Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

ランディングページの効果を高める戦略と成果を出す最適化5つのコツ

ランディングページの効果を高める戦略と成果を出す最適化5つのコツ

ランディングページは、デジタルマーケティングの世界で成功を収めるためのカギを握る存在です。しかし、その効果を存分に引き出すには、緻密な戦略と実践的なノウハウが欠かせません。

この記事では、ランディングページの効果を飛躍的に高める戦略と、目に見える成果を生み出すための秘訣をお伝えします。

まずは、ランディングページの目的をしっかりと定め、狙いを定めたターゲットユーザーを明確にします。続いて、心を掴むコンテンツの作り方、効果的なCTAの配置方法、そしてユーザーのアクションを促す魅力的なビジュアルデザインについて深掘りしていきます。

さらに、ランディングページの成果を正確に測定し、最適化する方法にも触れていきます。

この記事を読むことで、ランディングページを最大限に活用し、ビジネスの成果を大きく前進させ、訪問者を顧客に変える強力なツールに変わるその瞬間を、一緒に目指しましょう!

なお、ブログで集客をしたい方に向けて以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご活用ください!

ブログの集客方法を歴10年のプロが徹底解説!成功へのステップとコツはこれだ!

\お知らせです!/

本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

ランディングページを使うことで得られる効果・特徴・メリットとは

LPを使うことで得られる効果・特徴・メリットとは

ランディングページ(LP)とは、Web広告やSNS広告などのリンク先に設定される、商品やサービスの購入やお問い合わせなどのコンバージョン(お問い合わせやメルマガ登録・商品購入など、ゴールとすること)を獲得することを目的としたWebページです。

広義には、ユーザーが最初に訪れたページを指しますが、狭義には、コンバージョン獲得に特化した縦長のページを指します。

LPは、ユーザーがコンバージョンに至るまでの導線を意識して設計されており、以下のような特徴があります。

  • 1ページ完結型で、他のページへのリンクを極力排除する
  • ブログのようなヘッダーやフッターなどの余計な要素を省き、商品やサービスの魅力を端的に伝える
  • コンバージョンにつながるCTA(Call to Action)を明確にする

次にLPは、以下のようなメリットがあります。

  • コンバージョン率を高めることができる
  • 広告の費用対効果を向上させることができる
  • ターゲット層に的確に訴求することができる

このようなLPの効果を引き出すためには、その本質をしっかりと理解することが大切です。LPは、訪れたユーザーをお客様に変えるための、あなたのビジネスへの招待状のようなものです。このセクションでは、そんなLPの効果を引き上げる戦略を探っていきます。

LPの魅力を最大限に引き出すには、訪問者の目を引き、心に響くメッセージを伝え、明確な次の一歩へと導くことが重要です。これらの要素が、訪問者にとって価値のある情報を提供し、彼らを行動に駆り立てるカギとなります。

このセクションを読むことで、LPがなぜビジネスにおいて重要で成果が出やすくなるのか。そして、そのためにはどのようなことしなくてはならないのか。といった基本的なことが分かるようになります。

既にLPをもっているけど、成果が出ない。もしくは、これからLPを作るか迷っている方は、まず目を通しておいてください。

ビジネスで効果が得られるランディングページとは

ビジネスで効果が得られるLPとは

LPは、ビジネスの顔とも言える重要な要素です。なぜなら、例えばSNSやブログで発信をしただけでは、あなたの商品やサービスが具体的にどのようなものでどのような効果が見込めるのか。また、申込みや購入手順など、具体的なことが十分に伝えられず、興味関心があっても申し込みなどができないからです。

とはいえ、LPは、ただ商品やサービスを紹介するだけでなく、訪問者の注意を引き、彼らを顧客に変えるための強力なツールとして機能させなくては意味がありません。そうならないために、その効果を最大限に引き出すためのポイントを3つ解説します。

特定の商品に特化して設計をすること

まず、LPは、特定の目的に特化して設計することが何よりも大事です。なぜなら、特化させることで訪問者の注意を散漫させることなく、直接的に商品やサービスの価値を伝え、行動を促すことができるからです。

