Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

WordPressブログの目次の作り方とメリットや読みやすさアップのコツを解説します!

ブログがますます重要な情報発信ツールとなる今、読者の満足度を高めるためにも、記事の構造を明確にし、わかりやすく伝えることが求められています。そんな時、目次の存在は欠かせません。この記事では、WordPressでの目次作成方法や、目次を導入することで得られるメリットについて、分かりやすく解説します。

この記事をじっくり読むことで、目次の作成方法はもちろん、それがどのようにブログの読みやすさやSEO効果に寄与するのか、具体的な事例やデータをもとに理解できるようになります。さらに、手動での作成と自動生成の違いやメリット・デメリットも比較でき、あなたのブログにぴったり合った目次作成方法を見つけ出すことができるでしょう。

それでは、あなたのブログがより魅力的なものになるための第一歩として、目次作成のプロセスを学んでいきましょう。読者の満足度を向上させ、検索エンジンからも評価されるブログに近づけるために、この記事を参考に目次作成に挑戦してみてください。

なお、ブログで集客をしたい方に向けて以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご活用ください!

ブログの集客方法を歴10年のプロが徹底解説!成功へのステップとコツはこれだ!

\お知らせです!/

本ブログでは「AIを活用したブログ集客」やWebマーケティングの情報をお届けする無料メールマガジンを発行しています。

ここでしか貰えない特典もありますので、ぜひご登録ください!

WordPressブログに目次導入するメリットと効果について

目次をブログ記事に導入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?このセクションでは、WordPressを使ったブログで目次を設置することで得られるメリットを具体的に解説します。目次導入により、記事の構造が明確になり、読者にとっても非常にわかりやすくなることが期待できます。さらに、SEO効果の向上や、読者の滞在時間が長くなることで、より多くの人にあなたの記事が届くチャンスが広がります。

このパートを読むことで、あなたは目次導入によるブログの効果を具体的に理解し、その重要性を認識できるでしょう。また、実際に目次を設置する際にどのような点に注意すべきか、効果的な目次作成のポイントも押さえることができます。では、目次導入でブログ効果を倍増させるメリットについて、一緒に見ていきましょう。

ブログの読みやすさ向上:目次がもたらす効果

まず、ブログ記事に目次を導入することで、記事全体の構成が分かりやすくなるためため、記事の読みやすさを向上させることが出来ます。なぜなら目次は記事の構造を明確にし、読者が目的の情報を素早く簡単に見つけることができるようになるからです。

さらに、クリックできる目次にすることで、読者は記事全体をスクロールすることなく、必要なセクションにジャンプすることができます。これにより、読者は「ここを知りたい!」と思った情報を素早く得ることができるため、満足度を高めることも出来ます。

読みやすくなり、満足度が高まると、記事を精読してもらいやすくなります。そうすると、ブログの目的である他の記事にもアクセスをしたり、商品購入やメルマガ登録、お問い合わせ送信といった行動を越してもらいやすくなるのです。

SEO効果:目次が検索エンジン最適化に与える影響

次に、ブログに目次を設けることで、読みやすさを向上させるだけでなく、SEO効果も向上させることもできます。SEOとは、Googleなど検索エンジンで特定の検索キーワードにおいて上位表示されることを指します。そのため、継続したアクセスをブログに集めるためにはSEOは外すことが出来ません。

読者が目次のリンクをクリックすると、読みたいセクションに誘導されます。そのため、より長い時間をかけて読んでくれる可能性が高くなり、あなたのウェブサイトから離脱する可能性も低くなります。その結果、検索エンジンは「この記事は、ユーザーがクリックしたり、じっくり読むので良い情報が掲載されている」と判断されやすくなります。

さらに、ブログ記事に目次を追加することで、Googleなどの検索エンジンがあなたのページが何について書かれているのかをよりよく理解できるようになります。目次は、彼らがあなたの記事の構造をマッピングして認識するのに役立ちます。これにより、検索エンジンは、検索エンジンの結果ページでコンテンツをインデックスし、ランキングする際に、他のブログ記事よりも優先的に表示するようになります。

【注意】目次を導入することで検索順位が必ず上がるわけではありません。SEOは複合的な評価をするため、目次はあくまでその指標の一つです。

簡単・効果的!WordPressでの目次作成手順

では、目次をブログに導入するにはどうすればよいのか。このセクションでは、WordPressで手軽に目次を作成し、記事の読みやすさを向上させる手順を分かりやすく解説します。ここで紹介する方法を使えば、あなたのブログがより魅力的なものになり、読者の満足度を高めることができるでしょう。

手動での目次作成方法

WordPressで目次を手動で作成したい場合、以下の手順で行います。ただし、WordPressの場合はプラグインで簡単で確実に目次を作ることができるため、簡単な流れのみを解説します。

