メタバースやゲーム: VRChat, Mozilla Hubs, Bigscreen

メーカー公式サイト

Microsoft HoloLens 2

Microsoft HoloLens 2

スタンドアロン型で、透過型ホログラフィックレンズ(ウェーブガイド)を使用し、解像度が2k 3:2の高品質なミックスドリアリティ体験を提供。医療従事者や教育現場を想定した企業向けアプリケーション対応の高い拡張性が特徴のVRゴーグルです。完全に開発者向けです。

  • メーカー:Microsoft(アメリカ)
  • 価格:約42万円〜
  • 容量:64GB
  • 製品重量:566g
  • バッテリー寿命:約3時間
  • フル充電にかかる時間:約2時間
  • グラフィック:片目あたり2048×1080ピクセル リフレッシュノート 72Hz / 90Hz
  • IPD瞳孔間距離:手動調整 58−72mm
  • 主な対応メタバースやゲーム: VRChat, NeosVR, Somnium Space

メーカー公式サイト

メタバース体験に最適なVRゴーグルの決め方・選び方

VRゴーグルの価格と性能のバランスは、メタバース体験を最大限に楽しむための重要な要素です。このパートでは、メタバース向けVRゴーグルのコストパフォーマンスを比較し、あなたに最適な製品を見つけるお手伝いをします。

ここでは、さまざまな価格帯のVRゴーグルの性能や機能を紹介し、それぞれの製品の特徴を比較しています。この情報を参考にすることで、予算に応じて最適な製品を見つけることができます。

コスパが良い製品を選ぶことで、メタバース体験をより手頃な価格で楽しむことが可能になります。ぜひこのパートを読んで、あなたにぴったりのVRゴーグルを見つけてください。

VRゴーグルは「どこまでやるか」で決めると良いです

まず、選び基準として「ゲームやVRを手軽に体験するに留めるか」「本格的にVtuberやメタバーサーとして活動してゆくのか」で別れてゆきます。

前者であれば、「Meta Quest2」もしくは「Pico4」が価格もVRゴーグルの中では値頃でしばらくは腐りません。

逆に後者であれば、価格が倍以上に跳ね上がるのと、連動して使うPCのスペックの最低環境が高いため、VRゴーグルだけではなく、PC環境との相性も併せて考慮したり予算組をする必要があります。

VRゴーグルはメタバース以外の用途にも使える

ここまでの内容だと、「VRゴーグル=メタバース」と捉えられてしまうかもしれませんが決してそうではありません。

僕の場合、「とりあえず有名所でMeta Quest2だな。」という選択の仕方ですが、購入から半年たっても後悔は一切していません。

というのも、VRゴーグルはメタバース以外にも「VRゲームを遊ぶ」「動画を視聴する」といったことにも使えるからです。

VR専用のゲームは価格帯が3,000円前後のものが多くて値ごろです。没入感のあるゲームはかなり面白いので、極論メタバースに飽きたらゲームをするのも全然ありです。

また、YouTubeや各社の動画サービスに対応しているものが多いため、より没入感のある映画鑑賞を楽しむといった使い方もできます。

以上のことから、「メタバースもできるVRゲーム機を購入した」と考えれば初心者は「Meta Quest2」か「Pico4」を購入すればまず腐らないでしょう。

メタバースでのVRゴーグル活用:ビジネスとエンターテイメントの可能性

メタバースでのVRゴーグル活用:ビジネスとエンターテイメントの可能性

メタバースは、VRゴーグルを活用することでビジネスやエンターテイメントの分野で無限の可能性を秘めていますが、「とはいえ、実際はどうなのだろう?」と思われることもあると思います。

そこでこのパートでは、メタバースでのVRゴーグルの活用方法を紹介し、あなたのビジネスや楽しみ方に新たな視点を提供します。

ここで紹介する活用例は、コミュニケーションやコラボレーションの向上、新しいマーケティング手法、没入感のあるエンターテイメント体験など、幅広い分野にわたっています。

このパートを読むことで、メタバースでのVRゴーグル活用のアイデアを得ることができ、あなたのビジネスや趣味に役立てることができます。さあ、この先のメタバースでのVRゴーグル活用の可能性を探求してみましょう。

メタバースにおけるVRゴーグル活用のビジネス事例

メタバースは、VRゴーグルを様々な用途に活用する絶好の機会を企業に提供することができます。企業は、世界中に散らばる従業員のリモートワークやコラボレーションのために、仮想ワークスペースや「テレプレイス」を構築することができます。その結果、エンゲージメントが高まり、コミュニケーションやコラボレーションが円滑になり、最終的にはより生産性の高い職場となる。さらに、メタバースは、企業が仮想空間を好きなようにクリエイティブなデザインにカスタマイズする能力を提供します。仮想の役員室や模擬ワークエリア、チームビルディングやネットワーキングのための活発で魅力的なソーシャルエリアなど、さまざまなものが考えられます。また、この技術を利用して、顧客に没入型のショッピング体験を提供し、インタラクティブでパーソナライズされた仮想環境を提供することも可能です。