データの計測を行うこと

LPは、作って設置をすれば終わりではありません。ランディングページは測定可能であり、どの要素がうまく機能しているのか、どこを改善すべきかを明確にする必要があります。

必要な構成要素を押さえること

コンバージョン獲得に効果的なLPを作成するためには、魅力的なビジュアル、説得力のあるコピー、明確なコールトゥアクション(CTA)が不可欠です。

CTAとは、例えば「今すぐお問い合わせください」「今なら限定販売中」などのコピーなどとともに、訪問者にボタンクリックやフォーム登録、カートに入れて購入などの行動を促すセクションのことを指します。

これらの要素が組み合わさることで、訪問者は商品やサービスに興味を持ち、魅了され、購入や問い合わせといった具体的な行動をとるようになります。

LPは、コンバージョン獲得で非常に有効で強力なものです。しかし、望んだ成果を出すためにはその効果を最大限に引き出すための戦略を知り、実行してゆく必要があります。

ランディングページは最適化(LPO)を経て効果が最大化する

LPは最適化(LPO)を経て効果が最大化する

先にも触れたように、LPはただ作ればよいわけではありません。また、1度でいきなり多くの成果が出ることはまずありません。データの計測などとともに、最適化させてゆく必要があります。このランディングページ最適化を、LPO(Landing Page Optimization)といいます。

LPOを行うことで、コンバージョン率を高め、広告の費用対効果を改善することができます。

そんなLPOは、訪問者の行動を深く理解し、それに応じてページを調整することから始まります。訪問者が何を求め、どのように行動するかを読み解くことで、彼らのニーズに合わせたページを作成し、最終的には望ましいアクションへと導くことができます。

訪問者の行動を理解するためには、まずページ上での彼らの動きを追跡することが重要です。どの部分に注目しているのか、どこで離脱してしまうのかなど、具体的なデータを収集します。次に、そのデータを基に、訪問者が求める情報を的確に提供し、簡単に行動できるようにページを調整します。

LPOのコツは、この先で順に解説してゆきます。

以上が、LPの基本的なものをまとめた内容です。では、具体的にどの様に作ってゆくと良いのか、順を追って具体的に解説してゆきます。

ランディングページで効果を最大化する為、絶対に外せない設計の基本

LPで効果を最大化する為、絶対に外せない設計の基本

LPを設計するときの基本は、ただ見た目が良いだけではなく、訪問者の心を掴み、行動を促すことにあります。このセクションでは、LPの効果を引き上げるための設計の基礎をわかりやすく解説します。訪問者の興味を引き、彼らを行動に導くための、シンプルでありながら効果的なアプローチをご紹介します。

まず、ランディングページを設計する際には、何を伝えたいのか、どんな行動を促したいのかという明確な目的を持つことが大切です。そして、ターゲットとなるユーザーが何を求めているのかを理解し、それに応える内容とデザインを考えます。

魅力的なビジュアルと心を動かすメッセージを組み合わせ、訪問者の注意を引き、行動を促すことが重要です。

では、上記を満たすLPにするためには、どのような要素が必要なのでしょうか。LPを設計する上での基本的なポイントと、効果的なページを作り上げるための具体的な手順がどのようなものか順を追って解説してゆきます。

目的をはっきりさせ、ターゲットを絞り込む

目的をはっきりさせ、ターゲットを絞り込む

まず、LPの効果を最大限に引き出すためには、その目的を明確にし、ターゲットをしっかりと絞り込むことが不可欠です。そのために、まずは以下の2つを行います。

目的を明確にする

まず、LPを作成する目的をはっきりさせます。商品やサービスを購入してもらうためなのか、問い合わせを増やすためなのか、それとも情報を提供するためなのか。目的が明確であればあるほど、訪問者に伝えたいメッセージが鮮明になり、効果的なLPを設計することができます。

コンバージョンの目的には、以下のようなものがあります。

  • 商品やサービスの購入
  • 資料請求やお問い合わせ
  • メルマガ登録
  • セミナーやイベントの参加

これが複数あると、訪問ユーザーは混乱してしまいますし、何を中心にLPOを行うべきなのかが曖昧になってしまいます。ですので、1つのLPにつき、コンバージョンの目的は1つに絞りましょう。