  1.  記事編集画面で、目次を挿入したい場所にカーソルを合わせます。
  2. 「見出し」ボタンをクリックして、目次にしたい見出しのレベル(H2、H3など)を選択します。
  3. 各見出しにIDを設定します。IDは、その見出しの内容を表すような名前にしてください。
  4. 目次のリストを作成します。手動で作成する場合は、HTMLタグを使ってリストを作成します。
  5. 各リスト項目にリンクを設定します。リンク先は、各見出しのIDになります。

以上が手動で目次を作成する方法です。手順が多く手間がかかるため、次に解説をするプラグインを使う方法が最もおすすめで一般的です。

プラグインを使った目次作成方法

WordPressの場合、プラグインを使うことで上述した専門的な知識がなくても簡単かつ確実に目次を作ることが出来ます。プラグインを使う場合、大まかに以下の流れで行います。

  1. 目次用のプラグインをインストールと有効化を行う。
  2. 目次プラグインの設定を行う。
  3. ブログ記事の中に見出しタグ(H2〜H6)を設定する。
  4. 記事を公開する(自動で見出しが記事内に表示されます)。

代表的なものとして「Table of Contents Plus」や「Tiny Table of Contents」などの人気プラグインが広く使われており、目次を自動生成するのに役立ちます。プラグインをインストールして有効化するだけで、目次が自動生成されます。

自動生成された目次を使用すると、手動で作成された目次よりも使いやすい、設定が簡単、更新が簡単などの利点があります。また、自動生成された目次は、より正確で、より良いパフォーマンスを保証します。

目次の階層構造:適切な見出しの選択

WordPressでブログの目次を作成する場合、明確で論理的な階層構造を持つことが重要です。つまり、各見出しはそのセクション内のコンテンツを正確に反映し、1つの見出しが次の見出しにつながるような論理的な構造であるべきです。

例えば、「雨の日のアクティビティ」をメインテーマとした場合、「映画を見る」「本を読む」「ゲームをする」などの見出しをつけ、最終的に「雨の日に見るべき映画の種類」や「雨の日に遊ぶべきボードゲーム」などのサブセクションに誘導することができます。

明確な階層構造を持つことで、読者は目次を簡単に移動でき、探している情報を見つけ、記事の論理に従うことができます。また、検索エンジンがコンテンツを理解しやすくなり、上位表示されやすくなる可能性もあります。

目次は見出しをリスト化したものになるため、見出し設定が重要です。詳しくは以下の記事で解説をしていますので、併せてお読みください。

ブログの見出しの作り方と書き方・使い方のコツ・注意点と例文集

WordPressの目次作成に最適なおすすめプラグイン紹介!

このセクションでは、WordPressおすすめの目次作成プラグインを紹介し、それぞれの特徴や使い方を解説します。適切なプラグインを利用することで、目次の作成がさらに簡単かつ効果的になり、あなたのブログが一段と魅力的になることでしょう。

また、プラグインの選び方や、どのように活用すれば最大限の効果を発揮できるかについても学べます。これにより、あなたのブログがより魅力的で読みやすくなり、読者にとって価値ある情報を提供できるようになります。それでは、おすすめプラグインをチェックし、WordPressで目次作成をより効果的に行いましょう!

Table of Contents Plus:使いやすさと多機能性

Table of Contents Plusは、WordPressユーザーの間で高い評価を得ている、信頼性の高いプラグインです。カスタマイズ可能なスタイルとフォーマット、HTMLタグの限定的なサポートを備えた目次を作成するためのシンプルかつ強力な方法を提供します。また、長い投稿やページを移動するのに便利なジャンプリンクを追加することができます。

さらに、このプラグインは、目次を投稿やページのどこにでも表示するように設定できるため、汎用性が高いです。また、目次からページを除外したり、目次にカスタムタイトルを設定することも可能です。

全体として、Table of Contents Plusは、WordPressで目次を作成するための多機能で使いやすいプラグインをお探しの方に強くお勧めします。

Easy Table of Contents:シンプルで直感的な操作

Easy Table of Contentsは、WordPressの目次を作成するための使いやすく直感的なツールとして機能する、無料かつ軽量のプラグインです。このプラグインは柔軟な設計になっており、ユーザーは目次の外観、位置、動作を調整することができます。

このプラグインはHTMLタグもサポートしており、ページや投稿のコンテンツにジャンプリンクを追加して、ユーザーが長いコンテンツを簡単にナビゲートできるようにします。Easy Table of Contentsは、ユーザーが目次のフォントサイズと色を変更することもできます。

全体として、Easy Table of Contentsは、WordPressでブログ記事の目次を作成するためのシンプルで確実な方法です。

プラグイン選択時のポイント:何を重視すべきか

以上2つのプラグインが代表的ですが、選ぶポイントとして「使用しているテーマや他のプラグインと競合しないかどうか」をチェックすることです。例えば、テーマによっては目次が自動で作られる機能が備わっているものがあるため、その場合はプラグインは不要となります。