メタバースでVRゴーグルを使用する企業にとって、もう一つの可能性はマーケティングの分野です。企業は、顧客と自社ブランドとのより有意義なつながりを提供する仮想イベントや体験を作ることができます。ハプティクス、モーションキャプチャ、ハンドトラッキングなどの技術を活用することで、消費者の感情を喚起し、ロイヤリティを高める没入感の高い体験を実現することができるのです。

エンターテイメント分野でのVRゴーグル利用の可能性

VRゴーグルは、ユーザーに没入感のあるバーチャル体験を提供するために、エンターテインメント分野でも活用することができます。例えば、メディア企業はメタバースの力を活用し、インパクトのあるインタラクティブな体験を提供することができます。インタラクティブな機能を備えた没入感のある世界を作ったり、ゲームやバーチャルスポーツ、ソーシャルネットワーキングなどのアクティビティに参加するための共有スペースを作ったり、ただぶらぶらしたりすることができます。このような体験は、ユーザーに、単なる観察者ではなく、実際に世界の一員であるという感覚を与えることができます。

VRゴーグルは、没入感のある体験だけでなく、ユーザーのためのバーチャルなアクティビティやイベントにも利用できます。例えば、トリビアゲームや好きなアーティストのコンサートなど、ユーザーが参加できるインタラクティブなイベントを設定することができます。このような技術を使えば、ユーザーが再びこのようなアクティビティに参加したくなるようなインセンティブを常に与えられるので、エンゲージメントとスティッキネスを大いに高めることができます。

メタバースにおけるVRゴーグルの活用の可能性は無限大です。企業もエンターテインメント企業も、このテクノロジーを活用して、強力な没入体験を実現することができます。仮想ワークスペース、没入型仮想イベント、インタラクティブなメディア体験など、VRゴーグルを活用することで、ユーザーに製品やサービスとのユニークで有意義な接点を提供することができます。メタバースへの参入を目指すなら、VRゴーグルはうってつけかもしれません。

メタバースのVRゴーグルについてよくある質問と回答集

Q1: メタバースとVRの違いは何ですか?

メタバースは仮想世界の総称で、デジタル空間でのインタラクションや活動が行われる場です。一方、VR(仮想現実)は、コンピューター技術を使って現実をシミュレートした環境で、ユーザーが没入感を持って体験できる技術です。メタバースはVRゴーグルを使って没入感のある体験が可能ですが、VRゴーグルがなくてもスマートフォンやPCでアクセスできます。

Q2: メタバースでのVRゴーグル活用のメリットは何ですか?

VRゴーグルを使うことで、メタバース内での没入感や現実感が向上します。また、VRゴーグルを通して、より自然なアバター操作やコミュニケーションが可能になり、ビジネスやエンターテイメントの活用範囲が広がります。さらに、VRゴーグルを使うことで、仮想空間での設計やシミュレーションがリアルタイムで行えるため、効率的な作業が可能になります。

Q3: メタバースでのVRゴーグルなしでの体験はどのようになりますか?

VRゴーグルがなくても、スマートフォンやPCを利用してメタバースにアクセスすることができます。ただし、VRゴーグルを使った場合に比べて没入感や現実感は低くなります。また、アバター操作やコミュニケーションもマウスやキーボード、タッチ操作に限定されるため、VRゴーグルを使った場合ほど自然な操作は難しいかもしれません。しかし、手軽にメタバースを体験できるため、VRゴーグルを持っていないユーザーでも楽しむことができます。

まとめ

以上がメタバースに対応したVRゴーグルと選び方などでした。まとめると…。

  1. メタバースとは、デジタル空間でのインタラクションや活動が行われる仮想世界です。VRゴーグルを使うと、メタバースでの体験がよりリアルで没入感が高まります。

  2. メタバース向けのVRゴーグルを選ぶ際は、解像度やフレームレート、快適さ、価格などのポイントをチェックして、自分に合った製品を選びましょう。

  3. VRゴーグルの価格と性能を比較して、コストパフォーマンスが良い製品を見つけることが大切です。おすすめの製品も調べてみましょう。

  4. メタバースでのVRゴーグル活用は、ビジネスやエンターテイメントの可能性が広がります。たとえば、仮想空間での設計やシミュレーションがリアルタイムで行えたり、コミュニケーションが自然になったりします。

  5. VRゴーグルがなくても、スマートフォンやPCを使ってメタバースを楽しむことができます。ただし、VRゴーグルを使った場合ほどの没入感は得られません。

メタバースとVRゴーグルを使った仮想世界の体験は、今後ますます発展していくことが期待されています。自分に合ったVRゴーグルを見つけて、メタバースの世界を楽しみましょう!