ターゲット層を明確にする

次に、ターゲットとなるユーザーを絞り込みます。LPを訪れるであろうユーザーの年齢、性別、興味、ニーズなどを考え、それに合わせた内容とデザインを考えることが重要です。ターゲットが明確であれば、より関連性の高いコンテンツを提供し、訪問者の関心を引き、行動を促すことができます。

ターゲット層を明確にするために収集・想定する代表的な情報は以下の通りです。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 居住地
  • 興味関心
  • 悩みや課題

この他にも、

  • 何を目標や理想としているのか
  • これまでに、関連商品の購入や体験経験はあるのか
  • 試してみたけど、どこで躓き、諦めてしまったのか

など、あなたのLPで販促する商品やサービスとの接点や解決できるポイントとなるところを収集すると良いです。

以上が、ランディングページの目的とターゲットを明確にするための方法と、それを実現するためのコツです。明確な目的とターゲットを持つランディングページを作成し、その効果を最大限に引き出しましょう。

感情を動かすコンテンツ作りをする

感情を動かすコンテンツ作りをする

LPは、機械的に情報を設置するだけでは思うような効果は得られません。なぜなら、人は購買行動を起こす時に感情も同時に動いているからです。そんな心を動かすLPを作る極意は、訪問者の感情に訴えかけることです。

訪問者が何に価値を感じ、どのようなメッセージに反応するかを深く理解することが重要です。魅力的なビジュアル、説得力のあるストーリーテリング、そして彼らの問題を解決する解決策の提示が、心を動かすコンテンツの鍵となります。

訪問者の心を掴むためには、まず彼らの興味やニーズを把握することが必要です。それに基づいて、彼らが共感できるストーリーを作り上げ、彼らの問題や願望に対する解決策を提示する必要があります。

以下は、そんなユーザーの心を動かすLP作りをする上で重要な2つのポイントです。

感情を動かすストーリー構成

ストーリテリングというと、物語のようなものを想像するかも知れませんが、実際は異なり、LP内で「これは自分のことだ!」と思い、感情移入させることを指します。だからこそ、共感を覚え、期待し、コンバージョンに繋がる行動を起こしやすくなるのです。

例えば、LPで王道のPASONAの法則というものがあります。

PASONAの法則とは、日本のマーケターである神田昌典氏が提唱した、LPやセールスレターなどのコピーライティングにおいて、購買を促すためのメッセージの構成に関するフレームワークです。

PASONAの法則は、以下の5つのステップから構成されています。

  • Problem(問題):ユーザーが抱える問題や課題を明確にする
  • Agitation(扇動):問題や課題の深刻さを訴求し、行動を起こす必要性を感じさせる
  • Solution(解決策):自社の商品やサービスが問題や課題を解決するソリューションであることを提示する
  • Narrow down(絞込):自社の商品やサービスが、ユーザーにとって最適な選択肢であることを示す
  • Action(行動):ユーザーに具体的な行動を促す

PASONAの法則は、人の心理に沿った流れで構成されており、思わず買ってしまう心理を呼び起こす効果があり、筆者もよく活用していますし、実際に効果を実感しています。

具体的には、Problem(問題)のステップで、ユーザーの共感を誘い、Agitation(扇動)のステップで、問題や課題の深刻さを訴求することで、行動を起こす必要性を感じさせます。

Solution(解決策)のステップで、自社の商品やサービスが問題や課題を解決するソリューションであることを提示することで、ユーザーの興味を引き付けます。

Narrow down(絞込)のステップで、自社の商品やサービスが、ユーザーにとって最適な選択肢であることを示すことで、ユーザーの購買意欲を高めます。

Action(行動)のステップで、ユーザーに具体的な行動を促すことで、購買につなげます。

重要なことは、いかに自分の商品やサービスが優れているのかをアピールするのではなく、読み進めるごとに「自分ごと」としてユーザーが捉え、そしてそのことについて真剣に考え、ユーザーが望む未来や結果に繋がることが想像できるようにすることです。

個人的には、こうしたストーリーテリングで参考になるのがTVショッピングです。LPとは異なりますが、短い時間で視聴者を共感させ、必要性を感じ、最後に「なら、今買うか!」と注文させているので、生きた教科書です。