また、プラグイン同士やテーマとの相性があり、悪いとエラーが起こったり表示が崩れてしまう場合があります。そのため、プラグインを使う前にかならず使用中のテーマのホームページなどで使ってはいけないプラグインがないかどうかなどのチェックをしておきましょう。

さらに、プラグインがお使いのWordPressのバージョンと互換性があり、定期的に更新されていることを確認する必要があります。さらに、プラグインのドキュメントを読んで、その使い方を確認し、機能を最大限に活用することが重要です。

目次デザイン・レイアウトカスタマイズの秘訣

このセクションでは、目次のデザインやレイアウトをカスタマイズする秘訣を紹介し、ブログの個性を引き立てる方法を解説します。適切なデザインやレイアウトを選択することで、あなたのブログがよりプロフェッショナルで洗練された印象を与えることができます。

このパートを読むことで、あなたは目次のデザインやレイアウトをカスタマイズする方法やポイントを学び、ブログ全体のデザインとの調和を図ることができます。また、カスタマイズの具体的な手順や、どのようなデザインが読者にとって魅力的かについても理解できるでしょう。

カスタマイズの基本:目次のスタイル設定

見栄えの良い目次を作るための最初のステップは、目次をスタイリングすることです。目次をスタイリングすることで、ブログの全体的なデザインの一部となるような、適切なデザインと配色を作成することができます。目次は読みやすく、適切な大きさで、適切なフォントを使用し、視覚的に魅力的であることを確認する必要があります。

WordPressの場合、プラグインを使えば簡単に目次作成ができますが、デザインも同じくプラグインの設定画面で行うことが出来ます。様々な設定ができますが、一番のコツは、ブログのテーマと色やフォントを合わせることです。

統一感があることが一番簡単でなおかつデザインの基礎です。なお、このブログの場合、見出し2(H2)と同じ色味に統一させています。

レスポンシブデザインの適用:モバイル対応の重要性

レスポンシブ・ウェブ・デザイン(RWD)は、アダプティブ・ウェブ・デザインとも呼ばれ、ブログの開発プロセスにおいて不可欠な要素です。これにより、さまざまなデバイスや画面サイズに合わせて最適化されたバージョンのブログと目次を作成することができます。RWDは、使用するデバイスに応じてブレークポイントを認識することで機能します。様々なデバイスに対応するアプローチであり、コンテンツが閲覧されるデバイスへの自動適応を可能にします。

RWDを活用することで、目次やブログのコンテンツが様々なデバイスで適切に動作するようにすることができます。使用するデバイスに応じて、異なるパラメータに収まるように目次をデザインすることを検討する必要があります。メディアクエリやGoogleのモバイルフレンドリーテストなどのスクリプトを使用して、ブログのモバイルフレンドリー度を評価し、必要な変更を行うことができます。

目次の位置調整:最適な表示エリアの選択

目次の配置は、作成したブログの種類によって調整する必要があります。コンテンツとビジュアルのバランスを取ることが大切です。もしあなたのブログが主にビジュアルコンテンツで構成されているのであれば、目次をページの一番上に配置することを検討すべきです。

また、目次の見え方がユーザーエクスペリエンスにどのように影響するかも考慮する必要があります。目次の配置は重要であり、最も適した場所を選ぶことが不可欠であることを念頭に置いておく必要があります。理想的には、ブログ記事の冒頭に目次を配置することです。これは、読者が目次を期待しやすい場所だからです。

まとめ

以上がWordPressブログの目次の作り方と、そのメリットや読みやすさアップのコツについてでした。

目次を導入することで、ブログの読みやすさが向上し、SEO効果も期待できます。目次を作成する方法には、手動で作る方法と自動生成する方法がありますが、WordPressの場合はプラグインで簡単かつ確実に設定できるので、活用をおすすめします。

またプラグイン選びのポイントを押さえて、最適なものを見つけましょう。

最後に、目次のデザインやレイアウトのカスタマイズですが、「統一感をもたせること」「レスポンシブデザインの適用」、「目次の位置調整」の3つを意識して設定してみてください。

これらのポイントを押さえて、WordPressブログの目次を作成し、読みやすさを向上させましょう。記事をじっくり読んで、目次作成の方法やコツを学んでくださいね。

\併せてCheck/

Web集客をしたいけど、LPが思うように作れない・・・・。そんな方のため、ブログ・メルマガの専門家として8年活動している筆者が1年間かけて作り上げた「LP生成プロンプト」をメルマガ登録者限定で無料プレゼントします!

用意するのは、無料でも使えるChatGPTとプレゼントするプロンプトだけ!

穴埋め式プロンプトをステップに沿って入力するだけでAI(ChatGPT)が自動で魅力的なLP案を簡単に作成してくれます。

Webの知識に自信がなくても大丈夫です!無料なので、今すぐお試しください!

ブログを使った集客・販売をしたい方のためのオンラインスクールを運営中です!この道10年のプロの個別サポート付きなので、成果が出るとご好評いただいています!

一緒にWeb集客の仕組みを構築しませんか?!