今後見かけた際は、ぜひこの「ストーリー」に着目をして観てください。きっと発見があるはずです。

ファーストビューは絶対に手を抜かない

また、ビジュアル要素は、メッセージを強化し、訪問者の注意を引きつけるために非常に効果的です。写真、グラフィック、ビデオなどを使用して、メッセージを視覚的に伝えることで、より深い印象を残すことができます。

よほどの戦略がない限り、基本的にLPはテキストだけにせず、視覚的な要素も入れましょう。

特に「ファーストビュー」と言って、ユーザーが最初にLPを開いた瞬間目に飛び込んでくる画像などは最も重要と言っても過言ではありません。なぜなら、ユーザーはパッと見た瞬間に「このまま時間を取って読み進めるかどうか」を判断するからです。

例えば、ファーストビューでの離脱が80%だった場合、10人にアクセスされても、その先をたった2名しか読み進めてくれません。そうすると、例えその先でどれだけ魅力的に作り込んでいても全く意味がなくなってしまうのです。

そのため、ファーストビューでは、以下の点を意識しましょう。

ターゲット層のニーズや課題を明確にする

ファーストビューで伝える情報は、ターゲット層のニーズや課題に沿ったものである必要があります。ターゲット層のニーズや課題を明確にすることで、彼らが関心を持つような情報をファーストビューに盛り込むことができます。

商品やサービスの魅力を端的に伝える

ファーストビューでは、商品やサービスの魅力を端的に伝えることが重要です。ユーザーは、ファーストビューで商品やサービスの魅力を理解し、興味を持ってもらえるかどうかを判断します。そのため、キャッチコピーやメインビジュアルなどで、商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えましょう。

CTAを明確にする

ファーストビューでは、CTAを明確にすることも重要です。CTAとは、ユーザーにアクションを促すものです。CTAが明確になっていないと、ユーザーはコンバージョンに至らずにLPを離脱してしまいます。そのため、ファーストビューにCTAをわかりやすく表示しましょう。

具体的なコツとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • キャッチコピーは、商品やサービスの魅力を端的に伝え、ユーザーの興味を引くものにする
  • メインビジュアルは、商品やサービスの魅力を視覚的に伝えるものにする
  • 商品やサービスの特徴やメリットを、わかりやすく簡潔に伝える
  • CTAは、ユーザーがアクションを起こしやすいように、わかりやすく簡潔に伝える

また、ファーストビューでは、以下の要素を盛り込むことも効果的です。

  • 数字や実績:数字や実績は、商品やサービスの信頼性や権威性を高める効果があります。
  • キャンペーンやセール情報:キャンペーンやセール情報は、ユーザーの購買意欲を高める効果があります。
  • ユーザーの共感を呼ぶようなストーリー:ユーザーの共感を呼ぶようなストーリーは、ユーザーの興味を引き付け、コンバージョンにつなげやすくなります。

ファーストビューは、LPの重要な部分であり、コンバージョン率を左右する重要な要素です。上記のコツを参考に、効果的なファーストビューを作成しましょう。

コンバージョンを高めるランディングページの要素

コンバージョンを高めるランディングページの要素

LPの効果を引き上げるには、訪問者が行動を起こすことを促す要素をしっかりと押さえることが大切です。このセクションでは、LPでコンバージョン(お問い合わせやメルマガ登録・商品購入など、ゴールとすること)を高めるためのポイントを、解説していきます。

訪問者の心をつかみ、信頼を築き、最後には具体的な行動へと導くためには、目を引くビジュアル、すっきりとしたメッセージ、そして行動を促す明確なサインが欠かせません。これらは訪問者にとって有益な情報を提供し、彼らを動かすための重要な鍵です。

LPでより多くのコンバージョンを得るための具体的なアプローチと、それを実現するための要素をしっかりと把握し、LPを最大限に活用し、ビジネスの成果を一段と押し上げましょう!

商品の理解を深め、購入意欲を刺激するビジュアルを活用する

商品の理解を深め、購入意欲を刺激するビジュアルを活用する

前のセクションでも触れましたが、LPにおいて、ビジュアルは訪問者の購入意欲を掻き立てる強力なツールです。なぜなら、魅力的な画像やグラフィックは、商品やサービスの魅力を直感的に伝え、訪問者の感情に訴えかけることができるからです。

また、一般的にLPに訪問するユーザーはページ全体を隅々まで読み込みません。「ざーっ」と流し読みされ、「おっ」と目に止まったところで初めて読む傾向が強くあります。これは、後述するヒートマップ解析を行うと一目瞭然です。

こうしたことからも、ビジュアルを活用することは、LPの効果を上げるために非常に大事なポイントとなります。

そんな購入意欲をそそるビジュアルを効果的に活用する為に以下7つのポイントを押さえておきましょう。

ビジュアルを効果的に活用する7つのポイント:

  • 高品質な画像を使用する:クリアでプロフェッショナルな画像は、商品の信頼性と魅力を高めます。まちがってもサンプル画像や、著作権を無視した画像は使わないようにしましょう。
  • 感情を引き出す:喜び、安心、興奮など、訪問者の感情に訴えかけるビジュアルを選びます。
  • 色の心理学を利用する:色は感情や行動に影響を与えるため、目的に合わせて色を選びます。似た業種や競合のLPの色使いを研究するのもありです。
  • 一貫性を保つ:ビジュアルはブランドイメージと一致している必要があります。テイストが異なるビジュアルを使わないようにしましょう。
  • 商品やサービスの魅力をわかりやすく伝える:ビジュアルは、商品やサービスの魅力を視覚的に伝えることができます。テキストだけでは伝わりにくい商品やサービスの魅力を、ビジュアルでわかりやすく伝えることで、ユーザーの理解を深めることができます。
  • ターゲット層のニーズや課題を踏まえる:ターゲット層のニーズや課題を踏まえ、興味を持つようなビジュアルを作成することで、ユーザーの興味を引き付けやすくなります。
  • ビジュアルの種類を組み合わせる:ビジュアルの種類を組み合わせることで、効果を高めることができます。例えば、メインビジュアルには写真やイラストを使う、商品やサービスの特徴やメリットを説明する部分には図やチャートを使う、CTAボタンにはアイコンを使うなど、さまざまな種類のビジュアルを組み合わせてみましょう。

ビジュアルは単にページを飾るものではなく、訪問者の決断を促す重要な役割を果たします。これら7つのポイントを押さえ、LPの効果を高めましょう!

CTAの効果的な配置と心理的アプローチのしかた

CTAの効果的な配置と心理的アプローチのしかた

LPにおけるCTA(Call to Action、行動喚起)の配置と心理的アプローチは、訪問者を具体的な行動に導くための重要な要素です。なぜならCTAは、訪問者に何をすべきかを明確に伝え、彼らの決断を促すからです。

LPに配置したものの、コンバージョンに繋がらない場合、主にこのCTAの「配置場所」と「心理的アプローチ」に問題があり、機能していないことが主だった原因です。

LPにアクセスがあるものの、コンバージョンがない場合は以下のポイントをチェックし、押さえるようにしてみてください!

効果的なCTA配置のポイント:

  • 目立つ位置に配置する:訪問者の注意が自然と向かう場所、例えばページの中央や上部にCTAを配置します。
  • シンプルで明確なメッセージ:CTAは簡潔で明確な言葉を使い、訪問者が何をすべきかをはっきりさせます。
  • 色とデザインを工夫する:CTAボタンは、ページの他の要素とは異なる色やデザインを用いて目立たせます。
  • 繰り返し配置する:ページの異なるセクションにCTAを複数配置し、訪問者がいつでも行動できるようにします。
  • ユーザーがクリックしやすいようにする:CTAは、ユーザーがクリックしやすいように、大きくてわかりやすいものにしましょう。また、CTAのテキストも、わかりやすく簡潔なものにしましょう。

CTAがクリックされやすい配置場所:

具体的な配置としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ファーストビュー:ファーストビューは、ユーザーが最初に目にする部分です。ファーストビューにCTAを配置することで、ユーザーの興味を引き付け、コンバージョンにつなげやすくなります。
  • メインビジュアル:メインビジュアルは、LPの最初の画面に表示されるため、特に重要です。メインビジュアルにCTAを配置することで、ユーザーの視線をCTAに集め、クリック率を高めることができます。
  • コンテンツの末尾:コンテンツの末尾は、ユーザーが商品やサービスの魅力を理解し、アクションを起こしたいと思ったタイミングです。コンテンツの末尾にCTAを配置することで、コンバージョン率を高めることができます。
  • ユーザーの行動を促す場所:CTAは、ユーザーが行動を起こしたいと思ったタイミングで配置することで、コンバージョン率を高めることができます。例えば、商品やサービスの魅力を説明した後にCTAを配置することで、ユーザーの購買意欲が高まったタイミングでアクションを促すことができます。

ランディングページにおけるCTA配置は、コンバージョン率を左右する重要な要素です。上記のポイントを参考に、効果的なCTA配置を検討しましょう。

心理的アプローチのポイント:

  • 緊急性を演出する:「今すぐ行動」「期間限定」などの言葉を使い、訪問者に行動を促す緊急感を与えます。
  • 信頼性を高める:訪問者が安心して行動できるよう、「満足できなかったら返金保証」などの保証や、顧客の声などをCTA近くに配置します。
  • お得感・特別感を出す:例えば「このページを見ている人限定」など、「今このページを見ていることはラッキーだ」と思ってもらうことも挙げられます。ただし、実態と異なることは明記しないようにしましょう。

これらのCTAの効果的な配置と心理的アプローチを理解し、実践することで、LPのコンバージョン率を大幅に向上させることができます。

ランディングページの効果・成果を測り最適化するLPO

ランディングページの効果・成果を測り最適化するLPO

LPがうまく機能しているかどうかを知るには、その成果を正確に測定することが欠かせません。そのためにはデータを測定した後にランディングページ最適化(LPO)を実施する必要があります。

このセクションでは、LPの効果を測るための手法と、それを最適化させるLPOについてそれぞれ解説します。

LPのアクセスを数値化することで、どの部分がうまくいっているのか、改善が必要なのかが明確になります。

成果を測るためには、訪問者の行動を示すデータを集め、分析することが大切です。どれだけの人がページを訪れたのか、どのくらいの人が望ましい行動をとったのかなど、具体的な数字を把握することで、ランディングページの効果を正確に理解できます。

LPの成果を測るための基本的な方法と、それをどのようにビジネスの改善につなげるかを知り、より効果の高いLPを目指しましょう!

コンバージョン率を上げるためのデータ収集ツール

ランディングページのコンバージョン率を上げるためには、訪問者の行動に関するデータを収集し、それを分析して改善策を見つけることが重要です。

様々なツールがありますが、最低限度必要な、おすすめツールは以下のとおりです。

GA4(アクセス解析)

アナリティクス

GA4は、Webサイトのアクセス解析を行うためのツールです。GA4を活用することで、以下のデータを収集・分析することができます。

  • 訪問者数
  • ページビュー数
  • セッション時間
  • 離脱率
  • コンバージョン率

LPのアクセス元がどこかなのかにもよりますが、例えばブログ内に設置している場合は、どのページからアクセスされているのか。ということを把握することも重要です。

また、A/Bテストを実施する場合は、「何を行った結果どうなったのか」ということが具体的に分かるようにし、より効果が高かった方を採用するようにしましょう。

ヒートマップ

Microsoft Clarity

ヒートマップとは、Webサイトに訪れたユーザーのページ内行動を可視化するツールです。ヒートマップツールは、ユーザーのページ内行動を記録し、そのデータを色の濃淡で表現します。

ヒートマップは、以下の3つの種類に分けることができます。

  • クリックマップ:ユーザーがページ内のどの部分をクリックしたかを可視化するものです。ユーザーの関心度や注目度を把握するのに役立ちます。
  • スクロールマップ:ユーザーがページをどの程度スクロールしたかを可視化するものです。ユーザーがページのどの部分まで到達したかを把握するのに役立ちます。
  • 滞在時間マップ:ユーザーがページ内のどの部分にどの程度長く滞在したかを可視化するものです。ユーザーの関心度や理解度を把握するのに役立ちます。

ヒートマップは、Webサイトの改善やマーケティング施策の検討に役立つツールです。例えば、以下の目的でヒートマップを利用することができます。

  • ページの改善:ヒートマップを活用することで、ユーザーの関心度や注目度が低い部分を把握することができます。その部分を改善することで、コンバージョン率の向上につなげることができます。
  • マーケティング施策の検討:ヒートマップを活用することで、ユーザーの行動を把握することができます。その行動を分析することで、より効果的なマーケティング施策を検討することができます。

ヒートマップは、さまざまなWebサイトやマーケティング施策に活用できる便利なツールです。

無料のサービスだと、Microsoftの『Clarity』がおすすめです。

Microsoft Clarity

これらのデータを活用することで、ランディングページのどの部分がうまく機能しているのか、どこを改善すべきかを明確にし、コンバージョン率を向上させるための具体的な策を立てることができます。

ランディングページ最適化(LPO)5つのポイント

ランディングページ最適化(LPO)5つのポイント

データをきちんと取ったら、必ず解析を行い、そのデータを元にランディングページ最適化(LPO)を実施しましょう。最も初歩的なLPOとして、上記データを参照し、以下4つのポイントに着目して改善を行います。

ファーストビューでの離脱率を下げる:

成果が思うように得られないLPに共通するのがファーストビューです。折角アクセスがあっても、ユーザーがスクロールすることなく離脱しては何も起こりません。メインビジュアルとヘッドコピーに加え、ファーストビューでCTAが収まっているのかといったことをまずは確認と改善を行いましょう。

スクロール率を上げる:

基本的にLPは構成としてスクロール(読み進める)に連れて核心に迫り、そしてそれに合わせてユーザーの心が動くように作ります。そのため、ファーストビュー以降も極端に離脱されているポイントが無いかのチェックをし、あった場合はそこを削除したり修正を行いましょう。

CTAへの誘導率を上げる:

LPのゴールである、コンバージョンに繋げるためにCTAが重要なことを述べましたが、きちんとそこまでユーザーが到達しているのかを確認します。基本的にCTAは複数箇所に設置するので、それぞれどのくらいの率で到達しているのかということを確認し、前後のコンテンツを見直しを行いましょう。

クリック率を上げる:

CTAで必ずクリックが伴う行動を促すはずです。ですので、ボタンクリックやフォーム送信がされているのかを確認します。されていな場合は、分かりにくかったり、CTAのコピーが弱い可能性が高いので、これらの見直しを行いましょう。

フォーム最適化(EFO)を行う:

フォーム最適化(EFO)とは、入力フォームを使いやすく改善することで、ユーザーの離脱を防ぎ、入力完了率を高めるための施策です。EFOは「Entry Form Optimization」の略です。

入力フォームは、Webサイトやアプリにおいて、問い合わせや資料請求、会員登録などの際に、ユーザーから情報を収集するために使用されます。しかし、入力フォームの使いにくさが原因で、ユーザーが途中で離脱してしまうケースは少なくありません。

EFOでは、以下のポイントを押さえることで、入力フォームの使いやすさを向上させることができます。

入力項目を最適化する:入力項目が多すぎると、ユーザーは入力に手間がかかり、途中で離脱してしまう可能性があります。そのため、入力項目は必要なものだけを残すようにしましょう。

入力フォームのデザインを改善する:入力フォームのデザインがわかりにくかったり、見づらかったりすると、ユーザーは入力に戸惑い、途中で離脱してしまう可能性があります。そのため、入力フォームのデザインはわかりやすく、見やすいものにしましょう。

入力エラーを減らす:入力エラーが発生すると、ユーザーは入力し直す必要があり、離脱の原因となります。そのため、入力エラーを減らすための対策を講じましょう。例えば、入力項目のルールを明確にしたり、入力エラーを検知して自動で修正したりするなどの対策があります。

LPは作るのも大変ですが、この様にLPOを行うことで初動では芳しくない成果であっても、徐々に高めてゆくことができます。一見複雑に感じるかも知れませんが、1つずつ丁寧に分析し、LPに反映させるようにしましょう。

1点注意点として、LPOを行う際は必ず「いつ」「何を行ったのか」ということが具体的に分かるようにLPO前のデータと合わせて残しておきましょう。そうすることで、「何を行ったことが功を奏したのか」ということが具体的に分かり、次のLPOでやることがより絞り込みやすくなります。

ランディングページの効果についてよくある質問と回答

Q1: ランディングページとホームページの違いは何ですか?

ランディングページは特定のキャンペーンや目的に特化したページで、訪問者を特定の行動(購入、登録など)に導くことに特化しています。

一方、ホームページはウェブサイトの入り口として機能し、会社や組織の全体像を紹介し、さまざまなページへのリンクを提供します。

ランディングページは集中的なメッセージと単一の行動喚起を提供するのに対し、ホームページはより広範な情報を提供し、多くの選択肢を提供します。

Q2: LPの効果をどのように測定するのですか?

ランディングページの効果を測定するには、主にコンバージョン率を追跡します。これは、ページ訪問者のうち、目的の行動(購入、サインアップなど)を完了した割合です。

他にも、ページの滞在時間、バウンス率、クリックスルー率などの指標を分析することで、ページのパフォーマンスを詳細に理解することができます。これらのデータは、GA4やヒートマップなどのツールを使用して収集・分析することが一般的です。

Q3: LPを使った集客の効果とはどのようなものですか?

ランディングページを使った集客は、ターゲットとする顧客に直接アプローチし、特定の行動を促すことに特化しています。これにより、一般的な広告やプロモーションよりも高いコンバージョン率を達成することが可能です。

ランディングページは、特定の製品やサービス、イベント、プロモーションに関する情報を集中的に提供し、訪問者が迷うことなく望む行動を取りやすくします。

また、ランディングページはキャンペーンごとにカスタマイズできるため、異なるターゲットオーディエンスやマーケティング戦略に合わせて効果的に使用することができます。

Q4: 効果的なLPとはどのようなものですか?

効果的なランディングページは、明確な目的を持ち、訪問者を特定の行動に導くよう設計されています。以下は、効果的なランディングページの特徴です:

  • 明確なコールトゥアクション(CTA):訪問者が取るべき行動が明確で、目立つ位置に配置されています。
  • 関連性の高いコンテンツ:訪問者が求める情報を提供し、製品やサービスのメリットを明確に伝えます。
  • 説得力のあるビジュアル:魅力的な画像やビデオを使用して、メッセージを強化し、訪問者の関心を引きます。
  • 最適化されたフォーム:必要な情報のみを求めることで、訪問者がフォームを完了しやすくなっています。
  • モバイルフレンドリー:多くのユーザーがモバイルデバイスを使用するため、モバイルでの閲覧に最適化されています。
  • テストと改善(LPO):A/Bテストなどを通じて継続的に改善され、より高いコンバージョン率を目指します。

Q5: LPの参考になるサイトを教えてください

以下が参考サイトです。

※クリックすると、別タブで該当サイトが開きます。

まとめ

この記事では、LPの効果を高める戦略と成果を出すコツに焦点を当て、LPがビジネスに与える影響を最大化するための具体的な方法を探求しました。LPは、訪問者を顧客に変えるための強力なツールであり、その効果を高めることでビジネスの成果を大きく前進させることができます。

以下は、記事を通じて紹介した主要なポイントです:

  • ランディングページの目的とターゲットを明確にすることが、効果的なページを設計する第一歩です。
  • 訪問者の心を動かすコンテンツと魅力的なビジュアルを用いて、購入意欲をそそります。
  • 効果的なCTAの配置と心理的アプローチを通じて、訪問者を具体的な行動に導きます。
  • ランディングページの成果を測定し、ユーザーフィードバックを活かして継続的に改善・最適化(LPO)します。

以上のLPの効果を高めるための戦略とコツを理解し、実践することで、訪問者を顧客に変える確率を高めることができます。

一朝一夕でできるものではありませんが、運用してゆくうちに「こういうことか!」と理解できることも増えてくるはずです。参考にしていただけたら嬉しいです。

お知らせです!

最後に、本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

\効果実証済み!/
検証結果も公開しています。

AIを使ってWeb集客を楽にしませんか?!